2024年合格実績速報!

青山学院大学総合文化政策学部進学! A・Tくん(吉祥寺校

合格校

青山学院大学総合文化政策学部

立教大学法学部法学科

立教大学法学部政治学科

立教大学経済学部経済学科

立教大学経済学部会計学科

立教大学コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科

 

 

SS)お~久しぶり、青学、立教とたくさん合格したね!おめでとう!進学はどこにするの?

やっぱり最初から第一志望に掲げていた立教大学にするの?

 

Tくん)ありがとうございます!実は進路は青学にしました!

 

SS)えっ、意外だね!決め手はなんだったの?

 

Tくん)学部的に総合文化政策っていうのが良くて、自分は将来就きたい職業などないので、幅広く勉強できる学部がよくて最終的に学部で大学を選びました。

 

SS)しっかり考えていて素晴らしいね、Tくんは受験生徒の時から物事をよく考えられる生徒だと思ってました。

そんなTくんだけど他の生徒とはESに入塾した背景が異なるよね。

 

自衛隊の道から大学受験へのきっかけ

 

Tくん)はい、僕は直で自衛隊に入隊する高校に入学して実家の東京から単身高校の寮に入りました。

高校受験の時はなんとなく憧れていたミリタリーや軍隊にみたいなものにぼんやりと憧れがあって、その高校に入れば直で自衛隊にも入れるし、大学受験もすっ飛ばして社会人になれるし、というそんな安易な考えで高校受験をしました。

 

SS)実際に入学してみてどうだった?

 

Tくん)入学当初は色々とかなりきつくて、結構精神的にも参ってしまうことも多かったです。

自衛隊に入る高校とはいえ、今は令和だし、ネットで見るような過酷さみたいなものはないだろうと入学したものの、ネットの情報以上の辛さでした。

 

SS)普通の授業とかはあるの?

 

Tくん)授業みたいのはあるんですけど、平均点の60%得点できてれば赤点回避して留年することもないし、勉強はほぼしてなに等しいですね。

 

SS)そんな状況からなんで大学受験することになったんだっけ?

 

Tくん)このまま自衛隊になって働くイメージができなかったのと、高2の冬頃から結構辛くて辞めたいと思っていて、ただ上官から辞めないよう説得されて、なんとか卒業までは続けました。卒業して退寮した3月末くらいにEDIT STUDYの体験授業を受けて受験勉強にチャレンジすることにしました。

塾選びの軸になったこと

 

SS)でも、たしか高3のお正月前後にもお父様が来てくれて話をさせてもらっているよね?

 

Tくん)はい、EDIT STUDYはお父さんが見つけてくれたんですけど、僕自身の受験勉強をするならEDIT STUDYと決めていました。全国にある動画授業の衛生予備校や、その他個別指導も資料などは見たんですけど、シックリこなかったんですよね。

 

SS)Tくんにとってシックリこないとはどんな感じ。

 

Tくん)あっ、でもそれらの予備校がシックリこないというよりは、EDIT STUDYの「ゼロからMARCH」があまりにシックリき過ぎていたんですよね!ゼロからMARCHいけるの?じゃあ、僕でもいけるじゃんみたいな。

それに言い方良いか分からないんですけど、言葉選ばずに言えば、EDIT STUDYって1クラスの人数も少ない小規模な感じじゃないですか。大手とか大規模な塾だとゼロから受験勉強を始める僕はついていけないと思ったし、ついていけない時に相談できる環境もないと思ったので、最初からほぼEDIT STUDYに決めていました!

 

SS)それは嬉しいね!実際に通ってみてどうだった?何か印象的だったエピソードとかある?

 

Tくん)そうですね~、これと言って強いエピソードはないんですが、全体を通して印象的だったのはやっぱり1on1面談での雑談ですね。SS(先生)が「大学入ったら何がしたい?」とか「大学入ったら例えば〇〇みたいなことができるよ」とかキャンパスライフのビジョンみたいなものを示してくれたじゃないですか。ああいった雑談で「それなら頑張ろう!」と前向きな形で受験勉強を継続できました。

 

SS)受験勉強のモチベーションになる雑談というのは1on1面談のテーマでもあるので私自身そういった効果を感じることができるフィードバックで嬉しく思います。ちなみに対話式授業で古文の品詞分解についてクラス全体基準が低くくて引き締めたこと覚えているかな?その時に私のことをSS(先生)ではなく、上官って呼んだの覚えていますか?あれは引き締めに少しビビッて上官になったのか私も知りたかったんだよね。()

 

Tくん)ビビりはしないです、高校時代3年間でビビりの基準がおかしくなっているので!()

ただ癖で上官って呼んでしまいました。()

 

立教をほぼ総なめにした共通テスト

 

SS)そうだったんだね、そんなEDIT STUDYでの受験勉強を経て迎えた共通テスト本番、それぞれの得点は英語148点、世界史88点、現代文96点、古文40点でハイスコア!結果的にはこの共通テストの得点で青学、立教の合格を決めることになったね。

 

Tくん)はい、なので合格発表はある程度安心して見れたんですけど、やっぱすごく嬉しかったです!

両親とPC画面で一緒に見たんですけど、家族で歓喜しました!

 

SS)それは素晴らしい瞬間でしたね!私もTくんから合格報告もらった時は他のSS(先生)と一緒に歓喜しました!

 

英検2級ハイスコアが志望校合格の鍵となる

 

SS)未来のEDIT STUDY生に向けて何かアドバイスありますか?

 

Tくん)受験って結果がすべての世界だと思うんですよ。

そのためには手段を考えるのも大切ですけど、その手段を使い倒すことが大切です。

僕の場合、立教が第一志望だったので共通テスト以外に英検など外部試験のスコアが必要でした。

何のスコアも持ってない状況にも関わらず、他の多くの立教受験生は既に英検準一級を持っている人が大多数だと知って、心が折れかけたんですけど、ここでやめちゃったら終わりだと思ったんです。

 

SS)たしかに英検対策たくさんやったよね。

 

Tくん)共通テストは一発勝負じゃないですか、でも英検は期限までに何度もチャレンジできるのでその機会を最大限活かしました。最初はギリで2級合格、準1級はレベルが高すぎるので2級ハイスコアを目標に過去問と対策問題集を大量に消化して、なんとか立教に勝負できる2230までスコアを上げました。

 

SS)それだけ何度もチャレンジすることはメンタル強くないと継続することは難しいとは思うのだけど、やはり高校時代の経験が活きているのかな?

 

Tくん)そうかもしれませんが、合格マインドの授業を通して、誘惑に負けない、低基準に流れないように行動することが出来るようになった感覚があって、実際合格したので、その成長を自信に変えることもできました!

 

SS)なかなか出来ない体験だね!ちなみにTくんの逆転合格ってどれくらいのインパクトかってイメージ湧く?

 

Tくん)いや、あまり湧いてないです。

 

SS)Tくんって中学時代の内申点っていくつだったっけ?

 

Tくん)オール3くらいだったので27/45くらいでした。

 

SS)公立中学で生徒が100人いた場合、MARCH以上に進学できる生徒って上位1015人くらいで内申40/45以上の中学時代の秀才に追いついた、もしくは追い越したというイメージだよ。

 

Tくん)その秀才たちを思い浮かべるとみんな高校偏差値65以上の高校に行ってた気がするし、リアルに大逆転な感じが伝わってきました。

 

SS)なんとなくイメージが伝わり良かったです。

ぜひこの大逆転合格に自信を持って、充実したキャンパスライフを過ごして下さい。

 

Tくん)ありがとうございました!

 

※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

あなたにあった大学受験サービス診断!