町田校【合格進行記】第十二回 ~近況報告~

受験本番が近づいてきた町田校。
授業のない日にセンター過去問や模試を解く生徒の姿が多くなってきました。

「もう解いていない問題集が町田校にはないのではないか?」

という勢いで規則的に演習に取り組んでいる生徒もいます。

授業の中で、常に言い続けていることですが、

「一度間違えたら、もう二度と間違えない」 この精神を大事にすること。

「何故、間違えたのだろう(何故、その選択肢が選べるのだろう)」 考えること。

演習の結果で一喜一憂している姿も風物詩ではありますが、これらの精神を大事にして、演習に取り組んでいる生徒は、着実に成果が出てきており、徐々に点数が高い水準で安定するようになってきています。

基礎知識あっての演習ではありますが、演習で形式になれる、ということもとても大切です。

英語は安定してきたけど、国語が安定しない、社会の点数がとれない。
見たことはあるけど・・・いざ問われると、間違い選択肢にミスリードされてしまう など、それぞれの悩みはあると思います。

普段のテストも含めて、演習は「受けたら受けっぱなし」にせず、一つずつ間違えたところ潰していき、自分の糧にする。当たり前のことですが、これらを継続している生徒が合格を掴み取ります。

例えば、英語(長文)で考えてみると
「問題が何故解けなかったか」

① 単語がわからなかった → わからない単語を減らすべく日々努力
 → 解きながら推測はできなかったか

② 設問や選択肢は訳せているか
 → ここが訳せないと正答は難しいと言わざるを得ません。

③ 最後まで終わらない → 時間が足りない、というのはまだ力不足、日々読み込み!

点数がとれなかったことには、何か原因があり、その原因を一つずつ取り除かないことには解決になりません。
完璧にすることは出来ませんが、軽視していると、思わぬところで足をすくわれてしまいます。

センター試験まで、あと50日をきりました。

時間は待ってくれませんので、ここでの踏ん張り、頑張りが結果を左右します。

「あと50日もない、でもまだ50日くらいある。と必死に頑張ろう!」

と、町田校の生徒には、日々檄を飛ばしています。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)