2024年合格実績速報!

西南学院大学国際文化学部国際文化学科進学H.N.くん 東福岡高校

合格校

西南学院大学国際文化学部国際文化学科

 

SS(先生) ) 合格おめでとう!

 

HNくん) ありがとうございます!

 

SS)APUか西南かで迷ったといっていましたけど、どうする予定ですか?

 

HNくん) 西南に行くことにしました!

 

SS)もともとの志望はそこだったもんね。とりあえず受験お疲れ様でした!

 

合格の瞬間

SS)合格の瞬間はどんなかんじだった?

 

HNくん) そうですね、APUは友達と回転寿司食べながら合格発表を確認して、叫んでしまいました。

 

SS)いや、場所場所(笑) 。というか私のこと騙してましたよね?!

 

HNくん) Studyplus(勉強記録をするツール) のことですか(笑) 。

 

SS)APUの合格発表の日に『西南福大に向けて気持ち切り替えよ』とだけ記録してあったから、『やばい、これは落ちてるな、なんてフォローしよう』ってめっちゃ考えてた時間を返してください(笑) !

(合格発表当日にHNくんは塾に『実は受かりました!』とサプライズしに来ました)

 

HNくん)  すみません(笑) 。まあ許してください。

 

SS)はい。で、回転寿司に話を戻して。

 

HNくん)  周りの寿司を食べてたお客さんはなんのこっちゃって感じで、キョトンとしてました(笑) 。西南合格は学校の担任の先生に一番に電話しました。本当は推薦で行けたんですけど、自分はこの1年が財産になると思ってあえて一般受験しました。

 

SS) 『本当に推薦じゃなくていいの?』って何回聞いても答えが『受験します』だったもんね。でも、苦しい時間が一番成長できる時間になることはよくあることだからね。よくチャレンジしたよ。

 

HNくん) 本当です。実際沢山成長できたし、一番志望していたところにも行けて満足です。

 

SS)どうやってEDIT STUDYを知ったの?

 

HNくん)  高校1年の終わりから塾を探してて、その時から何となく大手に行くことは向いていないなと思っていました。

 

SS)それはなぜ?

 

HNくん)  人が多すぎて、自分を見てくれないだろうなと思ってたんですよね。実際通っていた友人がそう言ってて。

 

SS) そうなんだ。それでEDIT STUDYに注目したって感じですか。

 

HNくん)  はい。最初に調べたときはまだ名前がDIET STUDYで、関東にしかないじゃーんって思ってたら奇跡的に福岡にひとつ校舎ができてました(笑) 。

 

SS) 奇跡的なタイミングだね(笑) 。

 

HNくん) 実際ここを選んでよかったです!勉強の『べ』の字も知らなかったので、勉強のやり方をイチから指導してくれる場所に行きたかったので、本当にニーズと合致していました。

 

SS) それは良かった。

 

HNくん)  大手の塾って、既に勉強できる人たちが更に成績を伸ばす場所って感じじゃないですか。だから見向きもしなかったです。

 

最もつらかったこと

 

SS) 実際にEDIT STUDYに通って合格を手にしたわけですが、最もつらかった時間はいつでした?

 

HNくん)  英語がなかなか上がらなかったときですかね。

 

SS)あー、悔しすぎてみんなが帰った後泣いてたもんね。

 

HNくん)  それは言わないでくださいよ(笑) 。はい。現役生は浪人生ほど時間をかけることができないから、もちろん中々上がらないことは理解できていたんですけど、世界史がはじめにポーンと成績が伸びてしまって。そこから淡い期待を英語にもかけ始めて、現実と理想のギャップに苦しむことが多かったですね。

 

SS)なるほどね!世界史は結構早めに得意科目になってたから、そこで反動があったわけだ。

 

HNくん)  はい。でも何とか気持ちを切り替えて、よく先生方が言っていた『現役生は最後の最後まで伸びるから、途中でやめない』ということを続けました。そしたらその通り、本番で英語が得点源になりました。一番世界史に自信を持っていたので、なんでやねんって感じでしたけど(笑) 。SSそうなんだよね。成績が上がらない時にやることを変えることも大切なんだけど、EDIT STUDYの勉強法は続ければ実際に効果が出るんだよね。だから現役生には『やめないこと』を1年間必死で伝えてきたつもりだね。

相棒の世界史の教科書

合格できたのは1on1面談のおかげ!

