法政大学ってどんな大学?


<建学の精神と成り立ち>

「自由と進歩」
1880年に発足した日本最古の私立法学校「東京法学社」がルーツ。建学の精神からも多様性を認め合うことを育んでおり、GMARCH最多の15部を設置している。その中でも注目を集めるのは国際系の2学部。

<キャンパス>

  • ~市ヶ谷キャンパス(偏差値範囲60~65)

    法学部
    文学部
    人間環境学部
    国際文化学部
    経営学部
    グローバル教養学部
    キャリアデザイン学部
  • ~多摩キャンパス~(偏差値範囲58)

    経済学部
    社会学部
    現代福祉学部
    スポーツ健康学部

学部ごとの特徴と入試対策は?

法政大学法学部は既存の法律学科と政治学科に国際政治学科を新たに加え、高度の語学力を基礎として地球規模の課題に取り組む人材の育成にも取り組んでいます。 それぞれに適した段階的学習と自由な科目選択を主軸とするカリキュラム編成が特徴的です。実際 ILAC科目と呼ばれる、基礎となる基盤科目から、応用・発展的なリベラルアーツ科目、専門性の高い総合科目など、段階に応じて多様な学修が可能となります。こうした科目提供、カリキュラム設計によってさまざまなカリキュラムを用意して,広く国内外に貢献するリーガルマインドや政治的交渉能力のある人材の育成を積極的に行っています。
法政大学法学部の卒業後の進路先の特徴としては、学部の特色通り法学部で学んだ知識をバックボーンに法曹界で活躍するだけでなく、その知識を活かして民間企業で活躍する学生も数多くいます。官公庁や公務関連を紹介すると、法務省,財務省,厚生労働省,防衛省,最高裁判所など大手主要機関への実績が多く、民間企業の実績で代表的な大手企業の実績を紹介すると、【製造業】だとミツカン,アステラス製薬,エーザイ,YKK,パナソニック,日産自動車,本田技研工業,アシックス,大日本印刷,バンダイ,【商社】だと大手総合商社の住友商事、【金融・保険】関連だと、日本銀行,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,東京海上日動火災保険,三井住友海上火災保険,日本生命保険が挙げられます。また、業界問わず一流大手企業への実績で言うとANA,JAL,読売新聞,NHK等があります。

法学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

法政大学文学部は、「人間」と「文化」の本質をさまざまな角度から探究しています。また、各学科では、専門分野を深く学べるカリキュラムを展開するとともに、学科横断の科目も幅広く設定されています。次に特徴的なのが、卒業論文に関してです。徹底したマンツーマン指導があり、研究テーマを定めるところから、先生とマンツーマンの指導が始まります。 マンツーマンの指導は卒業論文を書き上げるまでの1年間を通して行われます。これは他の大学ではあまり多く見られない体制だと思います。
また論文とゼミナールを必修科目として置いているのも特徴的です。学部や学科、大学によってはゼミ自体任意だったりもするので、卒業まで丁寧に指導してくれる環境が整っていると言えます。
法政大学文学部の卒業後の進路先の特徴としては、業界・業種別でみると【情報・通信サービス】が一番多く、次いで【卸・小売】、そして【金融・保険】で【製造】になります。
また、民間以外で最も多いのは教員で次いで、官公庁など公務員関連が多くなっています。各業界・業種の具体的な就職先の企業や機関をピックアップして一部を紹介すると積水ハウス,キリン,ワコール,コーセー,NEC,富士通,大日本印刷,凸版印刷,三越伊勢丹,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,SMBC日興証券,あいおいニッセイ同和損害保険,三井住友海上火災保険,住友生命保険,第一生命保険,京成電鉄,JR九州,JR東日本,ANA,KDDI,ソフトバンク,講談社,ベネッセコーポレーション,NHK,オリエンタルランド,クラブツーリズム,JTBグループ,楽天,内閣府,防衛省など一流大手企業や重要機関への実績が挙げられます。

