2024年合格実績速報!

早稲田大学社会科学部進学!K・Yくん(千葉西高校)

・合格校

早稲田大学社会科学部

明治大学 国際日本学部

法政大学 国際文化学部

法政大学 社会学部 社会政策学科

獨協大学 法学部 総合政策学科

東洋大学 国際学部 国際地域学科

亜細亜大学 国際関係学部 国際関係学科

 

 

講師)合格おめでとうーーーーー!

 

Kくん)ありがとうございます。

 

講師)しっかり早稲田決めたね。今日は合格者インタビューよろしくお願いいたします。

 

Kくん)よろしくお願いいたします。

 

講師)今日社学の発表で、発表を見た興奮そのままに報告に来てくれたわけだけど、じゃあまずは合格発表の時の心境から聞いていこうか。実際に合格を見た時はどんなテンションだった?

 

Kくん)心臓が飛び出るかと思いました。直前まで合格の発表までドキドキしてたんで、発表になった瞬間にも、張り裂けるような感じでびっくりして「合格―――――!」って叫んでましたね(笑)

 

講師)Kくんがそこまで興奮するのは想像できないな(笑)保護者様はどんなリアクションだったの?

 

Kくん)ちょうど父がリモートで自宅で仕事していたので、発表見たまま報告に部屋に入って伝えましたね。そしたら、父も「凄いな!」って喜んでくれました。父は一度大学に入ったんですが早稲田を目指して再受験しました。それでも早稲田には届かずって感じで、中央大学の法学部に進学しました。なので家族の中で一人前として認めてくれた印象でした。

 

全落ちからリベンジを誓って始まった浪人生活

 

講師)凄く心温まるエピソードだね。てか中央法学部はもはや早稲田レベルだし、法学部の最高難度で相当素晴らしいけど、そのお父さんに認めてもらえたのは嬉しいね。ちなみに結果的に早稲田合格を見事勝ち取ったわけだけど、去年の入塾から振り返っていこうか。昨年EDIT STUDYの入塾面談に来た際はどんなテンションだったの?

 

Kくん)そうですね、全落ちで悔しかったんで、どこの大学でもいいから合格したいっていう気持ちがあって、できれば MARCH に合格できればいいかな、みたいなそんな心境でしたね。

 

講師)そこからどのタイミングで「早稲田」を意識し始めたの?

 

Kくん) YouTube とか見てて、なんとなく高学歴っていう早稲田が「かっこいいなー」っていう、合格したいなって気持ちがだんだん上がってきたので本格的に勉強しようかな、と思ってやりましたね。でも実際5月ぐらいの英語のクラスで、総復習テストの結果で下のクラスに行っちゃって・・・。その時にやっぱり「巻き返したい」という気持ちがあったのでかなり強く意識し始めましたね。

 

モチベーションアップのキッカケになった総復習テスト

 

講師)確かに総復習テスト(クラス分けテスト)で一番上のクラスから1つ下のクラスに下がるっていう悔しい思いを経験したもんね。逆に言えば、あの悔しさがあったから頑張れたのもある?

 

Kくん)実際それはありましたね。「あ、やっぱまだまだ甘いな」っていうか。あそこで切り替えが出来たのは大きかったと思います。

 

講師)確かに多くの逆転合格を掴み取った人が総復習テストや定期的なレギュラーテストの重要性は良く語ってくれるね。ちなみに辛かった時期とかは具体的にあったりする?

 

Kくん)英語と国語が安定しない時期ですかね?やっぱり世界史はどんどん、ぐんぐん伸びていってたんですけど、英語がまだ安定しない時期が少しあったんで「本当に受かるのかな?」っていう感じでしたね。英語の長文とかがたまに痛いミスとかしちゃったり、国語も自分が選んでるのと答えが違くて、「なんでこれ間違ってんだろ」みたいな。

 

 

講師)なるほどね。成長を結果で感じられないと不安になるよね。ちなみにどうやって乗り越えたの?

 

Kくん)そういう時は「これはその時だけに起こった出来事だ」って見るようにして、割り切って本番に全て出し切ってって感じで切り替えてましたね。

 

講師)なるほどね。ほかに上手く切り替えが出来た方法とかってある?

