関西大学経済学部進学!T・Fくん(成城高校)

関西大学経済学部進学!T・Fくん(成城高校)

・合格校

関西大学経済学部

國學院大学法律学部法律学科

國學院大学法律学部政治学科

東洋大学経営学部マーケティング学科

東洋大学法学部企業法学科

駒沢大学経済学部現代応用経済学科

亜細亜大学法律学部法律学科

 

 

講師)第一志望の関西大学合格おめでとう!夏から頑張って見事に合格を勝ち取ることができましたね!

 

Tくん)ありがとうございます!

 

講師)まず最初に合格をしたときの感想を聞かせてください。

 

Tくん)合格発表は家の寝室で見ました。確か12時に発表だったんですけど、10時くらいから1分ごとに寝ては起きるみたいなのを繰り返していました。なまじ自分は共通テストの採点結果が良かったので、受かっているんじゃないかという期待があるだけに逆に緊張をしてしまいました。ようやく結果を見たときにはほっとしましたね。

 

講師)嬉しいというよりはホッとしたというのが先に来たんだね。

 

Tくん)まずはそうですね。合格を知った後はなぜか15分くらい正座をして、一時間後くらいに嬉しいという気持ちが来ました。その後にようやく友達に結果を報告することができました。

 

講師)正座は謎だけど、とにかくほっとした気持ちは伝わりました。友達はTくんの合格を知ってなんて言ってた?

 

Tくん)一番言われたのは「お前が関西大学かよ」ですね。

僕の学校の成績で関西大学に行けると思っていた人はほとんどいないと思うので。

 

講師)そういう感じだったんだ。親御さんからは何か言われたりした?

 

Tくん)親は自分の前ではあんまり嬉しそうにしていなかったんですけど、ママ友に電話しまくっていたので、それなりに嬉しかったんだと思います。というかママ友にずっと報告し続けていたので、全然自分と話してくれませんでした(笑)。

 

入塾の決め手は正社員が責任感をもって授業・1on1面談を担当してくれること

 

講師)高校の友達に「お前が関西か」って言われたということだけど、学校の成績とかはどんな感じだったの?

 

Tくん)政治経済は好きだったのである程度できました。あとは現代文もそれなりにはできたかと思います。ただ英語は大の苦手。学校でもトップクラスでできませんでした。なのでMARCHとか関関同立は夢のまた夢でしたね。やっぱり英語は受験でも大事っていうじゃないですか。だからよくても日東駒専に行ければ万々歳という周りの評価だったと思います。

 

講師)確かに英語は配点が高いから難しそうだと感じてしまうよね。ただ自分の中で高いところは目指していきたいという気持ちはあったということですよね。

 

Tくん)そういう気持ちはやっぱりありましたね。ただ、共通テスト模試とか受けていても全然点数が取れないので、合格するイメージは持てませんでした。憧れはありつつも、合格までは距離がありすぎて届かないと思っていました。なのでそういう大学まで導いてくれそうな予備校を探していました。

 

講師)Tくんは夏からここに来てくれたんだよね。

EDIT STUDYに決めてくれた理由は何だったの?

 

Tくん)まずはMARCHの専門塾っていうところですかね。自分の中の一番の目標がそのラインだったので、そこを目指すうえで専門でサポートしてくれるのはよいと感じました。あとは全員が正社員というところも決め手の一つです。

 

講師)そうだったんだ。そう感じたのは何か理由があったの?

 

Tくん)もともと個別指導塾に行っていたんですね。そこはアルバイトの方が教えてくれる塾だったんですけど、そこの対応があまりよくなくて。僕が今でも不満に思っているんですけど、僕の担当をしてくれていた方が、裏で「自分だったらこの塾には絶対に行かない」と言っていたそうで。同じ塾に通っている妹がたまたまそれを聞いたらしくて。その日に家族会議が開かれて、即日でその塾をやめてしまいました。そういうこともあって、きちんと責任感を持った人が教えてくれる塾が良いと感じました。

 

講師)そういう背景があったんですね。

そういう点でいうと確かに全員が正社員というのは安心感があるかもしれませんね。

 

 

逆転合格を達成できたのは1on1面談で自分にピッタリの受験方式を決定できたから

 

講師)Tくんは夏から始めて、見事に逆転合格を達成することができました。逆転をする上で決め手になったものは何でしょうか?

