<2019年10月更新>【東京女子大学】2021年度入試変更点

2019年11月1日、文科省は大学入試での英語民間試験の来年度導入を延期することを表明しました。
以下大学・学部情報は2019年10月時点のコラムになりますので、導入延期を踏まえた新たな情報は各大学・学部のHPをご確認下さい。本コラムでも順次情報を更新していきますので、引き続き本コラムをよろしくお願いします。

以下2019年10月時点コラム——————————————

 

既存のセンター利用枠を共通テスト枠として設置し、一般入試では全学科の英語外部検定試験利用型にて英語外部試験用いるとしています。スコアは試験年月より2年以内のものを使用できます。この他の4技能試験の利用方法についてはまだ詳細は不明です。

高校時における取組の提出は出願要件となっていますが得点化されません。

(出典:入試の変更点

4技能試験の活用に関してまだ一部発表をするにとどまっていますので、引き続き発表を待ちましょう。

 女子大については既存の入試制度を概ね維持するようです。詳細はまだ出きっていませんが、受験を考えている方は今までの先輩方と同様しっかりとした基礎知識の定着を進めていけば、大きな心配もする必要は今のところないのではないでしょうか。また2021年度大学入試改革(新入試)の続報が入り次第、こちらのコラムで掲載いたします。