 

Kくん)まあ世界史は、ほとんど趣味みたいな感じで勉強してたのであんまり勉強するっていう気持ちはなかったんですね。英語と国語で気分転換に世界史勉強して、「自分できてんじゃん」みたいに自己肯定感を上げてあげる感じて切り替えてましたね。

 

講師)素晴らしいメリハリの付け方だね。ちなみにEDIT STUDYのカリキュラムやサポートで役に立ったことはある?

 

Kくん)やっぱり現役時は勉強しようにも、言い訳とか誘惑に負けちゃってスケジュール管理みたいなものが出来なかったので、そういう最初からスケジュールが組んであったのは助かりましたね。カリキュラムとか合格保証とかそういうゴールみたいのが設定されてると、ちゃんと勉強しなきゃっていう気持ちになって、結果的に勉強できましたね。あとは英語とかも基礎が大事で SVC とか、そういう基本的なところを落とさずに授業でも心がけてやってると、英語力も上がってきてるって言うのは実感できたんで、授業も大切にしてました。

 

カリキュラムと1on1面談が合格への最短ルート

 

講師)早稲田に受かったKくんでもスケジュール管理を自分でこなすのは難しいよね。ちなみにほかに役に立ってたものってあったりする?

 

Kくん)結構役に立ってましたよ。少人数の雰囲気もそうだし、1on1面談もそうですし。やっぱり自分がどの立ち位置にいるのかっていうのが、確認できますし、去年いた大手予備校だとそういうのが分からないですけど、少人数のクラスで毎日テストもあるので自分の立ち位置も把握出来ましたし、1on1面談の中で自分の進捗状況も確認できたので良かったですね。

 

講師)確かに1on1面談では事あるごとに自分自身の立ち位置や進捗は確認してくれてたもんね。大学入ってやりたいこととかってあったりする?

 

Kくん)まずは一応、第一志望であった国際情報とか国際系の勉強も早くしたいなと思っているので、早稲田でもそういう勉強もしたいなと思ってますね。

 

講師)確かに、Kくんは入塾当初から国際関係や語学関係へのこだわりが強かったもんね。じゃあ早稲田合格以外に10カ月の浪人生活を通してKくんが得たものを教えてください。

 

Kくん)やっぱりメンタル的な部分はだいぶ成長できたなって感じますね。実際英語のクラスの試験とかで一回落ちちゃったりした時にも、やっぱりメンタル的な部分は自力で回復出来ましたし。合格マインドを思い出して、頑張れた部分は成長したと思いました。

 

講師)えっ?Kくんってそういうの落ち込むタイプなの?意外かも!

 

Kくん)イヤ、結構落ち込んじゃうタイプですよ(笑)それに、どちらかというとEDIT STUDYだから頑張れたッて感じで。EDIT STUDYってレギュラーテストが毎日あるじゃないですか?だから落ち込んでも1on1面談や合格マインドで立て直して、また日々コツコツと頑張っていった感じです。

 

講師)なるほどね。Kくんにも1on1面談や合格マインドは役に立ったてわけだ。

 

Kくん)だいぶ役に立ってましたよ!

 

講師)何よりです。では最後に将来早稲田を目指して浪人するかもしれない人や、高校が進学校でなくても逆転を狙いたい人もいると思うので、そうした未来のEDIT STUDYの後輩たちに向けてメッセージをお願いします。

 

Kくん)早稲田は全教科点数取れないと、どうしても落ちちゃうので、どの教科も授業を大切にしてほしいなって言うことですね。後はスケジュールをしっかり守って、もちろんだらけてしまうこともあると思うんですけど、ちゃんと早稲田っていう想いがあれば合格できると思うんで、最後まで頑張って欲しいですね。最後に僕は浪人して成長できたとこがいっぱいあったんで、本当にこの塾に入塾出来て良かったです。

 

講師)お手本のような締め方でありがとう(笑)本当におめでとう!!全力で楽しんでね!

 

Kくん)ありがとうございました。

 

 

※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

あなたにあった大学受験サービス診断!