立命館大学産業社会学部現代社会学科進学! S・O君  (星野高校)

合格校

立命館大学 産業社会学部 現代社会学科 現代社会専攻

東洋大学 経営学部 経営マーケティング学科

立正大学 社会福祉学部 教育福祉・社会デザイン学科

 

SS) O君、立命館大学合格おめでとう!

 

O君) ありがとうございます!

 

SS)合格の瞬間はどんな気持ちでしたか?

 

O君) 最初発表見たときはすごく安心しました。

 

SS)なるほどね。ここまで楽だったわけじゃないと思うし、最後までやり抜いてきてつかんだ立名館合格は本当に素晴らしいと思います。ではEDITSTUDYに入るまでの経緯を聞いていきたいんですけど、高校時代の勉強はどんな感じでした?

 

入塾の決め手は怠けさせない面倒見の良さ!

 

O君)現役の時は3年の夏休み終わりくらいまで野球やってて、そのまま指定校で行こうと思ってたんですけど、第一志望のところを取れなくて…そこからあんまり下の大学を出す気になれなくて一般に切り替えました。なのであんまりやってやろう!みたいな感じじゃなくて、「しょうがないか」みたいな感じでちょっと舐めてたと思います。それから9月の半ばぐらいから受験勉強に取り組んだんですけど、とにかく正しい勉強方法がわからなかったです。学校のテストはその範囲の中でやればいいんで多少取れてたんですけど、受験勉強ってなると、とりあえずまず単語からやって単語終わったら何やればいいのかわからなくて、日本史もほぼ一問一答覚えるだけみたいな…

 

SS)なるほどね。どれだけ勉強時間を取ったとしても正しいやり方じゃなければ実力にはならないもんね。そういうのを教えてくれる塾に通おうとは思わなかった?

 

O君)探したんですけどあんまり9月に受け入れてくれるところもないんで体験にもいってないです。そのまま独学で入試を迎えて、結果はまぁ厳しかったです。浪人の塾は勉強方法を一からしっかりと教えてくれるところが良いなと思って塾を調べてたらEDITSTUDYを見つけて、英語はゼロから重点的に仕上げて、自分が得意な国語は最小限でっていう自分に合ったカリキュラムだったので、もしダメだったらここにしようと思ってました。

 

SS)そうだったんだね。他の塾は検討しなかったの?

 

O君)知り合いが四谷学院に行ってたので、説明会は行きました。EDITSTUDYか四谷かで迷って決めた感じです。

 

SS)EDITSTUDYを選んでくれた決め手はなんだった?

 

O君)四谷の説明会は生徒10人プラス親10人くらいで一斉に説明して、説明の人もなんか慣れてる感じで「みんなに同じ言葉言ってるんだろうな」という印象でした。EDITSTUDYは一人に対して結構長く面談してくれて、一人に対して授業もちゃんとやってくれたんで、面倒見が良い塾なんだなと思いました。自分は結構管理されないと続けられないと思ってたので、ここだったら怠けずに1年間できるかなって思いました。

 

SS) 大手の予備校だと人数が多い分どうしても一人にかけられる時間が少なくなってしまいがちだからね。それは入塾までのプロセスだけではなく入塾後のサポートも同じだと思います。では実際にEDITSTUDYに入塾していろいろなサービスがあったと思うんだけど、自分が成功できた最大の要因は何だったと思う?

 

O君)やっぱり私大文系専門のカリキュラムですね。毎日やることが決まっているので大変なんですけど、過剰にきつすぎるというわけではないので、レギュラーテストを頑張ってればMARCHに行けるっていうのがありがたかったです。

 

SS) O君はレギュラーテストほぼすべて合格してたもんね!

 

O君)そうですね。何をやればいいのか明確だったからテストも頑張れたのだと思います。10か月後の勉強内容まで明確に決まっているから、余計なことを考えずに次の日のテストの勉強に集中してれば自動的に成績が上がっていくっていうわかりやすさが自分に合ってたと思います。

つらい時にしっかりと支えてくれる1on1面談

 

SS)なるほどね。ずっと順風満帆というわけではなかったと思うのですが、一番つらかったときはどんな時でしたか?

