【2021年6月更新】青山学院大学に合格するために必要な勉強

こんにちは。EDIT STUDYです。今回の記事ではGMARCHの筆頭である青山学院大学に1年間の受験勉強で合格するために必要な勉強時間と勉強法(青山学院大学に合格するために必要な勉強)に関してお話ししていきたいと思います。

※コラムの最後に青山学院大学の具体的な英語の問題形式や対策を記載してあります。

必要な勉強時間

これは個人差が大きいため一般化することは難しいですが、ある統計によると青山学院大学に合格するための年間勉強時間→2400時間程度とされています。当然スタート時点での学力にもよりますし、無意味に時間だけかければいいというものではありませんが、「4月~本番までの約10か月間、毎日平均8時間程度は受験勉強に費やしている」と考えると学力云々に関係なく、過去にEDIT STUDYから青山学院に合格していった人たちはそれくらいの勉強はしていたように思います。

ただし重要なのは「10か月間モチベーションを保ち、使える時間を全て受験勉強に費やす意識」であり、「限られた時間の中で何の勉強をどう行うか」であって、上記の2400時間という数字にはさほど大きな意味はありません。そのため特に現役生の方々にとってはいきなり1日8時間と言われたところで、学校等もあり中々現実的ではないかもしれませんが、その点は安心して頂ければと思います。

青山学院大学に1年で合格する勉強方法とは

さて、今回は後者の「方法論」について書いていきたいと思いますが、最も重要なことは「基礎を徹底的に完成させること」です。

 

青山学院大学に関してはGMARCHの中でも新入試による入試改革で変化点はありますが、「基礎」の重要性は他のGMARCHの大学とも共通で必要になります。ではなぜそう言い切れるのか?まずは最初にこちらの根拠に関してお話ししていきたいと思います。

 

上記表は青山学院大学の法学部の例ですが表を見ると分かる通り、確かに青山学院大学は新入試対応で出題形式や問題構成が変わりました。大きく変わったのは「独自問題」の部分でA方式でもB方式でも「独自問題」の配点は全体の500点のうち200点になります。残りの300点「共通テスト」のスコアになります。つまり「共通テスト」で3科目で8割程度は最低限取れる「基礎学力」が必要になるということです。そして「共通テスト」のスコアが必須になる募集人員で言うと下記の表のとおりです。

 

 

つまり青山学院大学を第一志望で目指す場合、どの学部でも「共通テスト」3科目で8割程度の得点力が見込める「基礎学力」が必須になるわけです。そして上記表の25.9%で「共通テスト」スコアが不要な入試方式も経済学部など出題傾向や入試方式を変更せず、従来を踏襲する方式でそのほとんどが「基礎学力」を必須としています。だからこそまずは「基礎を徹底的に完成させること」が必要になるわけです。

 

※参考までに経済学部の大まかな問題構成は下記の通りです。

 

・基礎知識で解答できるもの→70%~80%
・基礎知識を応用する必要があるものや難解な知識を問うもの→10%~15%
・奇問やカルト問題と呼ばれるようなもの→5%程度

 

こうした問題構成、配点比率を理解せずに一緒くたに考えている人は意外と多く、「やっぱり青学の対策は教養や思考力を磨かないと」と誤った考えで勉強を進めてしまう人が多くいます。ですが、実際はまずは配点の半分以上を占める「共通テスト」などの「基礎問題」をしっかり落とさずに取れる「基礎学力」を身に付けることが重要です。

青山学院も配点の半数以上は「基礎問題」

では具体的に難関大学のGMARCHの筆頭である青山学院大学で合格を掴むためにどうすれば良いか?先ほどお伝えした通り、教養や思考力を必要とする「独自問題」だけで構成されているわけではなく配点の半数以上は「共通テスト」などの基礎的な知識の問題で構成されています。

