2024年合格実績速報!

立教大学 経済学部 経済政策学科進学! A・Nくん(日野高校)

合格校

立教大学 経済学部 経済政策学科

中央大学 経済学部 公共・環境経済学科

中央大学 経済学部 国際経済学科

立命館大学 経済学部 経済学科

明治学院大学 経済学部 経済学科

武蔵大学 経済学部 経済学科

武蔵大学 社会学部 メディア社会学科

 

 

「周りの人たちを喜ばせるために頑張ってきた」

 

SS)Nくん兼ねてから念願だった立教大学進学おめでとう!

 

Nくん)ありがとうございます。長かったです、、、(笑)

 

SS)そうだね。1年間ずっと見てきたけど、本当に諦めずにやり続けてくれて良かった。おつかれさま。合格したときの親御さんの反応とかはどうだった?

 

Nくん)立教の前に、武蔵や明治学院や立命館の発表はあったんですけど、最初のうちは親が喜んでくれてたんですけど、受かりすぎて途中から喜ばなくなってきました(笑)。ですが、ずっと行きたかった立教大学に合格したときは比べ物にならないぐらい喜んでくれました。学校の先生も報告したら喜んでくれました。

 

SS)そうだったんだね(笑)。立教大学合格はどこで知ったの?

 

Nくん)222日が発表だったんですけど、合格発表は家でひとりで見ました。合格を見た瞬間に家にいたお父さんに走って報告しに行きました。今まで見たことないくらい喜んでくれました。その時、母は家にいなかったので電話しましたが出なくて、その日の午後に塾のクラスメイトのMくんと会っている時に折り返しの電話があり母にはそこで報告しました。母の喜ぶ声がMくんにも聞こえたらしく。Mくんもすでに第一志望の青学に受かっていたんですが、Mくんの親御さんもMくんの合格で本当に喜んでいたみたいで、2人で「周りの人たちを喜ばせるために頑張ってきた」のかもねって話をしていました。

 

SS)それはすごくいい話だね。受験勉強は親御さんはじめ、色々な人の支えがあってできているからね。では、Nくんの受験勉強を色々と振り返らせてください!

 

Nくん)わかりました。よろしくお願いします!

 

 

現役時代はとりあえず立教のみ受験

 

SS)受験勉強はいつぐらいから始めたの?

 

Nくん)高校2年の12月に大手の映像授業の体験授業に行ったんですけど、YouTubeの無料の映像授業とかとあんまり変わらなくて、これは塾に行かなくても自分の力でできるんじゃないかって思って、ほぼ独学で始めました。

 

SS)その当時、映像授業以外の塾には行かなかったの?

 

Nくん)実は中学受験をしようとしたときの塾がかなり恐ろしくて、脅されながらやらされる感じがすごくて。それ以来、塾に対してトラウマっていうかかなり消極的な感じだったので、行きませんでした。

 

SS)そうだったんだね。確かに中学受験とか高校受験の一部の塾ってスパルタすぎる場合もあるからね。現役時代はどこを受けたの?

 

Nくん)行きたかった立教大学のみ4回受験しました。英検も2級合格のスコア2100ぐらいだったので、今改めて考えると、無謀だったかなと思います。

 

SS)たしかにスコア2100だと、他の科目で相当とらないと厳しいかもね。

 

Nくん)全然軸とかも定まらずに、勉強してしまっていた感じでした。

 

1浪目は図書館での宅浪生活

 

SS)1浪目が決まった時は、どうしようって思ったの?

 

Nくん)塾にはさっき言ったように少しトラウマがあって消極的だったので、逃げみたいな形で宅浪にしました。4月から図書館で勉強しようと思ったんですが、勉強習慣をつけるために、早朝のセブンバイトを6時~9時までやっていました。

 

SS)それはえらいじゃん!勉強はどんな感じで進めていたの?

 

Nくん)とにかく立教は英検だと思っていたので、英検の参考書で独学しつつ、学校に通いながらALTの先生に面接対策をしてもらっていました。なので、英検はスコア2200ぐらいまでいきましたが、それ以上は無理でした。日本史も得意とその当時は思っていましたが、EDIT STUDYの勉強の強度から今考えると全然でした。古文なんかはほぼやっていませんでした。宅浪だと、どうしても苦手な科目から逃げてしまう傾向がありました。

 

SS)たしかに誰にも管理されていないから、「いつ、どの科目をどれくらいやるべきか」がわからないので、どうしても好きな科目や得意な科目ばかりやってしまう傾向はあるよね。

 

Nくん)そうですね。そして、半年ぐらいたった時に、もっと勉強時間を確保しようと思って、バイトをやめて専念しようと思ったんですけど、そのあたりからメンタルがしんどくなって覚えていないです(笑)。10月ぐらいから受験が終わるときまでは本当にきつかったです。

 

SS)実は私もほぼ宅浪って感じだったんだけど、本当に精神的にきついよね。1浪目の受験結果はどんな感じだったの?

