第2回インタビュー ~大学受験のモチベーション/既卒生Yくん~

第2回 大学受験のモチベーション

今回も「大学勉強へのモチベーション」についてのインタビューです。

 

今年度、塾生の中でも、朝から夜遅くまで長時間自習室にいるYくん(前回とは別の生徒)

そのモチベーションについて唐突に聞いてみました。

 

辻)「Yくんはいつも自習室に来ているけど、大学受験に対するそのモチベーションの源泉を教えて!」

 

Yくん)「悔しさですかね。現役の時は夏まで部活をやっていて、夏以降に本当にゼロの状態からスタートして、自分なりには必死に勉強したのですが、合格できず悔しい思いをしました。」

 

辻)「部活をやっている時は、塾・予備校も行けないし、ほとんど自習もできなかっただろうから、スタート地点に立った段階でかなり苦しいよね。周りよりスタートは遅れていただろうし、時間も限られているし。それで、今年は決めてやろう!という感じなんだね。日々の中に、何か動機づけになっているものはある?」

 

Yくん)「同じクラスの人に負けたくないという思いがモチベーションの一つですかね。他の人があてられて答えられない時に、代わりに僕があてられて答えられたらやっぱり嬉しいです。」

 

辻)「部活をやっていると、そういう『勝ち』『負け』みたいのは気になるし、自分の内から湧き出るモチベーションは前に向かっていく強い力になるよね。わかる気がする!」

 

Yくん)「他にも先生方から『私大文系は頑張った分、報われる』と聞いたのも、モチベーションの一つになっています。それなら頑張ってやってやろう、と思っています。そのためには、授業中によく言われる『一度やったら、間違えない』ことを意識するんですよね?」

 

辻)「その通り!模範解答が続きすぎていて、何も言うことなくなってしまったよ。プレッシャーをかけるわけじゃないけど、それだけ量もやっているのだから、まずは模試で結果を出したいね!」

 

Yくん)「模試は結構緊張しちゃうんですよ。頭真っ白になってしまって、英語を読んでいても全然入ってこなくて、最初の模試は適当にマークしました。後から解いたら結構できたんですけど・・・本番もこうなってしまわないか、ちゃんと力を出し切れるかが不安です。」

 

辻)「たしかにね。真面目にやっている分、緊張するかも。その緊張を克服するには、解く問題のレベルを凌駕する学力を身に付けるぞ!くらいの勢いで勉強をしていく、場数を踏むのが良いと思うよ。あるいは、自分に効く緊張しないおまじないみたいなものを見つけるとか・・・。結構緊張するタイプなのかな??部活の試合はどうやって乗り切っていたの?」

 

Yくん)「部活の試合は不思議と緊張しなかったんですよね。なぜかは、よくわからないんですけど。」

 

辻)「そうか~。試合は体を動かしているからリラックスしてくる、というのもあるんだろうけど、それは不思議だね。勉強と場数の積み重ねで克服できるように頑張っていこうね!そういえば、最近は体動かしてないの?」

 

Yくん)「たまに体を動かしたいな、っていうことはあります。最近はあまり運動出来ていないですけど。運動するとすっきりします!」

 

辻)「そうだよね!受験に必要とされる体力をつけるためにも、運動は良いと思うよ。勉強の効率が上がるように、スケジュールに運動する時間を組み入れていけるといいね。この調子で頑張っていこう!」

 

 

- あとがき-

以前、何かを「やりきった」のは大学受験が初めてだ、という塾生もいました。4月から厳しい10ヵ月だと思いますので、やりきることは大変です。

 

部活や行事、趣味など何でも良いので、「やりきった」ことのある経験(=成功体験)を持っている生徒は、人一倍継続力と馬力があると感じます。今回、インタビューしたYくんもその継続力と馬力を活かして、ここからさらに加速していってほしいと思います!

 

9月ももう終わりです。

「もう○ヶ月しかない」、「あと○ヶ月ある」捉え方次第ですが、平等に与えれた時間を有効活用することが大切です。

 

次回、現役生のインタビューをお送りします!!

(現役生にインタビューしたいと思っています!)

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)