青山学院大学志望者はこの「独自問題」対策に労力をかけようとする傾向があるのですが、本当に大事なことは「全体の60%以上を占める共通テストなどの基礎問題を確実に完答し、独自問題の正答率を可能な限り上げること」です。これについても当たり前だと思われるかもしれないのですが、「基礎問題を確実に完答」の部分を当たり前に出来ている人は世の中的には意外なほど少ないです。

私大入試の難化傾向のあおりを受け、難関私大のGMARCHの筆頭である青山学院大学の試験ではリアルに1点を争う勝負となります。そのため配点比率の高い「共通テスト」などの基礎問題を7割正答程度の習熟度では全く話にならず、文字通り「完答」レベルまで持っていくことが青山学院合格の必要条件になります。

基礎の完成は9-10月を目安に

この「基礎の完成」は時期としては9月~10月頃を目安にしましょう。青山学院大学の入試は学部や入試方式(A方式やB方式など)によって「独自問題」の傾向と対策が異なるため、過去問演習を重ねることが重要です。

ただし、過去問演習を繰り返したからと言って「独自問題」の成績が爆発的に上がるわけでもありません。過去問対策はあくまでも「独自問題」に対するアウトプット対策であって、青山学院大学の学部や入試方式ごとの「独自問題」の問題構成やレベルに慣れるのが目的になるからです。

青山学院大学に限らず難関大学では「思考力」を問うような出題も見られます。演習を行う際は勿論のことですが、常日頃から「なぜそうなるのか」を考える習慣を意識しましょう。これが青山学院大学の「独自問題」の対策にも直結します。

 

 

英語に関して

上記「青山学院大学に合格するために必要な勉強」を英語に照らし合わせてご紹介しておきます。

早く正確に読む

 

青山学院大学に限らずほとんどの大学に言えることですが、まずは「速く正確に読む」ことを目指さなければなりません。青山学院大学の場合は「共通テスト」で8割以上の得点率が必要になるため、特に必須になります。これは旧センター試験の英語が4000単語前後の問題構成になっていたのに対し、昨年度の共通テストの英語では総単語数が約5400単語に引き上げられ、解答時間は同じ80分というのを見れば一目瞭然です。異論もあるかもしれませんが、「共通テスト」のリーディングは基本的に「読めれば解ける」問題です。

 

青山学院の配点を考えればこの「読めれば解ける」性質の共通テストの問題で7割程度も取れない様ではまだ青山学院を受験できる状態ではありません。やはり8割以上は取れる状態、つまり「早く正確に読む」ことを習得する必要があります。

 

中には英単語や熟語、文法問題集を使ったインプット作業に偏りすぎた勉強をしている人もいますが(いかにも受験勉強という感じがしますね)、特に私立文系においては「読む」ことを重視していかなければ青山学院どころか日東駒専や成成明学獨國武も突破できません。

 

重要な「文法事項」について

 

さて、「読む」ことを重視はしますが、その前にまずは最低限の文法事項を確認しましょう。ここで大事なことは「読むための文法事項」「文法問題用の文法事項」をざっくり分けて考えることです。例えば仮定法過去を知らなくても英文の大意は読み取れますが、To不定詞や分詞を知らない場合は英文の解釈に著しく支障をきたします。この「読むための文法事項」については、当塾ではかなり基礎的な部分も含めて4月の上旬に扱っていきます。

 

ある程度文法を押さえたらあとはひたすら読みましょう。語学の基本は慣れです。具体的な素材としては『速読英単語』シリーズがオススメで、必修編から始めるのがよいです。

 

基礎の徹底

 

青山学院をはじめとした難関大志望者だといきなり上級編から始める人もいますが、余程ベースが出来上がっている人以外は必修編からの方が無難です。掲載されている単語や文章のレベルは確かに共通テストレベルではありますが、「基礎の穴を徹底的につぶす」ことが非常に重要ですので、通常はここから始めていきましょう。

 

要点は「文法的な観察眼をもってとにかく量を読み込む」ことです。ただ単語の拾い読みをしているだけでは、ほとんど意味はありません。また、構造をほとんどとれないような状態も、結局は単語の拾い読みとなってしまい意味がありません。ではどうすれば良いか?弊塾でおススメしている勉強方法が「読み込み」という勉強方法になります。

