2024年合格実績速報!

法政大学現代福祉学部進学!J・Tくん (高卒認定)

合格校

法政大学 現代福祉学部 コミュニティ福祉学科

法政大学 スポーツ健康学部

成蹊大学 経営学部

成蹊大学 経済学部

成蹊大学 法学部

國學院大學 人間開発学部

立命館アジア太平洋大学 国際経営学部

 

 

SS)全勝おめでとう!進学先は決めた?

 

Tくん)ありがとうございます! 楽勝でしたね!(笑

進学先は法政の現代福祉にしようと思ってます。

 

SS)おお、そうなんだ。立命館アジア太平洋かと思ってました。

 

Tくん)そっちも考えたんですけど、やっぱり東京かなと思って。

 

SS)そうか。じゃあ早速インタビューしていきたいと思います。受験した大学・学部に全勝したTくんだけど、一番嬉しかったのはどこ?

 

國學院合格で一安心

 

Tくん)國學院かもしれないですね。最初の発表で、「大学に受かった」っていう安心感がかなりありました。

 

SS)Tくんは実力はあるのに不安が大きい受験生だったからね。普通にやれば普通に受かったでしょ?

 

Tくん)そうですね、普通に受かりましたね(笑

一番嬉しかったところでいくと、やっぱり法政ですかね。「やった、法政に行ける!」ってひとりで叫びました。

 

SS)実力的には普通に合格圏内だったけど、実際に受かると嬉しいよね。では、Tくんは高校中退から高卒認定を経て大学受験という、やや変則的な経歴だけど、まずはEDIT STUDYに来る前のことを少し教えてください。

 

Tくん)はい。いろいろありましたね(笑

まず僕は両親ともに外国籍で幼い頃は貧しかったこともあって、中学生くらいの頃は地元の悪い友人とよく遊んでたんですね。でも、そこそこ勉強はできていたので高校受験でそれなりの公立高校には入れました。

 

SS)はい。

 

高校を中退して国立理系を目指す

 

Tくん)それで今も地元の友達と仲良いんですけど、高校に入ったら周りに真面目な子が多くてまったく合わなかったんですよ。だからもう辞めようと思って高1で辞めました。

 

SS)そのあたりの決断はあっさりしてるんだね。

 

Tくん)まあ勉強は自分ですればいいしと思ってて。そこから高卒認定はささっと取って、一昨年、2021年の春くらいから地元にある個人塾に通って勉強してました。

 

SS)そんな話でした。

 

Tくん)当時は九工大狙いで理系の勉強をしつつ、ゲームでお金もちょっと稼ぎつつ、という生活をしていました。

 

SS)そういえばプロゲーマ―だったね。

 

プロゲーマ―時代

Tくん)はい。でも生活できるほどでもないし、勉強して大学行って起業みたいなイメージだけ持ってたので、とりあえず理系かなと。

 

SS)なるほど。その塾はどうだったの?

 

Tくん)熱心に教えてくれてよかったんですけど、管理が厳しくて、塾内でスマホ使ってたのがバレて退塾になりました。

 

SS)そうなんだ。それは厳しいけど、ちゃんとやらない人が悪いよね。

 

Tくん)そうですね。ただ国立理系の受験はきついかなって思い始めてたときでもあって、ネットで他の道を探してたらEDIT STUDYを見つけて、「お、10ヶ月でMARCHいいじゃん」って。

 

国立理系から私立文系へ

 

SS)フットワーク軽いね(笑

 

Tくん)そうですかね? それで私立文系狙おうってなって、四谷学院と河合塾も検討したんですけど、わりと早めにESに決めました。

 

SS)おお、それはなんで?

 

Tくん)まず、自分が人より遅れてるという自覚はありました。だから、普通の塾・予備校というか、一般的なルートは合わなそうだなと。

 

SS)はい。

 

Tくん)で、ここに話を聞きに来たら、体験授業でも本当にゼロからスタートだったし、英語の読み込みも合理的だなと思って、やれそうだなと感じました。

 

SS)なるほど。そうやって始まった私大文系受験生としての生活ですが、振り返ってみてどうだった?

 

ゼロからの世界史

 

Tくん)うーん、、きつかったっすね。特に夏あたりで世界史Rテストが週2回になった頃は大変でした。

 

SS)Tくんは世界史ゼロからだったからね。

 

Tくん)世界史に関しては完全にゼロでしたね。今となっては世界史マスターですけど(笑

 

SS)そうなの?