SS)ころで、一番の合格の要因になったなって思うことってなんだった?

 

HNくん) 1on1面談ですね(即答)

 

SS) はやっ(笑) 。詳しく聞いても良いかな?

 

HNくん)  受験期で自分の中ではめちゃくちゃ勉強頑張ってたんですけど、やっぱりそれだけだとストレスが溜まってしまうと言いますか…。

 

SS)現役生はストレスが溜まる環境が多いものね。

 

HNくん)  そうですね、そういったストレスを大人に聞いてもらえることが嬉しかったです。勝手に裏で『宮田・三上メンタルクリニック』って呼んでました(笑) 。

 

SS)なにそれ(笑) 。 でもそれくらい1on1面談に助けられた部分が多いと。

 

HNくん)  さっきの話と被っちゃうんですけど、週に一回1on1面談が必ずあるじゃないですか。そのたびに『現役生は最後の最後まで伸びるから、止めないで!』って言われると、最後まで頑張り切れるんですよね。これが例えば面談が年に2回とかだったら絶対に最後までやり切れていないと思います。

 

SS)やっぱ週に一回面談があるっていいよね。私も現役生のときにEDIT STUDYがあったら、入りたいですもん(笑) 。

 

HNくん)  もっかい受験頑張って大学生やりましょう!先生!

 

SS)もう大学院までいっちゃったし、遠慮しときます(笑) 。

 

この受験勉強生活で得たもの

HNくん)  集中力でしょうか。

 

SS)その心は?

 

HNくん)  集中力が普段の倍出ていたような感じでした。元からそれくらいあったのに気づいていなかっただけなのか、引き出してもらえたのかは分からないんですけど、集中する環境が完璧にできていたように思います。

 

SS)詳しく聞かせてもらえますか?

 

HNくん)  本当に集中できるのは学校で一人の教室か、EDIT STUDYの自習室でした。EDIT STUDYの自習室って当たり前ですけど浪人生の皆さんが既にたくさん座っているじゃないですか。だから絶対に僕も集中しなきゃって気持ちになるんですよね。負けたくないって。

 

SS)そういえばHNくんは浪人生とも仲良かったですね。昨年度明治に合格した生徒も浪人生と切磋琢磨する関係ができていました。

 

HNくん)  はい。やっぱりMARCHクラスに受かるために自分を追い込んでいる人たちだから、それに合わせて頑張れば西南は勝手に合格するんじゃないかと思って。

 

SS)受かりたい大学のひとつ上のレベルを目指すのって大事ですからね。

 

HNくん) はい。それでモチベーションを切らさずにやり切ることができました

 

S) 1on1面談と、浪人生とのコミュニケーションと、自分の弱点をしっかり補強できるようにEDIT STUDYをうまく活用してくれていたわけだね。

 

 

良い世界史コンビ

 

未来のEDIT STUDY生にエールを

HNくん)  そうですね。やる気が合ってEDIT STUDYに入れば絶対に成績が伸びます!覚悟があれば、なんとかなります!

 

SS)おお、力強い。シンプルですが、そうですね。私もそう思います。

 

HNくん)  『受験なんだから、やる気なんて誰でもあるだろ』って思われるかもしれないですが、10か月間、どんなに暑い日でも寒い日でも、学校が遅くまであった日も継続的に通うことってそんなに簡単じゃないと思うんですよね。

 

SS)おっしゃる通り。

 

HNくん) 成績を上げるためのノウハウや出願戦略は既にEDIT STUDYにあるわけだから、毎日しっかり通って頑張れば成績は上がります。たとえくじけそうになっても1on1面談があってメンタルケアもしてもらえるわけだし。

 

SS)見事にそれを達成したからこその現役合格ってわけだね。

 

大学でやりたいこと

HNくん)  英語が母語の国か、ヨーロッパ圏に留学に行きたいですね。

 

SS) いいねー。私もまた留学行きたいです。英語は私並みに鍛えて、EDIT STUDYに就職してくださいね(笑) ?

 

HNくん) はい(笑) !

 

※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

 

あなたにあった大学受験サービス診断!