PlusW
EDIT STUDY + Wとは?
「ゼロからMARCH」をコンセプトに、10年以上に渡り早稲田を含むMARCH以上合格者を多数輩出してきたEDIT STUDYが運営する早稲田大学合格に特化した私大文系専門塾、それがEDIT STUDY +Wです。

「ゼロからMARCHなら少人数対話式授業」
ゼロから難関大学を目指す場合は基礎から丁寧に理解度をチェックしながら勉強を進める方法が効率的

「基礎から早稲田なら最強の自学自習スタイル」
基礎から早稲田大学を目指す場合は必要最小限の授業×各自の最大スピードで走り抜ける方法が理想的
これこそEDIT STUDYが長年考え抜き、導き出した結論です。

せっかく目指すなら最高峰である早稲田大学へ、そう思ったことはありませんか?

  • 本気で早稲田を目指したい。しかし何から手をつけていいか分からない。
  • 勉強法はネットで調べたが、それを自分の力ではやり切れなかった。
  • 大手予備校の早慶コースに通って見たものの、成績は上がらなかった

EDIT STUDY+Wはそんな悩みを解決するため、
既卒専用8×6 カリキュラムを採用し、
正社員のパーソナルコーチが週3回の1on1面談を通して
「基礎から早稲田合格まで伴走」する
最強の自学自習スタイル、それが既卒専門EDIT STUDY+W

~ +W「最強の自学自習スタイル」3つのポイント ~

EDIT STUDY合格実績

  • 早稲田大学 政治経済学部
  • 早稲田大学 文化構想学部
  • 早稲田大学 文学部
  • 早稲田大学 商学部
  • 早稲田大学 社会科学部
  • 早稲田大学 教育学部
  • 早稲田大学 人間科学部
  • 早稲田大学 スポーツ科学部

EDIT STUDY早稲田大学合格者インタビュー抜粋

早稲田大学政治経済学部進学!
N・Uくん(高卒認定)

― 僕が調べたところ、先に話したような僕の条件に当てはまってきちんと管理してくれる塾・予備校はここしかありませんでした。
― 要点は「あきらめないこと」「自習室に行くこと」「やるべきことをやる、やれば受かることは保証されている」の3点です。

早稲田大学文化構想学部進学!
S・Oさん(岡山白陵高等学校卒)

― 担任みたいな感じで1人の先生がついてくれるのがいいなと思いました。多分ここに通わなかったら早稲田には受かってなかったと思います。

早稲田大学 商学部進学!
Rくん(高校非公開)

― 色々とありますが自分的には「少人数」ですかね。例えば大手予備校であれば、自分が埋もれてしまうというか、自分の立ち位置が分かりづらくなると思うんですよね。
― 努力したから受かると思っているだけでは甘くて、努力の仕方、方向性がとても大事だとこの1年で学びました。

+W「最強の自学自習スタイル」3つのポイントとは?
1.+W既卒専用8×6カリキュラムにより勉強量を最大化

早稲田合格には1日最低8時間の学習時間が必要です。
そのため+Wでは1日おき週3回が指導日、指導日以外の週3回がオーダーメイド・カリキュラム(以下:OC)自習日の合計週48時間(8時間×6日)+W既卒専用8×6カリキュラムを採用しています。
指導日は全員が基礎から早稲田合格に必要な「統一カリキュラム」を進め、OC自習日は生徒一人ひとりに合ったOCを進めてもらいます。(統一カリキュラムに早稲田過去問対策も入ります
また、月~土まで毎朝10時から出席確認・年間700回のレギュラー・テスト(以下:Rテスト)が実施されるため、+W既卒専用8×6カリキュラムで生徒は「勉強量」を確保できるのです。
2.週3回の1on1面談により自習内容を個別化

指導日には週3回必ずパーソナルコーチとの1on1面談が実施され、翌日のOCを決定します。
スポーツや筋トレと同様、受験勉強で「結果」を出すためには「正しい努力の継続」が必要です。
1日10時間勉強しても勉強の仕方が間違っていたり、参考書のレベルが合っていなければ成績は上がりません。
週3回の1on1面談で正しい方向で努力ができているか、常に対話を通して確認・改善するからこそ早稲田合格に近づくのです。
3.正社員のパーソナルコーチが早稲田合格に伴走

