上智大学総合グローバル学部の学部情報

ダイエットスタディが独自調査した上智大学総合グローバル学部の学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

上智大学総合グローバル学部のキャンパス情報

・学内には、学生食堂やラウンジなど学生のための食事施設が6ヵ所あります。(屋上テラスもあり、天気の良い日はテラスで食事することも可能)
・とにかく学内にカフェやラウンジが多数あり、「サブウェイ」やS-Cafe(byプロントサービス)も学内にあり、オシャレ空間が豊富。
・学内託児施設も完備されており、「子育てをしながら安心して学び、研究できる大学」でもある。
・SSIC(Sophia Student Integration Commons)という学生同士の交流の場があり、留学生とも盛んに交流できる。

学部の特徴

上智大学総合人間科学部は「人間支援のスペシャリスト」の育成を実現するカリキュラム設計をしています。カリキュラム上も「知の3 本柱」である「ヒューマン・サイエンス(科学の知)」「ポリシー・マネジメント(政策・運営の知)」と「ヒューマン・ケア(臨床の知)」を基軸に少人数教育を基本とし
幅広い専門分野の知識を深く追及出来るカリキュラムに設計しています。教育学科・心理学科・社会学科に看護学科も加わり、さらに充実したヒューマン・ケアに関する研究と教育が展開されています。

上智大学総合人間科学部出身の生徒のうち就職希望者が選んだ業界は、情報通信業や金融、保険業が多くなっています。ただ、学科によってばらつきが大きく、教育学科や社会福祉学科において特に情報通信業への就職が多くなっています。主な就職先企業の名前を挙げると【航空業】全日本空輸 日本航空など【銀行】三菱東京UFJ銀行 東和銀行など【保険】損害保険ジャパン 第一生命保険など【飲食業】サイゼリヤ 王将フードサービスなど【マスコミ】テレビ朝日 読売新聞社など【通信事業】 KDDI NTT東日本 ソフトバンクグループなどが挙げられます。また、主要大手企業への就職比率は31,6%と非常に高く、上述したように一流大手企業の名前が並びますが、自身の語学力等を発揮したいとベンチャー企業への就職を望む生徒も多いのが特徴です。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)