日本女子大学 人間社会学部進学! 森さん(高校非公開)2020

合格校

日本女子大学 人間社会学部

成城大学 法学部

昭和女子大学 人間社会学部

國學院 経済学部

専修大学 経済学部 人間科学部

フェリス女学院大学 国際交流学部

東京家政大学 家政学部

白百合大学 人間総合学部

 

塚田)久しぶり!やりたい事、行きたい学部にこだわって合格を掴んだ森さんじゃないですか!

 

森さん)お久しぶりです~

 

塚田)こだわりを持って最後までやり切って結果を掴んだ森さんならではの話を聞かせてもらえればと思うので、今日はインタビューよろしく!

 

森さん)よろしくお願いします。

 

塚田)まずは浪人するって決めた経緯も他の浪人生と少し違う部分もあると思うので、そこから聞かせてもらえるかな?

 

やりたいことにこだわって選択した浪人

 

森さん)そうですね。去年は目白大学と東京家政大学に受かってて、目白大学に行くことになって、目白大学でもなりたいものになれたんですけど、教職だとしても学歴があるに越したことないし、所謂学歴コンプレックスというか、そういうのがあったんで思い切って浪人することにしました。

 

塚田)そうだよね。面談に来た時に、入学しているのに浪人するんだって思ったからね。ちなみにやりたい事を具体的に聞いても良いかな?

 

森さん)良いですよ。実は私結構子供が好きで、昔から子供と戯れるのが好きだったんでそういう仕事に携われる大学や学部が良いなって思ってたんです。あとは大学も興味がある仕事に繋がる大学や学部にこだわりたかったんです。

 

塚田)子供好きなんだ。失礼かもしれないけどそれはちょっと意外かも(笑)

 

森さん)意外ですか~?(笑)結構小さい子と戯れるの好きですよ。

 

塚田)これは失礼いたしました(笑)ちなみに好きになったキッカケは何かあったりするの?

 

森さん)私の出身校は先生に頼むと付属の幼稚園で保育体験みたいなのが出来るんですよ。で高校の時に友達に誘われて、高3の時に友達と体験に行ったんですよ。そしたらその時に触れあった子供たちが本当に可愛くて。で夏休みに1人でお願いして手伝いに行ったんです。その時は、午前中は勉強とかほかの事をして、午後幼稚園に手伝いに行ってたんですよ。夏休みの時に2週間くらいかな?それでこういった子供にかかわる事を仕事にしたいなって。そう考えるようになりましたね。

 

塚田)そうだったんだ。かなりリアルに仕事のイメージを持った状態で大学受験に臨んでたんだね。ちなみに大学や学部のこだわりもそういったところに繋がってるって言ってたけど具体的に教えてもらっても良いかな?

 

森さん)そうですね。母親が看護師で色々話は聞いてたので、現実的にやりたい事と経済的なバランスは大事だなって思ってました。そうなってくると、保育士って大変だっていうのはありました。でも子供が好きで携わりたいってところのバランスでどうしようって思って、小学校の先生が一番バランス的に良いかな?って思ったので基本的には小学校教諭の免許が取れる大学・学部を中心に志望校は決めたいなって。あとは勿論大学の学歴にもこだわりたいなって。

 

将来の可能性を拡げるための志望校選択

 

塚田)凄い大人な考え方だね。大学受験の段階でここまで明確に考えている人はそう多くない気がするな。本当に冷静に自分自身の事を客観的に見れてるね。ちなみに公務員や小学校教諭の免許ってなるとそこまで学歴コンプレックスって気になるのかな?って思ったけど、その辺のこだわりは何であったのかな?

 

森さん)実はそこにも考えがあって。仮に小学校教諭の免許を取っても、一度企業に就職するのもありだなって思ってたんです。その時にこの塾のコンセプトにもありますけど、ある程度学歴はないよりはあるに越したことはないし、実際企業側も学歴で見る部分はあるだろうなって。そう考えた時に国家資格や教員免許とか武器になる資格は取っておいて、学歴もあれば就職活動とか含めて、可能性は広がるかなって思ったんで。だから学歴にもこだわりたかったんです。

 

塚田)その考え方は本当に素晴らしいね!資格も将来を見据えて取れば確実に武器になるし、学歴も言ってくれた通りうちが理念で掲げる「人生の可能性を拡げる」ことに繋がるからね。あとは経済力ってキーワードも非常に大事だと思う。

 

森さん)そうですね。結構現実的なんで、変な意味ではなくお金にも興味がありますし。

 

塚田)そうなんだ。具体的に何かチャレンジしてみたい事があったりするの?

