慶應大学環境情報学部の情報

ダイエットスタディが独自調査した慶應大学環境情報学部の学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

慶應大学環境情報学部のキャンパス情報

・SFCの周辺には大規模スーパーや辻堂駅周辺再開発による新しい巨大モールなどがあり、日々の生活に便利。
・キャンパス内には体育館(アリーナ、柔道場、剣道場)グラウンド、テニスコートといった体育施設が豊富なため、運動系サークルは活発に活動している。
・海外との交流も盛んで留学生とキャンパス内を通しての交流も魅力の一つ。

学部の特徴

慶応大学環境情報学部では、生命、心身の健康、環境とエネルギー、デザイン、防災やメディアなどの新しい課題に、先端のサイエンスと、総合政策学部と一体となった社会科学のアプローチを力として、21世紀のグローバル情報社会を創造する特徴な学部です。

「問題が与えられ、正解を教わる」教育ではなく、「何が問題かを考え、解決方法を創出する」人材の育成を目指しています。
総合政策学部は、国家や社会の問題に関わり、解決策を編み出す実践的な活動を通じて、政策のプロフェッショナルを育成します。

慶応大学環境情報学部の特徴的かつ先進的な講義や、ゼミナール活動は非常に特色があり、その就職先も一流大手企業は勿論、現代の最先端のグローバル情報社会で活躍できる場が用意されている企業の実績が数多くあります。例えば、近年実績で上位に来る企業としてはデトロイトトーマツコンサルティング合同会社
金融の根幹である三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、更に野村證券、グローバル企業で言えばキーエンスや日本マイクロソフト。また、電通や楽天、ヤフーや富士通など常に情報社会の最先端をいく一流大手企業への就職実績も勿論あります。

これも慶応大学環境情報学部の「受け身体質ではなく、能動的に問題解決に動く人材」の育成が後押ししている特徴だといえるでしょう。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)