立教大学コミュニティ福祉学部進学!N.T.くん(東京電機大学付属高校卒)2017

〇今年度合格校
立教大学コミュニティ福祉学部【セ】!
法政大学現代福祉学部【セ】!
法政大学人間環境学部【セ】!
神田外語大学外国語学部英米語学部【セ】!
専修大学現ネットワーク情報学部【セ】!
武蔵大学経済学部【セ】!
東洋大学経済学部【セ】!

〇昨年度不合格校
立教大学・経済学部
武蔵野大学・経済学部

 IMG_nt2 

村山)久しぶり!立教合格おめでとう!

N.T.くん)ありがとうございます。
去年からの第一志望だったので本当に嬉しいです!

村山)いや、本当よかったよ。
Tくんはセンターで一気に押し切った感じだったね。今日はこの一年間を振り返って少し話を聞かせてもらえれば。まず、Tくんは途中入塾だったよね?

◇増田塾を辞めての途中入塾

N.T.くん)はい、最初は吉祥寺の増田塾に通っていました。

村山)一回入った塾を辞めて来るってなかなかすごいことだよね。順を追って聞いていこうか。そもそもなんで増田塾に入ったの?

N.T.くん)僕自身はあまり塾や予備校のことは知らなくて、母親が春休みに調べてくれてたんですよね。候補として提案してもらったのが、増田塾、四谷学院、東進でした。

村山)ほうほう。私文受験生にありがちな候補だね。その中からどうやって増田塾に決めたの?やっぱり強制自習?

N.T.くん)いや、強制自習はそんなにいいと思ってなかったんですけど、消去法的にというか。東進は浪人に力を入れていないのが明らかだったのでやめました。四谷学院は周りに通ってる友達が結構いたんですけど、その評判が悪かったので最初から検討せず、です。

村山)なるほどね。
うちには四谷学院から流れてくる生徒がかなりいるのでいろいろ聞いてるよ。まあその選択肢なら俺でも増田塾を選ぶと思う。

N.T.くん)そんな感じで増田塾に入って頑張ってたんですよ、4月は。

村山)具体的にはどれくらい頑張ってたの?

N.T.くん)日曜以外は毎日朝9時半に行って21時まで塾にいました。

村山)それは頑張ってるねえ。いい感じじゃん。
そこからなんで辞めようと思ったの?

N.T.くん)なんというか、強制自習というシステムが根本的に合わなかったんですよね。机には向かっているんですけど、「やらされてる感」がすごくて勉強に集中できませんでした。

村山)まあそうだよね。
強制自習を喜んでるのはどちらかと言えば親御さんだから。意志を介在させない努力はコストパフォーマンスが非常に悪い。

N.T.くん)はい。少なくとも僕は無理でした。
一年間分の授業料をすでに全額支払ってたんですが、親をなんとか説得して、DIET STUDYに来ました。

村山)それよく親御さんは納得してくれたよね。。
返金はされるんだっけ?

N.T.くん)されません。でも、大事な一年で後悔したくなかったですし、どうしても辞めたかったので無理を通させてもらいました。

IMG_nt1

◇DIET STUDYを選んだ理由

村山)そうか、親御さんに感謝だね。
それで、なんでDIET STUDYに来ることにしたの?

N.T.くん)友達が通ってて、名前は春休みの最後に聞いてたんですが、その友達がすごくいい塾だって言うので興味を持ってました。自分でも調べたら教え方やカリキュラムも合ってそうだったので、「今度こそ!」という強い気持ちで来ました。

村山)そんな深い事情があったのか。
あらためて、見事結果が出て一安心だねえ。

N.T.くん)本当によかったです。
これで決まらなかったら親に申し訳なさすぎて。。

◇親御さんの言葉と態度

村山)そうそう、今年の合格者インタビューでは親御さんの言葉や態度にも焦点を当ててるんだけど、親御さんは家ではどういう感じで接してきてた?厳しかった?

N.T.くん)僕は家ではまったく勉強せず、自習室だけで勉強してたんですけど、それを見た父親はかなりうるさく言ってきてましたね。もともと厳しい人なので。

村山)まあそりゃそうだよね。塾代二回分払ってんだから普通そうなるよ。
で、どう思った?厳しく言われてやる気出た?

N.T.くん)まったく。ウンザリしてました。

村山)その気持ちもわかる。うるさく言われてやる気が出る人間は、仮にいるとしても、とても稀。黙っておくしかないんだけど、そうもいかないのが人情なんだね。
お母さんはどうだった?

N.T.くん)母は特に何も言ってきませんでした。でも内心は不安だったと思います。

村山)年度中も何回かメールをいただいたよ。「うちの子は口数が少なくて」って。あんまりコミュニケーションを取ってなかったの?

◇群れない勇気

N.T.くん)そうですね。
親だけではなくて、クラスのみんなとも必要以上に仲良くしたくない、というか、しないようにしてました。周りに流されてしまうタイプなのは自覚しているので、群れないように気を付けていました。

村山)それを実行できるのはすごい。
理由は違うけど俺も群れるのは嫌いなので、クラスみんなが仲良しである必要はまったくないと思ってる。受験生は結果を出してナンボ。

N.T.くん)先生はそんな感じでしたよね。淡々と授業して、たまにさらっと「君たちそんなんで受かると思ってんの?」みたいな。

村山)あのクラスのゆるさは大好きだったけどね。
たまに目に余ったときはガツンと言うようにしてた。結果を出すために。

N.T.くん)僕としてはあれが心地いい空気でした。

村山)Tくんは特にサボるでもなく、かといって必死さを前面に出す感じでもなく、黙々と勉強してたように思うけど、この一年を通して大事にしてた言葉とか考え方とかってあるの?

◇内に秘めた熱い気持ち

N.T.くん)うーん、そうですね。。
「最後に勝つのは一番努力した奴だ」ですかね。ナポレオンが言ったとかいう。

村山)意外と熱いのが出てきたな。
そんなことを思いながら一年間黙々とやってたわけだ。かっこいいね!

N.T.くん)小中のときはサッカー、高校のときはラグビーをやってたんですが、体育会気質のようなものはあるのかもしれません。

村山)そうだった、運動好きだったね。
大学でも部活やるの?

N.T.くん)部活はあんまり考えてないですね。スポーツはなにかやりたいですが、いろいろとチャレンジしたいってのが第一です。将来の可能性というか選択肢を広げていきたいです。

村山)ゼロからMARCH以上合格を実現することで?

N.T.くん)将来の選択肢を広げたい!

村山)そういうことですよ。
いい感じにまとまったね。今日はわざわざ時間作ってくれてありがとう。月並みだけど、大学でも頑張ってください!

N.T.くん)はい!
こちらこそ一年間ありがとうございました!

IMG_nt3