<2019年10月更新>【関西大学】2021年度入試変更点

2019年11月1日、文科省は大学入試での英語民間試験の来年度導入を延期することを表明しました。
以下大学・学部情報は2019年10月時点のコラムになりますので、導入延期を踏まえた新たな情報は各大学・学部のHPをご確認下さい。本コラムでも順次情報を更新していきますので、引き続き本コラムをよろしくお願いします。

以下2019年10月時点コラム——————————————

 

 

 

2020年度の入試制度を踏襲するとしています。英語外部試験については一般入試において、「各学部が定める英語外部試験の基準を満たした人に出願を認める方式」または「各学部が定める英語外部試験の基準を満たした場合は『外国語』を満点とみなす方式」が採用されます。既存の「英国方式」と呼ばれる入試制度が相当するようです。各学部ごとの英語外部試験に関するこの他の詳細はまだ発表されていません。共通テスト枠のいては現在検討中との事で引き続き情報を追う必要があります。

なお、共通テスト枠においては国語の記述式問題も合否判定の対象となります。また、調査書や高校時の活動といった項目は合否判定に用いないとしています。

(出典:2021 年度「一般選抜」について(更新))