 

Nくん)立教、武蔵、明治学院、駒澤を受けて武蔵だけ補欠だったんですけど、結局繰り上がらなかったので、2浪目が確定しました。本当に宅浪は後悔しています。

 

SS)そうだったんだね。実は、補欠繰り上がり待ちのときにEDIT STUDYの無料個別相談にきてくれたよね。そのことも振り返らせてください!

 

2浪目はEDIT STUDYで切磋琢磨できる環境

 

Nくん)2浪目はさすがに塾に行かなきゃと思うようになっていたところ、「ゼロからMARCH」のEDIT STUDYをネットで見つけ、とりあえず行ってみました。その無料個別相談で英検スコア2200点の話をしたときに「宅浪でそこまでスコアをあげることができて本当にすごいね」と褒めてくれました。そこで、「この塾いいかも」って思えました。

 

SS)EDIT STUDYはやり抜いてもらうために「心理的安全性」も重要視していて、そのあたりNくんには合っていたかもね。実はその時にNくんの顔色が悪くて少し心配だったのをすごく覚えています。

 

Nくん)そうだったんですね(笑)。その当時は、どん底って感じだったので。でもここだったら、1年間勉強を頑張れそうだなって決心がついて、入塾しました。

 

SS)EDIT STUDYに入ってみて良かったことってどんなことだった?

 

Nくん)主に2つぐらいあるんですけど、1つ目は英語を1から文型をとりながら対話式授業をしてくれたのが良かったです。英検の対策ばっかりやっていたので、構造把握の基礎が全くなかったので、文章を正確に読むため、構造把握は絶対必要だなって思いました。対話式授業だったので、前のめりにできるし、それは映像授業との違いかなって思いました。

 

SS)確かにNくんはほぼフル出席で最後まで対話式授業を能動的に受けてくれていました。

 

Nくん)もう1つは古文から逃げれない環境だったことです。毎回レギュラーテストの終わりに品詞分解の対話式授業の確認で、かなりできるようになりました。実際に入試本番でも品詞分解の部分はほぼほぼ正解でした。

 

SS)確かに、英語の対話式授業がメインですが、実は古文もかなり頻繁に対話で品詞分解を確認します。このあたりES生は他の生徒と差をつけるポイントとなってますね。

 

Nくん)本当にそうですね。助かりました。

 

SS)ありがとうございます。ちなみに1浪目の宅浪となにが違った?

 

Nくん)なにもかもが違いましたが、一番は安心感ですかね。カリキュラムもしっかりあるし、1on1で相談して勉強の軸も定まるので、安心して勉強を進められました。あとは環境も大きかったかなと思います。遅くまで勉強しているクラスメイトが多かったので、自然とやる気になりましたし、スマホはスマホロッカーにしまって、無駄な時間を減らしたりしました。

 

SS)Nくんは1on1でしっかり相談してくれたので、KPT(一週間の振り返りの指標)を明確にすることができましたね!

 

英検カリキュラムで英検準1級合格→立教大学合格

 

SS)せっかくなので、英検の話もしましょうか。

 

Nくん)そうですね。EDIT STUDYは一般受験と英検を同時に学習できるカリキュラムになっていたので、それが大きかったです。まず、1on1で自分の4技能の苦手なところから着手することを決めました。まず1回目のターム(4月~7月)では、英作文を中心に対策し、次のターム(8月~11)ではリスニングを中心に対策しました。1on1で個別に相談できたので、そのあたりも迷いなく進めることができました。

 

SS)スコアも2330点で準1級合格したときは、本当に喜んでいたよね。

 

Nくん)そうですね!ひとまず英検に合格したことも一般受験に向けてかなり自信になりました。

 

SS)そうだね。最後は英検利用できる方式で国語と選択科目の2科目受験に絞って受験する出願戦略を組みましたね。

 

