<2019年10月更新>【成城大学】2021年度入試変更点

2019年11月1日、文科省は大学入試での英語民間試験の来年度導入を延期することを表明しました。
以下大学・学部情報は2019年10月時点のコラムになりますので、導入延期を踏まえた新たな情報は各大学・学部のHPをご確認下さい。本コラムでも順次情報を更新していきますので、引き続き本コラムをよろしくお願いします。

以下2019年10月時点コラム——————————————

 

 

現行の入試制度をほぼ踏襲するとしているのが成城大学です。科目、配点等の詳細は発表されていませんが、各方式における入試制度の変更はほとんどありません。

 

・各入試方式の主だった概要

A方式(学部別入試):英語外部試験は一部の学部の入試方式に採用するのみで当面は合否判定に用いない。現行の記述式を踏襲。

B方式(大学入学共通テスト利用入試):英語外部試験を合否判定に用いない。

S方式(全学部統一入試):英語外部試験を合否判定に用いない。現行のマークシート方式を踏襲。

(出典:2021年度成城大学入学者選抜の変更点について(予告)

 

また、高校時の活動記録として調査書の提出が課されますが、こちらも合否判定に用いられることはありません。「当面評価に用いない」という表記から、各大学の出方や受験生の学力状況を踏まえ、確実な入試運用をしようとしているようです。

そのため、今までの学習法が引き続き有効な大学と言えます。

    大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

    配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

    【1月の配信内容】

    高校2年生向け:大学受験を一般受験する高校2年生が1月に知っておくべき2つのコト
    高校3年生向け:高3のEDIT STUDY生の場合、1月時点の状況はこうなる!
    保護者の方向け:高校2年生のお子様をお持ちの保護者様が今の時期に知っておくべき2つのコト

    以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


    ご氏名 (必須)
    学年
    メールアドレス (必須)