立教大学コミュニティ福祉学部進学!K・Mさん(稲毛高校)

・合格校

立教大学 コミュニティ福祉学部 福祉学科

法政大学 法学部 法律学科

成蹊大学 経営学部 総合経営学科

東京女子大学 現代教養学部 コミュニティ構想専攻

東京女子大学 現代教養学部 国際関係専攻

関西大学 経済学部 経済学科

東洋大学 ライフデザイン学部 生活支援学科

神田外語大学 外国語学部 国際コミュニケーション学科 国際コミュニケーション専攻

神田外語大学 外国語学部 アジア言語学科 ベトナム語専攻

 

 

講師)第一志望合格おめでとうーーーーー!!今日はインタビューよろしく!

 

Kさん)ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

 

講師)早速じゃ合格者インタビュー初めて行きましょう!まずは塾選びからどんなことを重視して選んでたのかな?

 

塾選びの軸を明確にして選んだ環境

 

Kさん)そうですね、注視してたのは大学生のチューターさんとかそういう感じじゃないほうがいいなと思って、それでいろいろ見てきて、専門でやってる方が良いなって思いました。どうしても大手だと、私立だけじゃなくて国立も一緒だったら、出願とかの情報も私立一点張りの情報じゃないかなって思ったので。

 

講師)そうなんだ。何で専門とか大学生じゃないのを注視したの?

 

Kさん)私現役の時に英語入試の専門の塾の前に1回東進に入ってて、その後に早稲田塾にもいたいんですけど、どちらもチューターさんがいるんですよ。でその方と2週間に1回ぐらい面談するんですけど、絶対話が脱線して、だいたいチューターさんの恋バナとかになっちゃってたので(笑)その恋バナが大体40分ぐらい続くんで、それはそれで楽しいからいいんですけど、これをまた1年やるのもなっていうのは思いました。

 

講師)大学生アルバイトあるあるだね(笑)そこからどうやってEDIT STUDYを知ったの?

 

Kさん)家にパンフレットが届くまで知りませんでした(笑)他に河合塾と悩んでました。で河合塾も大手で国立と私立両方だし、チューターさんもいるし、現役の時と同じ感じになりかねないなと思ってやめて、そこでEDIT STUDYの体験授業を受けてっていうのが大きかったです。

 

講師)確かに体験授業がない塾は多いね。実際体験授業が大きかったって言うのは?

 

Kさん)まずは体験授業を受けて、授業の全体像が分かったのが大きかったです。高校に入っても先生も一番上の子達に合わせるから、いわゆるなんか東工大とか行く人用の授業になっちゃって・・。基礎が全くないのに、応用だけやってもよくわかんないけど、とりあえず分かった気になってるみたいな状態が続いてたので。

 

講師)確かにそれは進学校あるあるだね。

 

決め手は体験授業と年間通して明確なカリキュラム

 

Kさん)そうなんです。本当に基礎の基礎を体験授業でやって頂いたと思うんですけど、そこで合致して、応用をやってわけわかんないけど、分かった気になったのが、本当の意味でちょっとわかったような気がしたんです。あとは河合塾と高校と同じ気がして・・。

 

講師)というと?

 

Kさん)東進も河合塾も一応説明でテキストとか見せられて、「あなたはこれとこれをテキストでドンドン進めて~」って言われるんですけど、内容が理解できたかの確認とかがないので、また高校と同じように“分かったつもり”になるんじゃないかな?って思いました。EDIT STUDYはカリキュラムでどのテキストのどの範囲をいつやるか決まっていて、さらにそれが授業と連動してチェックするレギュラーテストが毎日あるじゃないですか?だから自分が“分かっているかどうか”確認できるなって思いました。

 

講師)なるほどね。しっかり大手含めて色々比較して自分に合う環境を選んでくれたんだね。ちなみに受験期でツラい時期とかはなかったの?