Nくん)自分的には英検準1級をとれたので、英語はそれを使って、最後に国語と日本史を詰めるほうが後悔ないかなって思いました。古文もまだ心配だったので、直前でしっかりやり切ることができたのが良かったです。

 

SS)最終的には、英検スコア換算の共通テスト利用で立命館大学、一般入試の英検利用で立教や中央などに合格できたね。本当にすごいです。

 

Nくん)ありがとうございます!先生と一緒に練った出願戦略も本当によかったです。それで救われた部分も本当にあるので、合格できたのは先生のおかげです。

 

 

色々と悩んでいる受験生へのメッセージ

 

SS)Nくんの受験生活を振り返らせていただいてありがとう!せっかくなので、最後に宅浪するか悩んでいる受験生などにメッセージをお願いします!

 

Nくん)とにかく宅浪はやめておけ!ってことですかね(笑)10ヶ月間がんばれたのは周りのクラスメイトの存在も大きいです。みんな同じ目標に向かって頑張っているし、自分に何が足りないかも客観的にわかります。EDIT STUDYのカリキュラムはたしかに大変だけど、安心感があるから精神的負担はかなり少なかったです。横でゴールまで伴走してくれるSS(先生)の存在も大きかったです。1on1で相談することで、自分の勉強に自信もって一本道ですすめました。迷っていたら、EDIT STUDYが本当にオススメです!

 

SS)EDIT STUDY愛が強いNくんのお言葉嬉しいです(笑)。でも1年前に無料個別相談であった時の顔と全然違うね。すごい晴れやかというか!

 

Nくん)実は、高校1年生のときとかビリだったりもしたので、自信があまりなかったのですが、英検準1級合格や、立教合格が本当に自信になりました。

 

SS)それはよかった!あと、今年1年間見てきてNくんは本当に優しい性格の持ち主だなって感じる場面が多々ありました。大学では、「自信」と「優しさ」をもって楽しい学生生活を送ってください!

 

Nくん)ありがとうございます!You Tubeとかも個人的に興味あるんで、是非よかったら手伝わせてください!

 

SS)おお!是非是非!これからもよろしくね!

 

Nくん)宜しくお願いします!!

来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

 

 

EDIT STUDYの卒塾生1500人に聞いたEDIT STUDYの良かったサービスランキング!

1位 週に1度の1on1面談

・毎週自身の足りない部分に気付かせてくれた面談で成績が上がった!
明治大学経営学部経営学科進学!T・Kくん(千葉日本大学第一高校)

・自分から質問できるタイプではなかったけど、面談があったので何でも相談出来ました!
立教大学観光学部交流文化学科進学 S・Oさん(日出学園高校)

・毎週不安を面談で解消してくれたのが大きかったです!
早稲田大学社会科学部進学! A・Tさん(久留米大学附設高校)

1on1面談とは?こちらをクリック

2位 何度も反復してくれるテスト中心カリキュラム

・やることが明確でサボれない環境だから頑張れました!
明治大学商学部進学!丸子くん(船橋芝山高校)

・テストがあって皆で切磋琢磨できたから頑張れた!
早稲田大学国際教養学部進学!S・Mさん(アルジャー高校(東京インターハイスクール))

・テストがあったからこそ10か月心の支えになって頑張れました!
学習院大学 法学部 政治学科進学!H・Kくん(日々輝学園高等学校:通信制)

テスト中心カリキュラムとは?こちらをクリック

3位 少人数反転対話式授業

・対話式授業でサボりようがなかったし、クラスで仲良くなれたのが心の支えに!
早稲田大学教育学部社会地理歴史専攻進学!I・Tくん(井草高校)

・対話式で根拠まで聞かれるので理解力が高まり、成績が上がりました!
立教大学社会学部現代文化学科進学!H・Yくん(千葉英和)

・適度な緊張感と記憶に残りやすかった対話式授業!
順天堂大学 保健医療学部 診療放射線学科進学! N・Kさん(理系+P)

少人数反転対話式授業とは?こちらをクリック

なぜゼロからMARCHを実現できる?EDITSTUDYの全容を動画でざっくり解説!

下記のフォームをご入力いただくと自動返信メールにて動画URLをお送りします。

    お名前【漢字】(必須)

    お名前【フリガナ】(必須)

    学年(必須)

    続柄

    メールアドレス(必須)

    電話番号(必須)

      

    tiktokバナー lineバナー

    あなたにあった大学受験サービス診断!