【2020年11月更新】オンライン塾・予備校カオスマップ

こんにちは。EDIT STUDYです。今回の記事ではオンライン塾・予備校のタイプについて話ししていきたいと思います。世の中のオンライン塾・予備校のタイプは「自学自習」「個別指導」「映像+コーチ」「映像授業」の4つに大別できます。それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきますので、ご自身の大学受験をする上でオンライン塾・予備校に求める軸と比較して、自分に合ったオンライン塾・予備校を探しましょう。

 

自学自習

 

メリット

 

・学習計画を立ててもらい、進捗を管理してもらえる

・分からない部分を教えてもらえる時間があり、勉強方法の相談にのってもらえる

 

デメリット

 

・授業がないため、勉強内容に関して不明点を解消できないケースがある

・基礎学力がない場合はうまく計画を進められないことが多い

 

 個別指導

 

メリット

 

・講師から個別指導の授業を受けることができる

・勉強方法の相談にのってもらえる

・勉強習慣なし、低学力からでも始めやすい

 

デメリット

 

・個別のため生徒のペースに合わせ過ぎてしまい、予定通り進まないケースがある

・授業料がその他タイプより割高であることが多い

 

 映像+コーチ

 

メリット

 

・コーチと計画を立てた上で、映像授業を視聴することができる

・コーチに勉強方法の相談などにのってもらえる

 

デメリット

 

・映像授業の理解度を確認する機会がなく、視聴することで満足してしまうケースがある

・コーチの力量による部分が大きい

・高いコーチ料を支払って映像授業を見るだけとなる可能性がある

 

 映像授業

 

メリット

 

・定額制で見放題のケースが多く、好きな映像授業を低コストで視聴できる

・オプションでコーチをつけるなどのサービスがある

 

デメリット

・レベルに合った映像を、正しい順番で視聴していないケースがある

・勉強習慣がない場合は継続のハードルがかなり高い

 

上記「自学自習」「個別指導」「映像+コーチ」「映像授業」の4つそれぞれのメリット、デメリットをご自身の大学受験においてオンラインの塾・予備校に求める軸と照らし合わせて、最適な環境選びの参考になれば幸いです。

 

    大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

    配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

    【1月の配信内容】

    高校2年生向け:大学受験を一般受験する高校2年生が1月に知っておくべき2つのコト
    高校3年生向け:高3のEDIT STUDY生の場合、1月時点の状況はこうなる!
    保護者の方向け:高校2年生のお子様をお持ちの保護者様が今の時期に知っておくべき2つのコト

    以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


    ご氏名 (必須)
    学年
    メールアドレス (必須)