 

Tくん)そうですね、ほとんどの入試で9割は取れたと思います。

 

SS)それはたしかに世界史マスターかもしれない。世界史がそこまで伸びた要因は何だと思う?

 

Tくん)年号ですね。先生に言われてとにかく年号を覚えまくって、あとは教科書をひたすら反復しました。それだけです。

 

SS)ES的王道スタイルですね。年号は効くでしょ?

 

Tくん)年号最強です。マジで簡単に解けるようになりました。

 

SS)それはよかった。では話戻すけど、夏頃に世界史Rテストがきつかったってことだけど、そこはどうやって乗り越えたの?

 

Tくん)それはもう、、気合いと根性です(笑

覚えるだけで点数になるので、やるしかないと思ってやってました。

 

SS)さすがです。他にきつかったことなどありますか?

 

Tくん)人間関係ですかね。友達、彼女、家族、各方面でいろいろあったので、理想的な浪人生活というわけではなかったですね。

 

SS)そうだね。結局そのせいで古文には手が回らず、現代文のみの受験になったよね。

 

Tくん)そうですね。まあ、それでも法政受かったんでよかったです。

 

SS)いろいろあった中でも法政合格を決められた要因は何か思い当たる?

 

覚えるだけで点数になるものを覚える

 

Tくん)学力の面で言うと、さっきの世界史、あとは『鉄壁』と『UPGRADE』、この3つを何周もやって完璧に覚えました。

 

SS)それは強い。

 

Tくん)世界史の教科書でチェックした年号、『鉄壁』と『UPGRADE』に載っている問題については完璧ですね。この積み重ねが入試本番での自信につながったと思います。

 

『鉄壁』の裏表紙

 

 

SS)ESの基本戦略、「基本問題で1問たりとも落とさない」を忠実に実行してるね。他に合格に役立ったなと思うものはある?

 

1on1面談で不安を解消

 

SS)やっぱり1on1面談ですね。僕はかなり不安を強く感じるタイプで、そこを毎週話ながら解消できたのは助かりました。

 

SS)毎週かなり出来上がった勉強計画を持ってきてて、私は「うん、いいね」って言うだけのことが多かった気がします(笑

 

Tくん)そうですね。でも、そこを確認してもらえるというのが僕にとってはすごく大きかったです。

 

SS)あとは友達、彼女、家族の話もたくさんしたね。

 

Tくん)そうですね。そこも助かりました。特に家族のこととかは誰にも相談できなくて、塾に来て話を聞いてもらったおかげで勉強を続けられたと思ってます。

 

SS)Tくんは1on1面談以外でもよく質問に来てたしね。

 

Tくん)はい。ここって先生がいつもいてドアも開いてるじゃないですか? そこも勉強しやすかったですね。

 

SS)上手くESを活用してくれたようでよかったです。それで法政大学という学歴を手に入れたわけだけど、この10ヶ月で学歴、学力以外で得たものってなにかある?

 

Tくん)うーん、「やればできる」という根拠のない自信?

 

SS)根拠ないの?

 

Tくん)根拠なく自信があったんですけど、それに実績が加わった感じがあります。これがいわゆる「成功体験」というものですかね。

 

SS)なるほどね。「やればできる」と思ってやってたら、本当にできたということだね。大きな一歩だと思います。

 

Tくん)ありがとうございます。

 

ゼロからMARCHに受かるには

 

SS)では、最後に、かなりゼロに近いところからMARCH合格を決めたTくんから、未来のES生に向けてアドバイスなどもらえますか?

 

Tくん)アドバイスできるほどじゃないと思いますが、僕の実感をお話すると、「塾の言う通りにやれば絶対受かる」。これだけですね。

 

SS)シンプルだね。具体的には?

 

Tくん)世界史と英語読み込みですね。この2つを頑張ればあとはなんとかなると思います。古文に関してもクラスの周りの人たちは普通に解けるようになっていたので、僕も時間あればやりたかったなあというのはありますが。

 

SS)あのときはちょうど大変な時期だったから仕方ない部分もあったね。

 

Tくん)ですかね。でもまあ、これで堂々と東京行けるんで大満足です!

 

SS)よかったです! 今日はインタビューに来てくれてありがとう。東京生活、思いっきり楽しんでください!

 

※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

あなたにあった大学受験サービス診断!