2024年合格実績速報!

専修大学商学部の学部情報

こんにちは。今回の記事ではEDIT STUDYが独自調査した専修大学商学部の学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

 

専修大学商学部のキャンパス情報

 

 

神田キャンパス

 

神田分館の図書資料は約46万冊、雑誌約5千誌を所蔵しています。館内には自習スペースやグループ学習エリアがあります。

 神保町駅から徒歩2分という好立地。東京の中心に位置する都心型キャンパスが神田キャンパスです。

・ラーニング・コモンズ(5号館)はらせん状に配置された、開放空間の「アクティブラウンジ」と、パーティションで区切られた「スタディラウンジ」があり、学生のアクティブラーニングの場です。

 

学部の特徴

 

専修大学商学部の授業の特徴

 

専修大学商学部は2020年から神田キャンパスに移転しました。この移転により、ビジネス環境に隣接した新校舎で講義を受講する事となり、従来から掲げてきた「実学教育重視」の一層の充実を目指します。具体的には実務家を講師として招いての講義や、周辺地域の企業・商店街等とのコラボレーション等が想定されます。

 

専修大学商学部の歴史を紐解くと、大正期には計理士(現:公認会計士)を養成する計理科を設置して「計理の専修」として名を馳せました。現在も商学部は会計・マーケティングなどの分野において、日本で一、二を争う教員数と日本有数の教育・研究水準を誇ります。こうした環境の下でビジネスに関わるヒト、モノ、カネ、情報の「仕組み」を明らかにし、ビジネスに必要とされる実践的な知識や技術、センスなどを基礎から学んでいきます。さらにビジネス教育を通して、社会における真理を追究し、真に必要な行動を起こせる人材を育んでいく事を教育目標として掲げています。

 

専修大学商学部では非常に実践的な教育プログラムが用意されています。例えばビジネスの第一線で活躍する企業や団体の経営者、幹部による「特殊講義」を開講しています。世の中の動きに対し、どのような戦略を策定し、直面している課題は何かなど、リアルなビジネスから学ぶことができます。ほかにも会計の専門的な知識を体系的に学ぶとともに、公認会計士や簿記検定などをめざす学生のために、資格取得に向けた教育にも力を入れています。「会計士講座」など各種の資格取得に向けた課外講座も、その一例です。

 

専修大学商学部の就職先

 

専修大学商学部を卒業した学生は多種多様な業界・業種で活躍しています。主な就職先は国家公務員(会計監査院)、日本テレビホールディングス、日本航空、日本生命、三菱東京UFJ、日立製作所、資生堂などの国の主要機関や一流大手企業への実績も豊富です。
※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

あなたにあった大学受験サービス診断!