町田校 第十八回 「現代文を解こう!の会」 ~活動編~

町田校 現代文を解こう!の会

 

先日発足した「現代文を解こう!の会」の活動

 

町田校の土曜日朝

「おはようございます!」と生徒が数名入ってきます。

 

大体人数が集まったところで、全員共通して解いていないであろう国語の過去問を解き始めます。

 

9:10から解き始め、80分経過した後、「何故その答えになるのか?」について、議論が交わしていきます。

 

12月19日の参加人数は5名(発足した週の3名から微増)

 

実施した試験は平均点が低くやや難しい年の問題でしたので、少し議論が多かったのですが、生徒の表情を見ていると、なかなか有意義であったのではないかと思います。

 

「問6は何番にした?④だよね?でも、解答を見ると、③になっている・・・何で④だめなんだろう。」

 

5人の場合、2人-3人に分かれて、

「何故、この選択肢がダメなのか。何故、③が答えなのか」を詰めていきます。

グループで結論が導けない場合、別のグループに「その選択肢を選んだ根拠」を聞いて、納得できるか。納得できなければ、講師に質問します。

 

「僕らは、P.○の5行目あたりを根拠に、④を選んだんですが、何故だめなんですか」

 

時間はかかりますが、この方法で「選択肢をどのように吟味したか」についての根拠を求めることで、本番でも同じ解法で選択できるようになります。

 

本文中から根拠をどのようにもってくるか。どの文とどの文が「同じこと」を言っているのか。論理展開に相違はないか、など細かい部分を確認しながら、選択肢を吟味していきます。

 

2つまでは絞れるけど、どちらかが絞り切れない、というパターンが多くあったようで、最後は「感覚」で選んでしまっているところもあったようでした。

 

鉄則として「根拠は本文中に有り」

 

センター国語の選択肢が良質であるが故、選択肢にミスリードされてしまうことも要因だと思います。

 

前提として「本文中の根拠をもとに」、答えは1つなので、基本選択肢を疑ってみる。

絶対に正しい部分には○をつけて、加点法でも判断してみる。

 

もし、内容が全く分からないのであれば、定義される条件や対立を書き出してみる。これらも一つの策になるかもしれません。(時間に要注意!)

 

選んだ答えを聞いてみると、一致しているか、2つに割れていることが多いです。

 

本文を読んだ上で、選択肢を吟味していれば、選びようがない選択肢もありますが、それでも2つまで絞れたけど、1つに絞り切れない、ということがあれば、再度本文と設問をよく見ましょう。

 

内容は合っていても、「問いの答えになっていない選択肢」の場合もあります。

 

来週、社会の補講実施予定のため、「現代文を解こう!の会」の活動は年末休講期間のどこかで行えれば、良いと思っています。

 

 

    大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

    配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

    【1月の配信内容】

    高校2年生向け:大学受験を一般受験する高校2年生が1月に知っておくべき2つのコト
    高校3年生向け:高3のEDIT STUDY生の場合、1月時点の状況はこうなる!
    保護者の方向け:高校2年生のお子様をお持ちの保護者様が今の時期に知っておくべき2つのコト

    以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


    ご氏名 (必須)
    学年
    メールアドレス (必須)