◆吉祥寺校◆ 現役生Aさん&結城先生

こんにちは。DIET STUDY 吉祥寺校の結城です。

 今回のインタビューは吉祥寺校現役生のAさんです。

 

結城) よろしく!最近勉強の調子はどう?

 

Aさん) まあまあですね。どちらかというとあまり捗ってないというか

 

結城) そうなの?夏休みに入って勉強時間は結構確保出来たんじゃない?

 

Aさん) そう思ってたんですけど、意外と結構文化祭の準備とか学校の夏期講習があったりしてなかなか勉強時間が確保できないかもしれないです。

 

結城) それは仕方ない部分はあるね。しっかり優先度をつけて、目の前のタスクを処理していこう!ちなみに日本史の勉強はどんな感じ?テストが多くて大変だと思うけど。

 

Aさん) 日本史はやばいです。レギュラーテストはギリギリ受かるんですけど、回すのが大変すぎて辛いです。たまに落としちゃいますし

 

結城) それも優先順位付けが大事だね。今は1周目と1.5週目と2周目のテストをやってるけど、今後3周目、4週目も追いかけてくるから。そうなると一番大事なのは1周目の勉強ということになるね。

 

Aさん) 1周目はいつも70点台のギリギリ合格です

 

結城) 満点近く取ってることもあるんでそんなに落ち込まなくてもいいよ笑

思い返してもらうと、1周目で満点近く取れた範囲って1.5週目とか2周目の勉強が比較的楽だと思うんだけどどう?

 

Aさん) たしかに、あまり時間を掛けずにちょっと思い出すくらいで済んでるかもしれないです。

 

結城) そうだよね。日本史は暗記科目だから同じ範囲も何度も何度も反復しないといけないんだけど、最初の1周目をある程度しっかりやっておくとその後が楽になるよ。

 

Aさん) わかりました!

 

結城) 英語はどう?読み込みは順調?

 

Aさん) 多分順調なんですけど、ちゃんと出来てるかどうかが不安で

左から右に読むっていうのが自分の中ではまだちょっと曖昧です。

 

結城) なるほど。それは結構大事な話で、「左から右に読む」となるとただ単に単語の拾い読みになってるかもしれない。そうじゃなくて、「構造をとったうえで」「ある程度カタマリで」左から右に読めてればオッケーかな。

 

Aさん) それって例えばどんな感じですか?

 

結城) 例えば、” I like you the best.”を読むとき、「私は、好きだ、あなたが、一番。」とするのは別に間違いではないんだけど、単語の拾い読みと紙一重なんだよね。

 

Aさん) はい。

 

結城) 文型は一まとまりで取りつつ、「私はあなたが好きだ、一番。」みたいな感じの方が構造を捉えた読み方になる。SVO3文型があって、その後に副詞の”the best”がくっついているイメージで。

 

Aさん) それは何となくわかります。

 

結城) 英文がシンプルなうちはいいんだけど、複雑化してくるとこの意識が非常に重要なので、気をつけてみて!

 

Aさん) わかりました!文型はある程度1まとまりでとって、その後ろに節とか句とかがくっつく感じですね!

 

結城) そう!理解が早くて助かる!普段の様子から、Aさんはちゃんと読み込みは出来てるはずなのでその調子で頑張って!

 

Aさん) ありがとうございます!がんばります!

 

結城) こちらこそ!インタビューに付き合ってもらってありがとう!