2024年合格実績速報!

日本大学スポーツ科学部の学部情報

こんにちは。今回の記事ではEDIT STUDYが独自調査した日本大学スポーツ科学部の学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

 

日本大学危スポーツ科学部のキャンパス情報

 

 

三軒茶屋キャンパス

 

東急田園都市線の渋谷駅から急行で一駅,三軒茶屋駅から歩いて約10分にある「都心型キャンパス」です。

建物は2棟あり,1号館は教室,事務室,食堂のほか,体育館に相当するアリーナ,プール,柔道場,剣道場,相撲場,トレーニングルームなどの体育施設を配置しています。

各施設や設備が新設で最新設備をそろえており、非常に洗練された雰囲気のキャンパス。

 

学部の特徴

 

日本大学スポーツ科学部の授業の特徴

 

日本大学スポーツ科学部は日本大学の創立130周年記念事業の最大の柱として、「危機管理学部」と一緒に平成28(2016)年に開設しました。 学部開設は、薬学部以来28年ぶりとなり注目を集めている学部でもあります。世界で活躍する多数のアスリートを輩出してきた日本大学だからこそ、自身の競技力を高めることを目的とするトップアスリート、それを支える一流の指導者やコーチ、さらにはスポーツに関連する幅広い分野で活躍できる人材を養成し、社会に送り出すことを目標として掲げています。

 

この掲げた目標を実現するために、国際大会で活躍した元選手や指導者、競技スポーツの実務家や研究者、ジュニア育成指導者など、豊富な経験を持つ教員が学習をサポートしています。全学生が「競技スポーツの実践者」として、日本大学競技部をはじめとする各団体に所属します。学部内に設置される多様な種目のサークルで競技を実践することもできます。2年次以降は、自らの競技力向上に関する実践理論を深める「アスリートコース」と、指導者として、指導者と選手を取り巻く環境を含めたサポートの学びを深める「スポーツサポートコース」と、キャリアに合わせたコース選択が可能な4年間の学びの流れを構成しています。

 

日本大学スポーツ科学部の就職先
日本大学スポーツ科学部を卒業した学生は多種多様な業界・業種で活躍することが期待されています。なぜなら現代社会において体育・スポーツ分野の需要が拡大しているため、スポーツ科学部競技スポーツ学科の卒業生の進路は多彩になると予想されているからです。「アスリートコース」を選択する学生の進路は、プロアスリートや実業団アスリート、企業スポーツアスリートなどが考えられますが、スポーツ科学部では競技力向上を目指した活動を求める学生に対し、積極的な就職支援を行っています。「スポーツサポートコース」を選択する学生の進路は、競技スポーツの運営・強化に関わる競技団体の職員や地域のスポーツ指導者、競技スポーツの研究者、民間キャリアなどが考えられます。(※平成28年4月学部開設のため、具体的な企業名等は開示情報なし)
※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

あなたにあった大学受験サービス診断!