早慶上智と同じレベルのGMARCHは立教大学、経営学部だ!

 

こんにちは、EDIT STUDYです。今回は近年人気も実力も上昇してきている大学グループの『GMARCH』の中でも「早慶上智と同じレベルのGMARCHは〇〇大学、〇〇学部だ!」というテーマでお話していきたいと思います。

 

早慶上智とは

 

関東だけでなく、全国において最難関私立大学グループとして有名な早慶上智とは早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学をまとめたグループです。関西圏も含めた全国の私立大学の頂点に位置する早慶上智は、その難易度からも企業からの評価は高く、就活時の学歴フィルターでいうと、出身大学だけでもアドバンテージが取れるといわれるほど評価の高い大学です。毎年受験生からの人気も高く、熾烈な争いがくり拡げられています。

 

GMARCHとは

 

関東の難関私立大学グループとして有名なGMARCHとは、学習院大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学をまとめた大学グループです。首都圏に位置する私立大学の中では、早慶上智に続く偏差値の高い大学となっており、就活時の学歴フィルターもGMARCHレベルで区切っている企業が存在すると言われています。

私立文系大学の偏差値ごとの大学群

※一部例外的な学部もありますが、概ね大学群ごとに上記のような順に構成されています。

上記図を見ると大体の各大学群の立ち位置が分かるかと思います。早慶上智を最上位とした時にすぐ下に構えるのがGMARCHになります。今回取り上げる『GMARCH』は早慶上智の下位に位置していますが、GMARCHの中でも近年早慶上智に匹敵する、肩を並べるとも言われる学部がいくつか存在します。それが今回の題名にもある、立教大学経営学部になります。では具体的にその理由や特色に関して見ていきましょう。

立教大学経営学部が早慶上智レベルと言われる理由

 

GMARCHの中でも立教大学経営学部が早慶上智レベルと言われる理由は2つあります。

 

1.偏差値
2.倍率

 

1.偏差値

 

1つ目の理由は偏差値になります。立教大学経営学部の偏差値は直近ですと66になります。先ほどのピラミッドの図で表示した通り、早慶上智の大学グループの偏差値帯が大体64-70になりますので、確かに客観的な数字で早慶上智レベルと言えます。もちろん、一概に偏差値だけで、レベルが測れるわけではありませんが、1つの目安になるのは間違いありません。

 

2.倍率

 

そして2つ目の理由が倍率です。立教大学経営学部がその偏差値も上述した通り、早慶上智レベルと言えますが、倍率も高く入試難易度が高いことも早慶上智レベルと言える理由の1つになります。実際にどのくらいかと言うと、下記に立教大学経営学部の2022年度と2021年度の入試倍率をまとめておきましたので、ご確認ください。

 

 

経営学部のそれぞれの入試方式の倍率は2022年度の個別入試が13.85倍、2021年度も17.5倍の倍率になり、GMARCHの倍率が大体平均で10倍前後で推移しているのを考えても、立教大学経営学部の人気、難易度の高さが伺えます。

 

立教大学経営学部の特色

 

では立教大学経営学部の学部としての特色はどのような学部になっているのか。こちらもご紹介しておきます。立教大学経営学部は経営学科と国際経営学科の2つの学科があります。将来を担うビジネスリーダーには、企業=組織を機能させながら事業を管理していく知識と 能力が必要です。

 

経営学科では少人数で行う体験・実践的カリキュラム「ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)」で一人ひとりのリーダーシップやコミュニケーション力を段階的に養います。その上で、専門知識を「マーケティング領域」「マネジメント領域」「アカウンティング&ファイナンス領域」「コミュニケーション領域」の4つのコン セントレーションから、幅広くかつ深く身につけていきます。

 

また、国際経営学科は価値観が多様化し急変する現代社会で求められるのは、持続可能な社会の構築に 向けリーダーシップを発揮できるグローバルな人材です。国際経営学科では、「バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)」で段階的に英語コミュニケーション 能力を養います。その上で、専門知識を「マーケティング領域」「マネジメント領域」「アカウンティング&ファイナンス領域」「コミュニケーション領域」の4つのコンセントレ ーションから、幅広くかつ深く身につけていきます。

 

海外留学や海外インターンシップなど英語力が向上する環境やプログラムも充実しています。それぞれ2つの学科のビジネスに直結する知識や能力を専門的で実践的なカリキュラムで養うことで、多くの大手企業や組織での活躍が期待されます。

 

立教大学経営学部の就職実績

 

立教大学経営学部を卒業した学生は様々な業種で活躍しており、主な就職先としてはアビームコンサルティング株式会社、株式会社みずほフィナンシャルグループ、日本電気株式会社、有限責任監査法人トーマツ、パーソルキャリア株式会社、ソフトバンク株式会社、株式会社ジェーシービー、楽天グループ株式会社、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ、富士通株式会社、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社日本政策投資銀行、レイスグループ、横浜市役所、丸紅株式会社、PwCコンサルティング(同)/PwCアドバイザリー(同)、アクセンチュア株式会社、デロイト トーマツ コンサルティング(同)、株式会社マクロミル、株式会社リクルート、KDDI株式会社、株式会社NTTドコモ、三井住友信託銀行株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社、東京海上日動火災保険株式会社など大手一流企業が目白押しです。

 

結論「迷ったらどっちに行けばいいの?」

 

最後に仮に立教大学経営学部と早慶上智に合格した場合にどちらに行けば良いのか?に関しても言及しておきたいと思います。これに関しては読者の方が次にあげる2つの視点でどちらを優先するかを考えれば良いかと思います。それは「興味のあること」or「将来の可能性」です。

 

これはどういうことかというと、上述した通り、立教大学経営学部自体は早慶上智レベルと言っても過言ではない、偏差値や人気、実力もある学部です。ですが、就職活動となった場合はいわゆる”学歴フィルター”が未だに存在するのも事実ではあります。そうなった場合に、早慶上智グループの大学学部の方がGMARCHグループの大学学部よりも選択肢を拡げられる可能性があります。

 

ただし、早慶上智の興味のない学部と立教大学経営学部に関して興味があるという状況であれば、上述した将来の可能性と天秤にかけて立教大学経営学部を選択するのもアリだと思います。こうした意味で最後は「興味のあること」or「将来の可能性」という視点で選択することをオススメします。

 

今回は「早慶上智と同じレベルのGMARCHは立教大学、経営学部だ!」という題名で記事を書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。ご覧いただいた方の出願方針や参考になれば幸いです。

 

※各大学グループで特集を組んでありますので、興味がある方は下記↓をクリックして下さい。

早慶上智が丸わかり!大特集ページ

GMARCHが丸わかり!大特集ページ

関関同立が丸わかり!大特集ページ

成成明学獨國武が丸わかり!大特集ページ

日東駒専が丸わかり!大特集ページ