 

Kさん)そうですね、私終わった3日後ぐらいに全部美化されちゃう人なので(笑)なんか全然つらかった思い出はないんです。なのでなんか今となっては楽しかったなと思いますけど、でも一番きつかったのは12月です。世界史が結構辛かったですね。

 

講師)確かに暗記に対して苦手イメージ持ってたもんね。それもあったのでKさんとは1on1面談で10か月通して英検との併用のプランも綿密に立てたよね。

 

 

可能性を拡げた週に1度の1on1面談

 

Kさん)そうですね。先生から1on1面談で英検準一級取ったら満点になるところがいっぱいあるって教えてもらって、まず3科目の基礎をやりつつ英語は8月から10月にかけてさらに重点的にやって、11月ぐらいに準1級は受かって、とにかくそこからは世界史の詰め込みを必死に進めた感じでしたね。もちろん英語の読み込みも2時間はやって、文法も最低限やりつつ、あとは世界史だけとにかくやって。12月の共通テストではとりあえず8割弱まで持ってって感じでしたね。

 

講師)暗記科目は苦手イメージあっても、脳科学的にも正しく反復すれば暗記は出来るからね。でもその時期がやっぱり辛かったんだ。

 

Kさん)そうですね。そこそこの点数が取れて、このままいけば何とかなるかなって思ってたんですけど、私立の過去問やると全然できないなと思って、でもそこから世界史だけ基礎から徹底的に見直して、その時期が辛かったです。

 

講師)どうやってその時期を乗り越えたの?

 

Kさん)支えになったのは、クラスメイトの存在ですね。UさんとかTさんと中も良かったし、クラスの少人数のあの雰囲気も大きかったです。結局塾で初めて会って、仲良くなってお互いのバックグラウンドは別として、同じ環境でだいたい同じ位置で勉強してたから、話しやすかったですし支えになりましたね。

 

講師)確かにKさんのクラスの雰囲気は仲も良かったし、皆で切磋琢磨していこうって良い雰囲気だったね。休憩時間も問題出しあったりしてたし。ほかに息抜きとかはどうしてたの?

 

Kさん)SNSとかは最初全部シャットアウトしようと思ってたんですけど、やっぱり無理だなと思って、息抜きがてら見てたりしましたね。それも息抜き的にはちょうど良かったです。あと自分で意外とメンタル弱いんだなって気付いた部分もありました(笑)

 

講師)確かにKさんのメンタル面の相談は多かった印象だね(笑)

 

Kさん)高校時代とかはそんな感じもなかったんですけど、受験期はメンタル面は弱かったですね(笑)1on1面談で良く先生と話して立て直してもらってました。

 

講師)それだけ自分と向き合ってきた証拠だよ。せっかく第一志望合格したわけだし、大学でチャレンジしたことはある?

 

Kさん)留学ですね。今はオランダに行ってみたいです。すごい環境に対して変な装置を作ってて、その記事を何ヶ月か前に読んで、なんかそれですごい興味持ちました。あとは IELTSにもチャレンジしたいです!

 

講師)希望に満ち溢れてるね!最後に未来のEDIT STUDYの後輩に向けてメッセージをお願いします。

 

Kさん)そうですね、先生の言うことはちゃんと聞く、あと迷ったら相談するってことですね。私は先生に何度も修正するよう言われましたけど、夜遅くまで起きてみようかなとかやっちゃいましたけど、夜更かしは絶対やめたほうがいいと思います(笑)あとは先生との1on1面談で色々相談した方が良いですね。英検含めて可能性を拡げられましたし、出願に関しては学部や学科で配点が全然違うので、英検とか選択科目とか有利に進められるのを1on1面談で相談して決めた方が良いですね。

 

講師)確かに、10か月通して1on1面談含めてEDIT STUDYの情報やシステムをfull活用して合格をたくさん勝ち取ったKさんらしいね!本当におめでとう!

 

Kさん)こちらこそありがとうございました。