パーソナルコーチの役割はOC作成にとどまりません。
決して短くない浪人生活の中では、モチベーションの浮き沈みや成績が上がらずに苦しい時期を過ごすこともあるでしょう。
そんな時だからこそ、週3回1on1面談を実施しているパーソナルコーチが生徒の気持ちに寄り添い、伴走することでつらい時期を乗り越えることができるのです。
また、定期的にパーソナルコーチが少人数対話式授業やグループワークを開催することで、生徒一人ひとりの学力や理解度を把握しつつ、生徒同士の交流を持つことで切磋琢磨できる環境を用意しています。
このようにパーソナルコーチは複数の役割を果たすため、厳しい「+W license TEST」をクリアした正社員しか担当することができないのです。

※パーソナルコーチ全員が慶應義塾大学医学博士である松隈信一郎氏が代表理事を務める一般社団法人ストレングス協会のPPC「Positive Psychology Coaching」認定資格を取得しています。

一人ひとりを丁寧に指導する少人数制を採用してるため、定員には制限がございます。満席になり次第、順次入塾受付を終了しますので、ご了承下さい。

あなたもEDIT STUDY+Wで
基礎から早稲田を実現しませんか?
まずは無料個別相談〜

※既卒専門予備校のため、高1・高2・高3の生徒募集はしておりません

ご入塾までの流れ

  • STEP 1無料個別面談(オンラインも可能です)

    ✓ 無料個別面談は「保護者様のみ」「生徒様のみ」「保護者様・生徒様ご一緒」が可能

    ✓ 生徒様の学習状況をヒアリング→当塾のシステムをご説明

    ✓ ご希望の方には当日に「体験指導初日」を実施致します

  • STEP 2無料体験指導

    ✓ 無料体験指導は校舎の+W担当が実施

    ✓ 1on1面談を実施し、塾とのマッチングをご確認頂けます

  • STEP 3ご入塾

    ✓ 入塾テストは一切なし、先着順の定員制

    ✓ 入塾申込書をご提出頂き、ご入塾が決定

    ✓ 4月初旬に指導開始、10ヵ月早稲田以上合格を目指して頑張りましょう!

校舎紹介

Q&A

OC自習日も来塾する必要がありますか?
月~土まで週6日は10時~18時半まで基本的に塾で勉強してもらいます。
何か事情がある場合は柔軟に対応できますので、ぜひご相談下さい。
自習室はいつ開いていますか?
4月~7月は月~土の10:00~21:30まで使用することが出来ます。
8月以降は上記日程に加えて、日曜日も9:00~18:00に使用できるよう対応しています。
(日曜日は模試などによって閉館する時もありますので、ご了承下さい)
選択科目の対象は何がありますか?
「日本史」「世界史」「政経」(政治経済学部の志望者のみ)「数ⅠA」になります。
欠席した場合はどうなりますか?
ご自宅からインターネットを経由し、スマホやタブレットから授業動画などをご視聴いただけます。
自習室でも校舎のWi-Fiを使用し、塾のタブレットでご視聴いただくことも可能です。
早稲田志望ですが、「EDIT STUDY」と「+W」、どちらが合っているか分かりません。
偏差値55程度(日東駒専に合格)以上の基礎学力がある方でしたら+Wの自学自習スタイル、それ以外の方はEDIT STUDYの少人数対話式スタイルがマッチしています。ぜひ無料個別相談にてご相談下さい。
早稲田のみならず、慶応・上智も志望していますが、入塾できますか?
もちろん可能です。
ただし早稲田対策と慶応・上智対策は異なりますので、1度無料個別相談にてご相談下さい。
英検などの外部試験対策はしてもらえますか?
全体向けの英検対策授業はありませんが、1on1面談による個別課題の設定は可能です。
1on1スピーキング対策講座はございますが、一部有料となります。
PlusW