文学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語(哲・史・日本文学科)の入試対策を見る

» 国語(英文・地理・心理学科)の入試対策を見る

法政大学人間環境学部では、環境問題はもちろんのこと、途上国の問題、平和の問題、貧困と福祉の問題、人権問題、都市問題、過疎地域の問題、巨大災害、科学・科学技術と社会の関係など、「持続可能な社会」に係わる多様な問題に向き合える科目の提供を行っています。多角的視野の獲得の為の講義科目と、より実践的な感覚を養う五感で感じるフィールドワークも充実しています。特徴的なのは2年生から始まる「コース制」です。5つのコースの中から自身の探求したいコースを選び、より実践的で実用的な力が身につくフィールドワークに繋げていきます。コースに定員も選抜試験もなく、学生のやりたい事を提供する環境が整っています。
法政大学人間環境学部の卒業後の進路先の特徴としては、業界・業種別にみると【金融・保険】関連が最も多く、次いで【製造(メーカー)】、更に【通信・情報】と続きます。
具体的な就職先を個別で紹介すると、【製造業】だとカゴメ,キッコーマン,山崎製パン,ライオン,大塚製薬,国際石油開発帝石,京セラ,シャープ,日立製作所,富士通,日立造船,富士ゼロックス,大日本印刷,【金融・保険】関連だとみずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三井住友信託銀行,三菱UFJ銀行,りそなホールディングス,SMBC日興証券,大和証券,損害保険ジャパン日本興亜,住友生命保険,【運輸・サービス関連】だと東急不動産,JR東海,ANAエアポートサービス,【通信】だとKDDI,【メディア関連】だと読売新聞,NHK,【官公庁・公務関連】だと国土交通省,財務省など一流大手企業や大手機関への実績が挙げられます。

人間環境学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

法政大学国際文化学部は「情報文化コース」「表象文化コース」「言語文化コース」「国際社会コース」という4コース制を導入し、バランスのとれた国際社会人を育成します。 また、全員参加の海外留学-SAプログラムを義務付けています。英語圏のみならず、独・仏・露・中・西・韓という諸言語圏への留学を選択できるのも本学部の特色です。
また、留学の種類や留学先も豊富でSAプログラムも長期・短期・夏季など多岐に渡ります。SA以外の留学として海外留学プログラムには、派遣留学制度と認定海外留学制度があります。これら二つの場合は留学先の大学で取得した単位が、そのまま卒業単位にも換算されるなど、ロスなく海外での実践経験が詰めるのも魅力の一つです。
法政大学国際文化学部の卒業後の進路先の特徴としては、上述した留学プログラムなどの支援制度により、バランスのとれた国際社会人の育成に力を入れている為、学生の進学先も民間企業の中でも、グローバルに活躍する企業への就職実績が目立ちます。そのうちの代表的な大手企業を紹介すると、LIXIL,キリンビバレッジ,旭化成,カネボウ化粧品,YKK,三菱電機,トヨタ自動車,オリンパス,双日,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,損害保険ジャパン日本興亜,三井住友海上火災保険,第一生命保険,日本生命保険,JR東日本,ANA,ANAエアポートサービス,JAL,JALスカイ,NTTコミュニケーションズ,NTT東日本,ソフトバンク,NHK,外資系コンサルティングのアクセンチュア,エイチ・アイ・エス,オリエンタルランド,国土交通省,法務省など一流大手企業や重要機関への実績が豊富です。

国際文化学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

法政大学経営学部は時代のニーズに応えるべく3つの学科を配置し、時代に即応できる教育を行っています。経営学科では、様々な環境で即戦力とし活躍できる適応能力と組織運営能力を、経営戦略学科ではグローバルな視点からビジネスの創業と再開発をリードする戦略的発想を、そして市場経営学科では、経済成長を支える様々な分野での顧客を研究・開発し、営業・組織の仕組みを構想・運営できるスペシャリストとしての能力を養成しています。ただし、3学科間の垣根は低く、3学科の科目を横断的に履修することも可能です。また、近年の情勢もかんがみてキャリアプランの作成に資するよう、留学プログラム(SA)、検定会計、キャリア・マネジメントインターンシップなど、各種のプログラムを一層充実させているのも特徴です。
法政大学経営学部の卒業後の進路先の特徴としては、業界・業種別にみると【金融・保険】関連が一番多く、学部全体の23.7%。次いで【製造】(メーカー)が14.9%で【通信・情報サービス】が次に来ます。主要大手企業への就職実績を一部紹介すると、ロッテ,武田薬品工業,シャープ,日立製作所,住友商事,日本銀行,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,SMBC日興証券,大和証券,損害保険ジャパン日本興亜,三井住友海上火災保険,JR東日本,ANA,NTT東日本,JAL,ソフトバンク,読売新聞,ベネッセコーポレーション,NHK,電通,博報堂,東京ガス,アクセンチュア,JTBグループ,楽天,有限責任監査法人トーマツ,また、民間企業の一流大手企業への実績に留まらず、官公庁や公務関連の厚生労働省,総務省,特許庁,東京国税局など主要大手機関への実績も豊富です。

