法政大学国際文化学部の過去問分析【GMARCH】

こんにちは、GMARCH【過去問分析コラム担当】の岩澤です。
本日は法政大学国際文化学部の過去問分析を見ていきましょう。

構成

2017年までは読解問題4題であったが、2018年度は会話文が1題加わり計5題であった。解答形式は全問マークシート。

 

時間配分                         

試験時間:90分

読解問題:15分強×4・会話文:15分程度

 

解法

入試問題の特徴とポイント

2018年度は、試験時間90分に対し、読解問題4題と会話文1題という問題量の多さであった。よってこの問題量をこなすためには速読力を鍛える必要がある。また長文の内容真偽を問われることから、問題文を正しく読む精読力も必要となる。英文の内容は標準レベルであり、設問も標準であることを鑑みても、1問に躓くと時間不足になり解ききることができなくなる可能性があるので注意が必要である。

 

設問形式の特徴とポイント

読解問題は例年、空所補充、内容説明、同意表現、語句整除、内容真偽などが中心に出題されている。これまでに出題された英文のテーマは、インターネットや人間、社会、環境、科学など幅広く出題されている。日頃から教養を深めておく必要がある。2018年度の出題された会話文は、戯曲を用いた内容説明と空所補充であった。

 

解答形式の特徴

全問マークシート形式。

 

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)