2024年合格実績速報!

法政大学社会学部進学!Y・Mくん(糸島高校)

・合格校

法政大学社会学部

亜細亜大学国際関係学部

 

 

講師)こんにちは。法政大学合格おめでとう!

 

Mくん)ありがとうございます!

 

講師)Mくんはずっと頑張ってたよね。今日はそのあたりの話を聞かせてください。

 

Mくん)よろしくお願いします。

 

◇ 現役時代の話

講師)早速ですが、今年の浪人生活を振り返る前に、それ以前、高校時代の話を聞かせてください。

 

Mくん)そうですね、受験勉強は高39月から始めました。日本史は自分で覚えればいいかと思っていたので、英語と国語を個別指導のトライで教えてもらってました。あの辺は九大生がたくさんいて、僕も九大生に教えてもらっていました。

 

講師)そうだったんだね。スタートとしては結構遅いけど、どこを受験したの?

 

Mくん)あんまり大学受験に熱心な高校ではなかったので、なんとなくやってる感じでしたね。福大と西南だけ受けて、普通に落ちました。

 

講師)うん、西南はもちろん福大もしっかり勉強しないと普通に落ちるよね。ただ、Mくんの学力なら行こうと思えば行ける大学はあったと思うけど、どうして浪人しようと思ったの?

 

Mくん)それはですね、せっかく親にお金を払ってもらって塾に入れてもらったので、できるだけいいところに行きたいという気持ちが出てきたからです。ただそれだけですね。

 

講師)そうなんだね。親御さんの期待に応えたいというか恩に報いたいというか、そんな感じですかね。そのまま個別指導のトライを続けるつもりはなかったの?

 

Mくん)なかったですかね。最初は独学で進めていくイメージでした。

 

◇ 塾・予備校選び

講師)独学か。ハードな道を行こうとしてたんだね。そこからどうしてEDIT STUDYの面談に来ることになったの?

 

Mくん)EDIT STUDYはお母さんが探してきてくれました。それでも、僕はやれと言われてもやらないタイプなので、ひとりでやりたいと思ってました。

 

講師)たしかに今年もそんなタイプだったよね。それがなぜEDIT STUDYに入ろうと思うようになったの?

 

Mくん)それはですね、体験授業で五文型やるじゃないですか?あの授業を受けて「なるほど」と思いまして、自分ひとりだとわかってないところがわかってないことに気付きました。それまでも五文型の名前は知ってましたけど、使い方が全然わかってなかったので。

 

講師)そうだったんだね。

 

Mくん)はい。その後も2回ほど体験授業を受けて同じ印象だったので、ここに入塾して頑張っていこうと決めました。

 

講師)自分に足りないものをきちんと把握するのは簡単なようで難しい。成長できる人に共通する要素だね。そうやって塾での勉強が始まったわけだけど、ずっと順調だった?

 

◇ いいときと悪いとき

Mくん)いや、順調じゃなかったですね。特に僕は現代文ができないと自覚していたので、塾のカリキュラムと並行して『実況中継』や語彙力強化、漢字、問題演習などを自分で進めていたんですが、やってもやってもなかなかMARCHの過去問で7割を越えませんでした。

 

講師)英語も現代文も演習を頑張ってた印象があります。EDIT STUDYの考え方としては暗記事項がそのまま点数になりやすい科目から強化していく方針だけど、個別に課題で進めていくサポートもやっていくというスタイルです。やってみてどうだった?

 

Mくん)なんとも言えない感じですね。結果的に克服できて無事法政大学に合格できたんですけど、何をやったからできるようになったかと言われてもこれと言えるものはないです。量でなんとかなったという感じです。

 

講師)実は現代文に関してはほとんどの人がそう答えるんだよね。いろいろやってみたけど、どれが効いたというより単に慣れたと。特に短期決戦の大学受験において現代文は「習うより慣れよ」が正解だと思います。

現代文では苦労したMくんだけど、順調だったものはある?

 

Mくん)これは日本史ですね。共通テスト模試の日本史で90点以上取れたことはすごい嬉しかったです。そんな点数は取ったことなかったので。

 

講師)ここの塾だと共通テスト日本史90点以上はそれほど珍しくもないんだけど、成績が急上昇するのでやってて気持ちいいよね。なにかコツはつかめた?