 

O君)一番は共テ終わってから一般終わるまでの間ですね。

 

SS) そうだったんだ。

 

O君)共通の過去問では東洋ぐらいまでは英検込みで普通に取れるぐらいの点数は取れてはいたんですけど、自己採点した時に想定より低くて…この時期もともと得意だった国語がだんだんできなくなっちゃって、最後の方は国語わりと嫌いになっちゃってました。

 

SS) 現代文演習とかで普通に8割以上取ってたし、満点近くとることもあったもんね。現代文は特に問題との相性だったりその場で考えて解く科目だから一番安定しづらい印象はあります。

 

O君)結構本番に弱いっていうイメージがこの18年間ぐらいずっとあって、まあ「やっぱりか」みたいな。嫌なことがあっても基本すぐ忘れるタイプなんですけど、共テ終わってからは一日引きずってしまって…でもその後の面談でうまく切り替えをしてもらって、一般も頑張れたかなと思います。

 

SS) たしかに普段あまり動じないO君が結構ショックを受けているように見えました。共テ直後の面談でどんなふうに切り替えられた?

 

O君)あんまりそう言われるとは思ってなかったんですけど、第一志望合格において共テは関係ないから気にしなくていいってはっきり言ってくれたので、先生がそう言うなら「じゃあいいな」って。

 

SS) 素直だね(笑)共テはただの前哨戦でしかないし、私文受験生にとっての本命はあくまで個別試験だからね。全員に対してそうしてるけど、共テ直後に面談を組んで即切り替えてもらうように徹底してます。そんな風にEDITSTUDYは常に講師が近くにいてすぐ相談できる状況を作っているような塾だったわけですけど、それはO君にとってはプラスでした?

 

O君)あんまり自分から質問に行くのが得意じゃないので、気になったことがあったら1on1の機会があるからそこで言えばいいかっていう安心感がありました。自分はわからないことを溜めておくと、結局放置してしまうことも多かったので、今年はあんまり溜めてなかったです。去年とかは相談する人もあんまりいなかったんで、勉強の戦略とか出願とかの面でも結構面談が大きかったです。

 

SS) 出願戦略の時はどういう風に良かった?

 

O君)あんまり否定もせずに自分の行きたいところをまずは聞き出してくれて、その上でここはどう?みたいに提案してくれて、提案してくれたところがどう自分に合ってるのかとか、問題の形式が自分に合ってるかどうかとかそういうところまで一緒に考えてくれたので納得して戦略を決められたのが良かったです。

 

SS) 私大文系は出願形式が個々に本当に複雑で情報戦の様相を呈しているからね。私大文系に特化しているEDITSTUDYだからこそO君に合った出願戦略が作れたのだと思います。では10ヶ月受験勉強をやり抜いて、学力以外に得たモノは何だったと思いますか?

受験で得たモノは頑張ったと言える経験

 

O君)今まで何か一つのことを本気でやるみたいなことがなかったので、この1年間で受験勉強を本気で頑張りましたって1個言えるのかなと思います。今まで野球も他の人に比べてめちゃめちゃ本気でやってたわけじゃないし、学校の勉強もそんなに本気でやってたわけじゃなかったので、初めて頑張って何か達成できた!っていう風に言える経験を獲得できたんじゃないかなと思います。

 

SS)たしかに私から見ても何があっても動じずに鉄人のようにやり抜いてたみたいな印象だったよ。

 

O君) 結構外からはそう見えるって言われるんですけど、意外に繊細なところもあって(笑)まあ時間が経てば忘れるんですけど、それまでは結構引きずったりはするんで、そんなにずっとメンタルが安定してたわけじゃなかったです。でも今回受験勉強を最後までやり抜けたので、自分に自信が持てると思います。

 

SS)なるほどね!では最後に未来のEDITSTUDY生にエールをお願いします!

 

O君)「毎日塾に来る」ですね。

 

SS) O君らしいけどシンプルだね(笑)

 

O君)本番の試験も朝から始まるのでなるべく朝からちゃんと起きて、授業に行って、できれば夜まで勉強して、それを一年間やれば自然と学力も上がると思います。ずっとこのサイクルでやってると入試日が連続になっても特につらくなかったので、朝から毎日塾に来るのが大事ですね。

 

SS)そういう習慣を作ることで本番の時もいつもと同じようなパフォーマンスが出せるようになるってことだね。素晴らしいと思います!今日は来てくれてありがとう!立命館でのキャンパスライフ楽しんでくださいね!

 

O君)ありがとうございました!

 

 

今からでも間に合う!!
塾・予備校選びや転塾を検討の方必見!!EDIT 夏からコース募集開始!!