早稲田大学人間科学部進学!Y.K.くん(豊多摩高校)吉祥寺校2018

〇今年度合格校
早稲田大学人間科学部健康福祉学科合格!
明治大学経営学部合格!
明治大学法学部 法律学科合格!
立教大学社会学部メディア社会学科合格!
立教大学法学部合格!
法政大学キャリアデザイン学部合格!【セ】
日本大学法学部法律学科合格
!

村山)早稲田合格おめでとう!

Kくん)ありがとうございます!

村山)Kくんは早稲田以外にもいろいろ合格を重ねてたけど、今年のMARCH受験でここまで合格を重ねるのは珍しいケースだったよ。今日はぜひ合格のコツを教えてもらえれば。

Kくん)僕でよければぜひ!よろしくお願いします。

◇2018入試の手応えと進学先選び

村山)まずは今年の受験の手応えとしてはどうだった?

Kくん)そうですね、正確に自己採点はしてないんですけど、明治と立教は普通に手応えがあって、終わったときに受かったかなというのはありました。ただ、やっぱり早稲田は甘くなかったですね。

村山)センターも高得点でまとまってたし、MARCHに関しては全勝だもんね。立教法学部と早稲田人科で迷って相談がきたけど、最終的に早稲田人科に決めた理由は何だったの?

Kくん)もともと中学生くらいから漠然と早稲田かっこいいなと思ってたというのがひとつ大きな理由です。先生との相談の中でも出たんですけど、変な人がいっぱいいるというのが僕の中ですごく魅力的でした。

村山)立教はクールな優等生のイメージだもんね。実際、早稲田生は東大落ちの受験エリートから内部進学、地頭だけで押し切った層からさらには気合い十分の逆転合格組まで本当に多様な学生がいる印象があるよ。

Kくん)僕は基本的にずっと勉強できない層に属していたので、早稲田の雑多な感じの方が合うと思いました。

落ちこぼれだった中高時代

村山)勉強できないってのは最初から言ってた記憶があるけど、中堅校の中では上位に分類される都立豊多摩高校にはどうやって入ったの?

Kくん)中3の一年間だけめちゃくちゃ勉強して、一気に偏差値を30くらい上げて進学しました。でも高校ではほとんど勉強しなかったので、卒業時点ではまた成績最下層の方に追いやられていました。

村山)そうだったんだね。ではこの塾を選んだのは高校受験の大逆転を再び、という感じかな?

Kくん)現役のときは河合塾に通っていたんですが、僕の性格上、大手は向いてないということがわかって、でも何が何でもMARCH以上は入りたいということで、最初は城南予備校を検討していました。

村山)性格上向いていないとは?

自分との相性を大切にした塾選び

Kくん)計画がないと勉強できないんですよね。やると決めたらやるんですけど、きっちりした計画に沿ったカリキュラムで管理してもらいながら進めたいという気持ちがあって、丁寧にやってくれそうな印象があった城南予備校が候補になっていました。

村山)なるほど。では逆になぜ城南予備校をやめてうちに来たの?

Kくん)城南の体験授業に行ったら「志望校を2ランクアップさせる!」というようなことを言われて、結構意味わかんないなと思ったんですよね。すごい下の方を目指している人ならわかるんですけど、MARCHとか早稲田志望だと2ランクアップってどこなのかなと。あと、計画通りに進めるという感じではなかったのでどうしようかなと思っているときに、母親がここを見つけてきてくれました。

村山)やはりお母さんの情報収集力はすごいね。

Kくん)はい(笑
それで面談と体験授業に来たら、毎日テストがあるから勉強せざるを得ない環境だし、カリキュラムもきっちり固まってて納得できたので、ここにしました。

 

テスト中心の超圧縮カリキュラムとは

 

村山)結果的には良い選択になったね。入塾時の成績はどんな感じだったっけ?

大幅に成績を伸ばして私立一般入試へ

Kくん)センターでいくと英語が140点、国語は忘れたんですけどそこそこ取れていて、世界史は40点台でした。

村山)今年は英語182現代文76世界史91だったから、大幅に伸びたと言えるね。受験結果だけを見ると余裕の受験だったような印象もあるけど、本人としてはどう?

Kくん)いや、正直ギリギリでした。12月前半くらいまでMARCHも危ないかもと思っていましたが、年末の塾内模試で「あれ、英語読めるかも」という感覚が出てきて、センター前日にやった英語マーク模試で196点を取ったときに、「あ、これはいけるな」と思いました。自信がつきましたね。

村山)それは受かるわ。
では、一年を振り返って意識していたことは何かある?

気持ちで走り切った一年

Kくん)当たり前なんですけど、毎日のことをちゃんとやることですね。中学のときの塾の先生に教えてもらって自分の中で大切にしている言葉があるんですけど、とにかく不合格だったときに言い訳をしたくないという気持ちは常に持っていました。

村山)Kくんはいつもニコニコしてるけど芯は強いという印象があったのは考え方がしっかりしているからかな。その大切にしている言葉ってどんなのか教えてもらえれば。

Kくん)結構有名なやつなんですけど、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」です。特に後半の「成らぬは人の為さぬなりけり」というのが自分としては大切だなと思っています。

村山)いい言葉だね。健康的な考え方だし、何より真実を反映しているように思います。では、そうしてひとつひとつ積み重ねていったKくんだけど、ズバリ大量合格の秘訣は?

Kくん)英語が読めるようになったことです。特に年末以降は英語を英語のまま読むという感覚がつかめたので、一気にスピードアップしました。

村山)英語が高め安定すると私文受験では強いよね。勉強としては何が効いたと思う?

毎日の「読み込み」で英語読解スピード向上

Kくん)「読み込み」ですね。周り見てると意外とちゃんとやってない人がいたんですけど、僕は必ず毎日読み込みをやっていました。読み込みってついダラダラやってしまいがちなので、かなり意識的にメリハリをつけて、めっちゃ頭使いながら集中して取り組んでたのが確実に効きました。

村山)そう、読み込みはちゃんとやるとすばらしい結果を生み出すのは確実なんだよ。ただ、言うは易し行うは難しで、何回言ってもやらない子はやらないんだよね。

Kくん)そこはもう本人次第ですよね。塾では何回も重要性を説明してくれるわけですから。

村山)そこは納得してもらえるまで何回も言い続けるしかないかなとは思う。では、塾の授業に関しては何か感想はあある?

集中力と理解度が高まる対話式授業

Kくん)対話式授業はすごくよかったです。他の人も言ってますが、いつ当てられるかわからないというスタイルは集中力をもって受けられるので僕には合ってました。


集中力が途切れない少人数対話式授業とは

 

村山)そう、こっちもやってて楽しいんだよね。いろんな意見が聞けて。

Kくん)生徒側としても他の人がどう考えてるのか聞けるのは楽しかったです。さらにそれに細かく先生が答えてくれるので理解が深まりましたね。

村山)全体的にKくんにとってはいい塾だったようで何よりです。それでは最後に、これから受験する子たちへのアドバイスを何かもらえれば。

Kくん)僕は気持ちで頑張ったタイプなので、そういう人には目標があった方が頑張れると思います。ただ、「MARCHのどこか」とかは具体性がなくて逃げ道も多いので個人的にはNGで、「絶対に早稲田大学に行きたい!」というように自分の気持ちをしっかり持って挑むと成功しやすいと思います。

村山)受かる人って当たり前のことを当たり前にやってる人が多いよね。Kくんも王道を正々堂々と歩んだ受験だったと思います。あらためて早稲田合格おめでとう!今日はありがとう!


大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)