 

Mくん)コツは特にないんですが、塾のテストでやらされて、あ、やってくれたので伸びたって感じですね。

 

講師)やらされて(笑

やっぱりやらされてる感はあった?

 

Mくん)ありましたね。次から次にテストという感じだったので。でも気付いたら点が伸びててびっくりしました。

 

 

◇ 日々意識していたこと

講師)EDIT STUDYは「覚えるだけで点数になるもの」に関しては強いよね。さて、順調なこともそうでないこともあった一年だと思いますが、日々意識していたことはありますか?

 

Mくん)うーん、そうですね、最低11回は勉強するということは決めていました。何もやらずに時間だけ過ぎていく日は一日も作らないという気持ちで取り組んでいました。

 

講師)なるほど。それはなにか理由があるの?

 

Mくん)振り返ると、高校受験のときはあまり勉強せずに友達を遊んでばかりいて、去年高3のときも結局どこも受からなかったので、このまま変わらずにいたら浪人して全落ちするかもしれないという危機感が出てきたんですよ。

 

講師)受験生としての自覚が芽生えたのか。

 

Mくん)はい。塾に行かせてもらってお金もかかってるし、東京に行きたい気持ちもあったし、今年こそはという気持ちで臨みました。

 

講師)だから年度初めに坊主にしてきたのね。

 

Mくん)はい、ほかにも気合い入れて坊主にしてくる子がいると思ってたんですが、誰もいませんでした。とにかく現役のころは学校のクラスでも最下位だったので、気合いは入れておきたかったんですよね。

 

◇ 浪人生活を振り返って

講師)いい心がけだと思います!

そんな覚悟をもって始まった浪人生活ですが、振り返ってみてどうですか?

 

Mくん)そうですね、自分なりに頑張ったんですが、もうすこしやれたところはあるかなと思います。特に日本史に関しては『用語集』を使って語句に関する詳しい説明を理解するような勉強をしておくべきだったなと。

 

講師)センター試験レベルだと常に90点は越えている感じだったけど、MARCHや早稲田となるともう一歩踏み込まれるもんね。

 

Mくん)そうですね。早稲田に関しては普段の勉強から1点にこだわる意識を持っておかないと厳しいと感じました。

 

講師)本当に微妙な差で合否が分かれるよね。今のは反省点だとして、よかった点はある?

 

Mくん)英文はかなり読み込みましたね。毎日しっかりやれたので英語はめちゃくちゃ伸びました。

 

講師)共通テスト英語Reading90点取れてたよね。

EDIT STUDYでの日々の勉強はイメージ通りだった?

 

Mくん)だいたいイメージ通りでした。自習室がきれいで静かだったので集中して自習ができたのは大きかったです。あとは同じテンションで、同じ目標を持って一緒に勉強できる仲間がいたのも大きかったです。

 

講師)何人かでグループができて一緒に勉強してたね。

 

Mくん)勉強仲間の存在はすごくプラスになりました。そこは最初は想定していなかったですけど、ここのいいところですね。

 

講師)そうだね、ひとりで黙々とやる子はやるし、仲間と切磋琢磨したい子はそうする。うまく棲み分けできてたね。では、最後にこれからの受験生に向けてアドバイスをもらえますか?

 

◇ これから受験する人たちへアドバイス

Mくん)まずスマホゲームは絶対やらない方がいいです。だいぶハマってた自分が言うのもなんですが、ちょっとやらない期間があればすぐにやらなくなります。なので、今すぐやめましょう。

 

講師)力強いアドバイスありがとう。Mくんはどうやってやめたの?

 

Mくん)僕は追い込み時期になって時間がなくなったのでやめましたけど、一週間スマホを親に預けるとかで一瞬でやめられると思います。

 

講師)具体的でいいね。他に言い残したことはない?

 

Mくん)出願の際は最後の最後まで志願者速報を見て判断する、ですかね。

 

講師)そうだね。それはEDIT STUDYの出願戦略動画でも強調してるところで、出願を含めてベストを尽くすのは大事です。あとは大丈夫ですか?

 

Mくん)最後に、日本史の暗記量はすさまじいので最初から全力で取り組んだ方がいいです。気合いを入れてスタートしましょう!

 

講師)熱いメッセージ、大変参考になるね。

今日はインタビューに答えてくれてありがとう!東京でも頑張ってください!

 

 

※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

あなたにあった大学受験サービス診断!