 

上述した「読むための文法事項」に必要なのは五文型、接続詞・関係詞、To不定詞、分詞という4つの基礎文法です。この4つの基礎文法を理解できていると全ての英文の構造が把握できます。そして書いてある通りに意味を取れるようになれば「読むための文法事項」の型が完成します。あとはこの型を意識しないでも完璧に使いこなせるようにする作業が必要です。この型を身に付けるための作業が「読み込み」という勉強法です。



読み込みという英語勉強法自体がそれほど一般的ではありませんので先に説明しておきますと、読み込みとは①「一度完璧に文法的に精読した英文」②「音源を聞きながら繰り返し読む」というシンプルな勉強法です。

 

上記の「読み込み」は毎日行います。まじめに2~3か月もやれば、かなりのスピードで英文が読めるようになっているはずです。単語も大体覚えているころです。理想は夏頃にはコンスタントに共通テストで7割~8割程度取れるようになっていることで、そうなるとかなり青山学院合格には近づきます。

 

英単語帳は定番のものであればお好みでよいと思いますが、青山学院はじめGMARCHレベルまで目指すのであれば単語王くらいのレベル感がおすすめです。どの単語帳を使うにしろ、大事なことは1冊をやりこむことです。現役生で単語王に手を出すほど余裕がないという人は、上記読み込みで『速読英単語』シリーズの単語がマスター出来ればGMARCHレベルに関しては十分です。

 

ちなみに上記クラスの単語帳を完璧に覚えたとしても、青山学院(独自問題に関して)をはじめGMARCHの入試問題でも見たことのない単語にしばしば遭遇することになります。そのためある程度「意味を推測」しながら読む必要があり、その辺りは訓練と慣れですがベースは上記の「読み込み」作業の延長線上にあります。

 

GMARCH志望で時々英検準1級用の英単語帳を使っている人を見かけますが、さすがにオーバーワークだと思いますのでお勧めしません。上述の大学受験用の単語帳を完璧に仕上げましょう。

 

学部ごとの過去問演習

 

青山学院大学は学部や入試方式によって傾向がそれぞれ異なりますので、ある程度共通テストレベルが仕上がったら過去問演習に入りましょう。時期的な目安としては10月までは徹底した基礎固め、共通テストの得点率を仕上げ、10月からは青山学院大学の各学部、入試方式に合わせて「独自問題」の対策が必要になります。A方式でもB方式でも学部に特化した科目横断的な問題になりますが、ここは昨年度の過去問対策や昨年時点で発表されていた参考問題で対策を進めるべきです。

 

形式によってはそれなりのアウトプット対策が必要ですが、青山学院大学がHPでも各学部の過去問で対策するよう推奨しているので、過去問を見て傾向や必要とされる科目横断的な知識、どのように解答すれば良いのか?を考える「思考力」が必要になってきます。もちろん、過去問で対策をしつつ科目横断的な知識や教養で知らない内容を確認し、インプットすることも重要です。

 

過去問演習は青山学院合格のためには必ず必要な要素ですが、一方で過去問演習のみしていても合格できるわけではありません。必ずインプットとアウトプットのバランスを適切に取りながら勉強に取り組んでいきましょう。

 

【学習院大学に合格するための勉強法】

【明治大学に合格するための勉強法】

【青山学院大学に合格するための勉強法】

【立教大学に合格するための勉強法】

【中央大学に合格するための勉強法】

【法政大学に合格するための勉強法】

【日本大学に合格するための勉強法】

【東洋大学に合格するための勉強法】

【駒澤大学に合格するための勉強法】

【専修大学に合格するための勉強法】

【成蹊大学に合格するための勉強法】

【成城大学に合格するための勉強法】

【明治学院大学に合格するための勉強法】

【獨協大学に合格するための勉強法】

【國學院大学に合格するための勉強法

【武蔵大学に合格するための勉強法】

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)