青山学院大学法学部進学 非公開さん(非公開【現役生】)2017

〇今年度合格校
青山学院大学法学部法律学科!
武蔵大学経済学部金融学科【セ】!
成蹊大学法学部政治学科【セ】!
國學院大学法学部法律学科法律専門職専攻【セ】!
専修大学経営部経営学科【セ】!
専修大学ネットワーク情報学部ネットワーク情報学科【セ】!

IMG_0658

小路永)青山学院大学法学部、合格おめでとう!
本日はお母さまもいらっしゃって下さいまして、ありがとうございます。

非公開さん)ありがとうございます、私がこんなにレベルの高い大学に合格できると思ってなかったのでびっくりしています。

お母さま)色々と塾に任せてしまい、今日がはじめての来塾となりました。

小路永)大切な10か月を信頼して任せて頂き、ありがとうございます。
せっかくなのでお母さまに1つだけお伺いしたいのですが、ご家庭で気を付けていたことなどはございますか?

お母さま)しっかり勉強しているのは分かっていたので、特に口出しをせずに「見守る」ことに専念していました。娘の受験ですし、大学に行くのも娘ですし、最後は自分の責任です。

小路永)素晴らしいです。「見守る」ことよる信頼関係の構築が今回の受験を成功に導く1つの要因になっていると思います。貴重なご意見ありがとうございます。
さてインタビューに入っていこう。
僕は君ならMARCHに合格できると思ってたけど、中々信じてくれなかったよね。

入塾面談ではDIET STUDYを疑っていた!?

非公開さん)基本的に疑い深いので言われたことはあまり信じないのですが、最後は信じて良かったです。

小路永)もう1年前だけど、入塾面談の時から疑ってたというか、何かに怯えていたよね。

非公開さん)高2の時に行ってた塾で出来なかったりすると厳しいことを言われてしまって、萎縮して何も言えなくなる経験をしていたので、DIET STUDYに来た時も怯えてました。

小路永)入塾面談でその話を聞いた時に、君の第一印象から出来なくて厳しいことを言われるイメージが全くなかった。体験授業の後に話した時も理解力はあるし、言われたことはやるし、褒めた記憶があるよ。

非公開さん)体験授業の後に褒められても「ホントは違うのかな」って疑ってました。笑

小路永)10か月を通して君に厳しくものを言った記憶はないけど、実際なかったよね?

非公開さん)なかったです。なんか塾に行くのが楽しくて、終わりに近づくに連れて塾が終わっちゃうのが寂しかったです。

小路永)楽しかったって何が楽しかったの?

非公開さん)対話式授業で珍回答が出るのも楽しかったのですが、実際は「充実していた」っていう方が正しいかもしれません。

小路永)具体的には?

充実したDIET STUDYでの受験勉強

非公開さん)私、比較的プライドが高くて負けず嫌いなんです。
だからレギュラーテストは落としたくなかったし、対話式授業でも間違った答えと根拠を言いたくなくて、だから「1度やった問題は正解すること」や「レギュラーテストは満点合格を目指すこと」が出来たんだと思います。

小路永)比較的というか、中々なプライドの高さだよね。その強みが弱みになる時もあって、1つ分からないと完璧にはできないから、放棄してしまいそうになる時もあったよね。

非公開さん)その辺りの私の性格を先生が把握してくれてアドバイスをくれたので、良かったです。特に年末に日本史の成績が上がらずに悩んでる時に私を呼んでアドバイスをくれたことが印象に残っています。

小路永)インプットに比重をかけ過ぎだから、模試演習を通してアウトプットに移りなさいという話かな?

非公開さん)そうです、私は日本史のインプットを完璧にしたくて、自分で解く訓練を怠っていました。そこで先生がアウトプットの訓練をしないから点数にならないとアドバイスを下さり、日本史の点数が一気に上がりました。

小路永)君はプライドも高いから質問するのが得意ではないと思って、日本史だけ点数が上がってなかったから声をかけてみたんだ。最後の塾内演習では98点まで点数が上がったもんね。
だけど、センター日本史は去年より平均点は約5点下がったとはいえ、84点とそこまで良くはない結果だった。

非公開さん)日本史は最初の問題から分からない問題が出て、失点してしまいました。
日本史が終わったあとに「あぁこれはまずいかも・・・」と思いましたが、「合格マインド」の授業でやった「日本史は出来なくても、次の英語はできる」と思うように気持ちを整えました。
次の英語は出来ると思えるように意図的に『お気に入りの明るい曲』を聞いて、前向きな気持ちで英語の試験に臨むことができました。その結果、センター英語は177点を取ることができました!

小路永)たしかに「合格マインド」の授業でやったよね。「Aができない、だからBもできない」ではなくて、「Aができない、だけどBはできる」の視点で入試に臨もうということだったね。
今年はアンケートで対象となった生徒にだけ月に2回セミナー形式で実施したけど、来年度は全校舎の授業で導入するんだ。マインドの持ち方で当日の入試結果は大きく変わることが分かっているからね。

非公開さん)入試を通してとても役に立ちました、受講できて本当に良かったです。
担当の松隈先生にも宜しくお伝え下さい。

小路永)OK、松隈先生も伝えたら喜ぶよ!
ところで、最後は自習室で中々な追い込みを見せていたね。

クラスの仲間に刺激を受けた自習室

非公開さん)クラスの「出来る人」が自習室でずっと勉強してたので、それを刺激に私も自習室で頑張りました。みんな頑張ってるから「やるのが当たり前」と思えたし、辛いとか苦しいとかそんな感情は一切ありませんでした。

小路永)クラスの人と特に話すわけではないけど、良い形で切磋琢磨していたんだね。

非公開さん)はい、だから最後まで頑張れました!

小路永)大学で何をするか決めてるの?

非公開さん)具体的には決めてませんが、法学部なので真面目な人が多いと思いますし、しっかり学校に通って真面目に勉強しようと思います。

小路永)凄くイメージが湧く!大学でもDIET STUDYでの生活以上に充実した日々を送って下さいね!

非公開さん)ありがとうございました!

    大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

    配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

    【1月の配信内容】

    高校2年生向け:大学受験を一般受験する高校2年生が1月に知っておくべき2つのコト
    高校3年生向け:高3のEDIT STUDY生の場合、1月時点の状況はこうなる!
    保護者の方向け:高校2年生のお子様をお持ちの保護者様が今の時期に知っておくべき2つのコト

    以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


    ご氏名 (必須)
    学年
    メールアドレス (必須)