<2019年10月更新>【九州産業大学】2021年度入試変更点

2019年11月1日、文科省は大学入試での英語民間試験の来年度導入を延期することを表明しました。
以下大学・学部情報は2019年10月時点のコラムになりますので、導入延期を踏まえた新たな情報は各大学・学部のHPをご確認下さい。本コラムでも順次情報を更新していきますので、引き続き本コラムをよろしくお願いします。

 

 

以下2019年10月時点コラム——————————————

 

 

文系学部(文系系列)における入試は個別入試、個別・共通テスト併用型入試共に現行の入試制度を踏襲するとしています。
現行の入試制度を確認しておくと、個別入試前期日程においてはGTEC/TEAP/IELTS/英検の取得スコアに応じてみなし換算値を算出し、個別試験とみなし換算値との比較において高い方の得点を利用するというものです。100点(満点)換算を得るためにはCEFRB2B1(英検準1級~英検2級)程度のスコアを取得する必要があり、最低みなし換算値70点にはCEFRB1A2(英検2級~準2級)程度のスコアを獲得する必要があります。このスコアの取得時期については各試験によって異なるため受験の際は受験要綱をよく確認してください。
また、センター試験を利用する入試方式においては外部英語試験のスコアは現在利用されておりません。そのため、額面通りに受け取るのであれば、2021年度入試も個別入試においてのみ外部英語試験のスコアが用いられ、共通テスト枠では用いられないと考えるべきでしょう。
なお共通テスト利用入試においては記述式問題が合否判定に用いられます。
また調査書については合否判定に用いられません。
(出典:2021年度九州産業大学入学者選抜の実施方針について)
(参考出典:令和二年度入試のトピックス)

    大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

    配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

    【1月の配信内容】

    高校2年生向け:大学受験を一般受験する高校2年生が1月に知っておくべき2つのコト
    高校3年生向け:高3のEDIT STUDY生の場合、1月時点の状況はこうなる!
    保護者の方向け:高校2年生のお子様をお持ちの保護者様が今の時期に知っておくべき2つのコト

    以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


    ご氏名 (必須)
    学年
    メールアドレス (必須)