現役生(高2・高3)が塾・予備校の面談で質問したい3つのこと

 

こんにちは。EDIT STUDYです。

 

 

 

現役生は高3に向けて塾・予備校を探し始めたり、既に通っている人でも色々見ておきたい思いがあるはずです。

 

 

 

塾・予備校の説明を聞くとなると多くの塾・予備校で個別面談・無料相談などがあります。内容としては塾・予備校の特色・説明が占めるでしょう。

 

 

 

志望校合格の為には塾・予備校選びは自分に合ったところを選ばなければなりません。その為に個人面談時にいくつか質問をしてみましょう。

 

 

 

今回は塾・予備校選びを有意義にする為に「現役生(高2・高3)が塾・予備校の面談で質問したい3つのこと」について考えていきたいです。

 

 

体験授業はあるか?

 

1つ目の「体験授業はあるか?」は非常に重要です。授業がある塾・予備校であれば体験授業で雰囲気やイメージを掴むべきです。

 

 

 

映像授業型の塾・予備校を除いて体験授業が映像の場合は要注意です。

 

 

 

生の授業を見せずに塾・予備校を決めさせるのは塾・予備校を探している現役生目線の運営とは思えません。

 

 

 

塾・予備校選びの基準として「自分の学力がのびそう」という気持ちが大事です。実際に授業を受けてみることをお勧めします。

 

 

 

体験授業を生で受けてとことん考えて後悔しないような塾・予備校選びをしましょう。

 

 

 

勉強の進捗確認をしてくれる面談はあるか?

 

2つめは「勉強の進捗確認をしてくれる面談」です。現役生は高校に通っているので学校の予定に影響されやすいです。

 

 

 

特に高3でも体育祭や文化祭シーズンになると準備があったりスケージュールが多忙になってきます。中には準備を断る強者もいますがそんな人は稀です。

 

 

 

行事ごとの準備で塾・予備校を休むと勉強が送れる不安が頭をちらつきます。そうなると勉強に集中して取り組むのが難しくなってしまいます。

 

 

 

個人面談の段階で勉強の進捗確認をしてくれる面談があるかどうか聞いておきましょう。そのシステムがあり納得して塾・予備校に入れば安心です。

 

 

 

そのシステムがあることを知っていれば行事で忙しくなることを逆算してスケージュールも取り組むことができます。

 

 

 

高3になると初めての大学受験です。大学受験は今までの高校受験とは勉強量が違います。志望校合格へのカギは適切な時期に適切な量の勉強をしているか否かです。

 

 

料金体系はどうなっているか?

 

3つめは「料金体系はどうなっているか?」です。塾・予備校は入塾金や授業料がメインですがその仕組みがどうなっているかは聞いておくべきです。

 

 

 

塾・予備校の費用は安くはありません。特に季節講習の料金体系はどうなっているか?は塾・予備校に入る前の面談でしっかり聞いてください。

 

 

 

何故かというと多くの塾・予備校の収入源が季節講習になっているからです。

 

 

 

特に現役生は夏休みの学力はまだまだで成績に目を当てられないものです。しかし、それは当たり前で勉強を本格的に始めて日が浅く目に見える結果は出づらいです。

 

 

 

現状の学力を知るのは模試の結果です。その内訳には浪人生も含まれており、結果はより低く出やすいです。

 

 

 

それに乗じて色々な講習の受講を進められて金額が高くなることはよくあることです。

 

 

 

まとめ

 

上記3つが「現役生(高2・高3)が塾・予備校の面談で質問しておきたい3つのこと」です。

 

 

現役生は少ない時間を有効活用するのが志望校合格へのカギです。学力をあげるためにはやみくもに勉強するだけでなく、周りのサポートなど環境面も重要です。

 

 

 

これから塾・予備校を探す人は上記の質問を是非してみてください。

 

 

 

    大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

    配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

    【1月の配信内容】

    高校2年生向け:大学受験を一般受験する高校2年生が1月に知っておくべき2つのコト
    高校3年生向け:高3のEDIT STUDY生の場合、1月時点の状況はこうなる!
    保護者の方向け:高校2年生のお子様をお持ちの保護者様が今の時期に知っておくべき2つのコト

    以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


    ご氏名 (必須)
    学年
    メールアドレス (必須)