 

森さん)大学に入ったら「投資サークル」で活動してみたいんですよね。去年の夏から色々調べてて、早稲田のインカレで「投資サークル」があるんで、参加してみたいなって。もともと為替レートとか円・ドルの値動きとか興味もありましたし、あとはIT関係も興味があるので、資格や学歴以外も将来の可能性拡げるために経験や知識を増やしたいなって。

 

塚田)そうだったんだ。かなり具体的にしかも「遊び」とは違うチャレンジしたい事があるんだね。森さんはいつも話をすると視点が年齢の割に冷静で現実的だけど、何か影響してくれた人とか経験があったりするのかな?

 

森さん)んーー、父と母ですかね?父は司法書士で母が看護師なので国家資格とかの武器を持っておくと良いのはなんとなく思っていましたし、あとは小さい時から父が色々と遊び感覚で教えてくれたりしてましたね。昔アフィリエイト広告のやり方教えてもらってやってみてって課題みたいに出されてましたし。でも一回依頼されたの忘れてて、急に思い出してアップして父に「貼り付けたよー」って言ったら3か月も昔のやつで何の意味もなかったこともありましたね(笑)

 

塚田)遅すぎでしょ(笑)でも森さんの冷静で現実的な視点がどう養われたのかは垣間見えた気がするね。そんな冷静で現実的な森さんは何故EDIT STUDY(旧DIET STUDY)を選んでくれたのかな?

 

冷静に自分の価値観に合った塾選び

 

森さん)現役の受験の時は河合塾だったんでもう1年通うか考えたんですけど、正直教務とかサポート体制が微妙だったし、高1から通ってた東進は映像でついついながら見しちゃってたのでやめました。あと、見学に行った武田塾新宿校は暗いし、椅子が木の椅子で固いし微妙ってなって。浪人するときは大手ではないところにしようと思ってて、EDIT STUDYが調べた時に広告で上の方に出て来て、見てみたら少人数授業で発言をさせるって書いてあって、個別は嫌だけど人が多すぎても嫌な私には合ってるなと思いました。あと、施設の綺麗さとか、英語の基礎からってところとかが自分に合ってるなって思いました。

 

塚田)本当に冷静にたくさんの予備校を比較して、自分に合う塾選びをしてくれた結果選んでもらえたんだね。ちょっと勉強内容の事も振り返っておこうか。こうして選んでくれたわけだけど、特に役に立ったことはあるかな?

 

森さん)基礎の重要性は良かったですね。読み込みは素晴らしいなって思いました。正直やった時に頭が痛くなるくらい「脳ミソ使ってる」って感じましたし、感覚的に長文が読めるようになっていくのも感じましたし。結局苦手意識のあった英語もセンターで60点近く伸びましたからね。あとEDIT STUDY(旧DIET STUDY)式英語基礎文法でしつこくTO不定詞の用法とか接続詞関係詞とかやるじゃないですか?あれがあったから正確に訳せるようになりましたね。

 

塚田)確かに英語は苦手意識と基礎の抜けがあったからね。他にあったりする?

 

森さん)日本史も基礎ですね。もともと苦手ではなかったですけど、自信を持って解いてたかっていうとそうではなかったので。動画授業でも覚えた知識をどう使うか?どう入試で聞かれるか?その予行演習でレギュラーテストしつこくやるじゃないですか?あれで日本史も根拠を持って解けるようになりましたね。あとは先生に言われたように教科書4日で1周するルーティンも年末くらいに出来るようになって、高校でも1年とか2年かけてやるのに4日で終わっちゃえるなんて凄いって思ってテンション上がったりしました。

 

塚田)「根拠を持って答える」そのために「基礎が重要」ってのは間違いないね。お役に立てたようで何よりです。最後に未来のEDIT STUDY(旧DIET STUDY)に入塾するかもしれない未来の後輩へのメッセージをよろしく!

 

森さん)今年こそは失敗したくないと意気込んでる浪人生、3年になって、これからだと張り切ってる現役生に最初から張り切りすぎてゴールデンウィーク過ぎたあたりで燃え尽きないようにと言いたいですね。私がそうだったので。周りの人は1年は短いから一生懸命勉強しろと言うけど、1年は短いようで長いので焦らず、お追い込まず、コツコツやることも大切だと思います。

あとは、勉強しなきゃいけないのは分かってるけど全くやる気がでない時とかは、これで今勉強しなかった事を後々後悔するんだろうな、でも今は絶対やらない!!って心に決めてONOFFの切り替えをすると意外と後悔しないし後に引きずったりしないのでお勧めです。

 

塚田)ありがとう!!森さんらしい冷静な視点だね!今日は本当にありがとう!!是非大学生活を楽しんで下さいね!

 

森さん)はい、ありがとうございます。