経営学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語(経営学科)の入試対策を見る

» 国語(経営戦略・市場経営学科)の入試対策を見る

法政大学GIS(グローバル教養学部)のモットーは「徹底した少人数教育 授業はすべて英語 世界を多面的に探究する」です。授業はすべて(社会学も、歴史も、ITの授業も!)英語で行います。講義も、ディスカッションも、プレゼンテーションも、試験もレポートもすべて英語です。日本にいながら、どっぷり英語環境に浸ることで、世界基準の実践的な英語力を身につけます。また、GISの特徴として挙げられるのが徹底した少人数教育です。1学年100名に対し、14名の専任教員と30名以上の兼担・兼任教員がいるため、ほとんどの授業の受講者は、数名から20名程度です。これにより教員と密なコミュニケーションが取れ、アットホームな雰囲気の中で学習が進められます。
また、更に実践的な英語の経験を積むための独自の留学制度もあり、奨学金が支給されて行う留学制度や、ワーキングステイなども特徴の一つです。グローバル教育センター主催の全学的な国際インターンシップ・国際ボランティアへの単位付与を行っています。国際インターンシップでは海外の企業やNPOなどでの就業体験を通じて、グローバルな環境における働き方や文化を、国際ボランティアでは、日本国内外において背景の異なる人々とのボランティア活動を通じて、国際協力・国際貢献について学びます。
「早期卒業制度」の設置や秋季入学の導入により、学生の海外大学院への進学も支援しています。このような独自の支援プログラムが充実しているのも特徴の一つです。
また、上述したプログラムの他にゼミナール活動もGIS(グローバル教養学部)特有の活動が多く、ゼミナールの活動がそのまま就職活動に活かされるよう、GIS(グローバル教養学部)特有の就職支援プログラムがゼミナール活動に組み込まれているのも特色です。このような実践的な支援プログラムのおかげで就職実績も高く、以前あった「MARCHの中でも下位大学で就職活動時は不利」といったイメージも大分払拭されています。 実際の就職実績では、大手企業も多くGIS(グローバル教養学部)らしく国際色豊かなグローバルな就職実績が目立つ。例えば、ANA,JAL,外資系のアクセンチュアやAIGグループ,JTBグループ,Apple Japanなど多岐に渡ります。

グローバル教養学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

法政大学キャリアデザイン学部は、他の学部に比べ規模が小さい為、すべての学年で少人数の演習型授業が受けられる制度をとり、受講学生が主体的に学ぶアクティブラーニングを推奨しています。1年生から「基礎ゼミ」があるのも特徴の一つと言えます。また、演習型授業になるとゼミ内でのディスカッションにおいて生徒自らが司会やファシリテーターを担当しながら、議論を進めていくことも演習型授業の魅力です。また、少人数でのグループワークを積み重ねることで、多角的な視点からの洞察力を養うことができます。こうした授業で専門性を高め、自立/自律的に自ら学び、考え、行動できる力―まさにキャリアデザインの力を身につけていく事が出来ます。
法政大学キャリアデザイン学部の卒業後の進路先の特徴としては、業種別にみると【金融・保険】関連が最も多く、次に【通信・情報サービス】が続きます。具体的な就職先の企業を個別に紹介すると、【製造業】から積水ハウス,大和ハウス工業,LIXIL,ファンケル,ライオン,NEC,東芝,三菱電機,富士ゼロックス,大日本印刷,凸版印刷,【商社】だと大手総合商社の丸紅,【金融・保険】関連でいくとみずほフィナンシャルグループ,三菱UFJ信託銀行,りそな銀行,あいおいニッセイ同和損害保険,損害保険ジャパン日本興亜,東京海上日動火災保険,第一生命保険,明治安田生命保険,【運輸】関連だと,ANA,JAL,【通信・情報サービス】関連だとNTT東日本,KDDI,ソフトバンク,NHK,【官公庁・公務】関連だと国土交通省,東京国税局,防衛省など一流大手企業や主要機関への実績が挙げられます。