 

Tくん)一番効いたのは受験直前に問題演習を解く機会がとにかくたくさんあったことかと思います。

1on1面談で決めたオーダーメイドカリキュラムに基づいて政経の模試など課題出されまくったじゃないですか。

それをとにかくひたすらやりまくったんですけど、あれで政治経済はかなり固まりましたね。

 

講師)模試はかなり大量にやりこんだよね。

それもあって政治経済は相当強みになったんじゃないでしょうか。

 

Tくん)もちろん普段の勉強が大事なのは言うまでもないんですけど、やっぱり直前で量をこなすことができたのは大きかったです。暗記系の科目は最後まで伸びるんですね。共通テストの本番で政経は90点を取ることができました。

 

講師)本番は緊張で点数が取れないというケースもありますが、しっかりと実力を出し切ることができました。

模試をたくさん解いたことでテストに慣れるということも狙ってオーダーメイドカリキュラムで課題を出しました。

 

Tくん)あとは普段のRテストで解いている問題がそのまま入試問題に結構出てきたんですよね。普段の勉強が直接点数につながったなと思えたことが何度もありました。あと、受験の数カ月前に戦術を変えたのも大きかったです。英語に対して苦手意識があったので、1on1面談で相談して、現代文と政治経済の配点が高い大学・学部を狙うことにして、英語はある程度得点できるように勉強して、3科目トータルでの方向にシフトチェンジしました。

 

講師)確か面談の時に2科目受験について積極的に質問をしてくれましたね。2科目で受けることのできる大学リストを作成してTくんに紹介したのはよく覚えています。

 

Tくん)色々と情報を教えてくれたのはありがたかったです。人によって合う受験方式というのはあると思いますが、2科目はガッチリとハマりました。面談をすることでしっかりと情報を収集しつつ戦略を切り替えることができました。

 

講師)最終的に関西大学も3科目の配点傾斜だったので、強みを活かす出願ができましたね。

いい形でシフトチェンジすることができました。

 

Tくん)あとは少人数クラスだったのも自分には結構あっていたと思います。やっぱり自分で考える必要のある授業なので、集中せざるを得ないというか。当てられたときに間違えないようになるべく食らいついていこうという気持ちになれました。個別では絶対にそんな気持ちになることは無かったと思います。

 

受験は情報戦、EDIT STUDYの出願戦略1on1は最高!

 

講師)受験勉強は辛いことも多かったと思うんだけど、今振り返ってみて良かったことはありましたか?

 

Tくん)やっぱり1on1面談で面談ですね、すごく楽しかったです。先生がオーストラリアの島に行った話をしてくださったと思うんですけど、ああいう話を聞けたのはすごく良かったです。あとは自分が好きなマンガの話なんかもできたのでリラックスして話せる環境でした。

 

講師)よくそんな話を覚えているね(笑)

 

Tくん)そういう細かい話は結構覚えるタイプなんですよ。塾では基本的に勉強しかできないんで、面談の時に雑談ができたのはいい思い出ですね。勉強が本当に嫌いだったので、勉強の話以外をできたのが良かったです。

 

講師)あと、Tくんはかなり積極的に勉強法や出願についての質問をしてくれたよね。

 

Tくん)やっぱり自分一人だとどうしても限界があるので、受験に詳しい人にじっくりと相談できる機会があるのはよいと思いました。面談のおかげで自分に有利な受験方法や出願先などを知ることもできたので本当に良かったと思います。

 

講師)これから受験をする生徒たちに何かアドバイスはありますか?

 

Tくん)受験をする上ではそれぞれの受験生ごとに向いている受験方式が必ずあるということです。自分の武器をしっかりと把握してあらかじめ目標を設定して、そこに向けて全力で取り組むのがとても大切であると感じます。

 

講師)確かにそれは私もとても大切だと感じます。受験はある意味では情報戦なので、情報をどれだけ仕入れることができるかというのが合否を決めてしまうこともあります。

 

Tくん)僕も実際にそれは感じました。僕と同じかもしくは僕よりも勉強ができる友達が日東駒専ラインに進学すると聞いて。その友達にこんな受験方式があるよと言ったら、それだったらそれを受ければよかったって言われたこともあるので。そういう点では塾の方から積極的に受験の情報を流してくれたり、面談で相談に乗ったりしてくれたのは助かりました。やっぱり知らないことってけっこうあるんで。

 

講師)有意義なアドバイスありがとう!それでは最後の一言お願いしてもよいでしょうか?

 

Tくん)これから受験をする上でしっかりと情報は集めるようにしましょう!

その上で自分に合うところを見つけてそこに向けて頑張れば、今からでも十分間に合うと思います!

 

現高2生必見!2022年度「無料高2セミナー」校舎&オンラインで開催
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