キャリアデザイン学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

法政大学経済学部では経済学科、国際経済学科、現代ビジネス学科の3つの学科を設けて、よりきめ細やかな教育を提供できるようにしています。いずれの学科も、基礎から応用までが自然に身に付くように、柔軟かつ体系的にカリキュラムを編成しています。経済学科では、現実の社会システムを経済学の知識と思考方法にもとづいて的確に把握し、広範なテーマも含めて政策課題を解決できる人材の育成を目指し、また、国際経済学科では、地球市民としての自覚を持ち、なおかつ国際経済の担い手としての能力と責任感をもって、民間企業や政府機関、NPO(非営利団体)などで国際業務を遂行できる人材の育成を目指し、そして、現代ビジネス学科では、マクロ経済や産業構造の変化が企業に与える影響を分析し、その成果をビジネスに活用できる人材の育成を目指したカリキュラム編成になっています。
法政大学経済学部の卒業後の進路先の特徴としては、業界・業種別にみると【金融・保険】関連が24.6%と最も多く、次いで【通信・情報サービス】が13.7%、【卸売・小売業】が12.5%で続きます。また、民間企業だけでなく官公庁や公務関連での実績も大手主要機関への実績があり、代表的な機関でいうと、経済産業省,農林水産省,総務省,東京国税局,特許庁があげられます。また、民間企業の大手企業の例を紹介すると、【製造業】だと積水ハウス,アサヒビール,ミツカン,資生堂,大塚製薬,ソニー,日本IBM,日立製作所,【金融・保険】関連だと日本銀行,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,SMBC日興証券,大和証券,野村證券,損害保険ジャパン日本興亜,東京海上日動火災保険,三井住友海上火災保険,第一生命保険,日本生命保険,明治安田生命保険,それ以外の大手企業への実績を紹介すると、商船三井,ANA,NTT西日本,NHK,東京ガス,ヤフー,など一流大手企業が挙げられます。

経済学部の

» 英語(経済学科)の入試対策を見る

» 英語(国際経済・現代ビジネス学科)の入試対策を見る

» 国語(経済学科)の入試対策を見る

» 国語(国際経済・現代ビジネス学科)の入試対策を見る

法政大学社会学部は学部名称の通り、現代の社会問題を多角的に捉え研究する学問です。これには「学問的成長の共有」、「豊かな人格的交流の存在」、「一人ひとりが能動的に関与し担い手となる」という3つの条件が必要です。そこで、社会学部が大切にしているのが教員と学生が密接な関係で学びあう「アカデミック・コミュニティ」になります。社会学部では社会学部専用棟の中で全学年に多数のゼミが開講され、高い履修率を誇ります。少人数教育のゼミが、アカデミック・コミュニティのコアになっています。また、座学にとどまることなくフィールドワークも充実しており、ゼミ同士の交流を深め、1年生にゼミ選択の情報を提供するために、毎年12月にゼミの研究発表会を開催。ゼミ説明会では、1年生が各ゼミのブースを訪問。研究発表会では、先輩のプレゼンテーションと教員も加わっての討論会を実施。こうする事で単なる座学だけでなくより実践的なフィールドワークに繋げています。そして交流会ではパーティー形式で教員と学生が情報交換をはかります。
法政大学社会学部の卒業後の進路先の特徴としては、業界別にみると【通信・情報サービス】が一番多く、学部全体の33.3%で【金融・保険】が14.7%で続き、次いで【卸売・小売業】が14.5%で続くといった状況です。就職先の企業を個別で紹介すると、日清製粉グループ本社,東レ,大正製薬,出光興産,三菱電機,日産自動車,大日本印刷【商社】だと大手総合商社の三井物産,【金融関係】だと日本銀行,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,SMBC日興証券,三井住友海上火災保険,【通信・情報サービス】だとNTTドコモ,NTT東日本,時事通信社,毎日新聞社,読売新聞,講談社,NHK,TBSテレビ,テレビ朝日,それ以外の大手企業の実績だと東京ドーム,ヤフー、松竹等が挙げられます。また、官公庁の大手だと外務省,皇宮警察本部,国土交通省などの実績があり、非常に多岐に渡ります。

社会学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語(社会学科)の入試対策を見る

» 国語(社会政策・メディア社会学科)の入試対策を見る

法政大学現代福祉学部では、「ウェルビーイング(健康で幸福な暮らし)」を地域づくり・社会福祉の観点から実現するために「福祉コミュニティ学科」を、臨床心理の観点から実現するために臨床心理学科を新設。臨床心理学科に関しては東京六大学で初めて法政大学に設置されました。学科を2つに分けることで、幅広く「ウェルビーイング(健康で幸福な暮らし)」を学びつつ、同時に地域創造と福祉サービス臨床心理学についてより専門的に学べるようになりました。「福祉コミュニティ学科」では社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験資格が取得可能で地域社会の「コミュニティ・リーダー」の育成を目指します。臨床心理学科では併設した第1種臨床心理士指定校の大学院に進学して、臨床心理士資格受験への道が開かれています。
法政大学現代福祉学部の卒業後の進路先の特徴としては、他の学部に比べ専門的な知識や経験が詰める為、業界・業種別にみると【福祉・医療関係】への就職実績が学部全体で13.7%で2番目に多い数字となっています。勿論、それ以外の一般的な民間の大手企業への就職実績も豊富にあります。具体的な就職先を企業ごとに個別で紹介すると、【製造業】だとテルモ(医療関連)【金融・保険】だとみずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,三菱UFJ信託銀行,ゆうちょ銀行,東京海上日動火災保険,三井生命保険,三井住友海上あいおい生命保険が挙げられます。また、【福祉・医療関係】でいくと高齢・障害・求職者雇用支援機構,国立病院機構,日本年金機構,ニチイ学館,社会福祉法人いたるセンター,社会福祉法人中心会,社会福祉法人正吉福祉会,社会福祉法人東京育成園,スターツケアサービス,社会福祉法人子供の家,など多岐に渡ります。また、【官公庁・公務】も特色があり、法政大学現代福祉学部ならではの厚生労働省への実績が挙げられます。

現代福祉学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

法政大学スポーツ健康科学部では、保健体育の教員、スポーツのコーチ、トレーナー、健康づくり支援、地域のスポーツ振興、スポーツのビジネス化などを目指して様々 な学生が学んでいるのが特徴です。また、カリキュラムにも特色があり、より実践的な実習、演習としてより大きな効果を見込んで、海外の場へと展開もしています。具体的 には指導力向上やスポーツビジネスに関する知識の習得には、講義科目以外に、フィールドワークが大切になってきますが、スポーツ健康学部棟併設の人工芝敷設コート をはじめとした様々な体育実技施設を利用して地域住民への指導なども行い、実践的な指導力を養っていきます。また、スポーツメディア、スポーツマーケティングなどの 分野に特化した演習科目などを通して、時には大学外の施設などでも実習を行い、実学としての「スポーツ健康学」を習得することができます。 それだけでなく、スポーツ健康学部の先端的な教育研究を理解するために必要な英語能力を身につけることのできる科目として、総合英語、英語コミュニケーション、英語演習、Health and Exercise Sciences などが用意されています。それらの英語科目を受講することで、専門科目における最新の研究成果を原文のまま理解できる能力や 海外においてスポーツビジネスを実践できる能力を養うことができます。 また、健康増進施設実習」の授業内で、健康増進施設(フィットネスクラブ)での現場実習やスポーツ分野における多様なキャリアついて講義を行うキャリア形成科目を 1年次必修としており、将来のキャリア形成に必要な知識や能力を習得します。また、教員がスポーツ・健康関連企業に関する情報提供や、「専門演習」を通してのインタ ーンシップの奨励、サポートを行うなどして、積極的にキャリア教育を行っています。勿論、大手一流企業への就職も盛んで山崎製パン、日清食品ホールディングス、ヤクルト本社、ロッテ、スミス・アンド・ネフューなど業種も多岐に分かれます

スポーツ健康学部の

» 英語の入試対策を見る

» 国語の入試対策を見る

合格者の声 勉強法は?合格のコツは?

  • 社会学部進学! J・Kくん
    (鷺宮高校)
  • 経営学部進学!R・Kさん
    (カリタス女子高校)
  • 人間環境学部進学!E・Sくん
    (稔ヶ丘高校)
  • 文学部心理学科進学!非公開さん
    (高校非公開)
  • 経済学部進学!K・Fくん
    (町田高校)
  • 現代福祉学部進学!H・Aさん
    (大成高校)