2024年合格実績速報!

明治大学政治経済学部進学!R.Mさん (成蹊大学付属高等学校)

合格校

明治大学政治経済学部地方行政学科

 

 

SS)今日は来てくれてありがとう!それではインタビューをさせてもらってもいいかな?

 

Mさん)ダメです。

 

SS)えぇ

 

Mさん)私いい答えが返せるか分からないですよ?

 

SS)大丈夫です!いい話を聞けるのを期待しています!

 

SS)気を取り直して、まずは合格おめでとう!見事第一志望合格をつかみ取りました!

 

Mさん)あっ、ありがとうございます

 

SS)そんなにかしこまらなくても大丈夫ですよ。合格発表は緊張した?

 

Mさん)めっちゃ緊張しました。ただ、合格発表のボタンを押す前に結果が見えちゃって。

 

SS)どういうこと(笑)?

 

Mさん)なんか合格発表の画面に行く前の画面に合格って書いてあって。「えっ」っていう感じでしたね。なので緊張はしたんですけど、合格発表のボタンを押すドキドキ感みたいのはあんまりなかったです。

 

SS)Mさんらしいハプニングですね。

 

Mさん)そのあとお母さんに報告して。お母さんは「えーすごいじゃん!」って飛び上がって喜んでくれました。

 

SS)記憶に残る一日ですね!

 

 

入塾の決め手は基礎から始まった体験授業

 

SS)最初に入塾の経緯を聞いているんだけど、どんなきっかけでEDIT STUDYに来てくれたのか聞いてもいいかな。

 

Mさん)まずは吉祥寺で予備校を探していました。吉祥寺には有名な予備校はほとんどあって、どれにしようかなぁって。

 

SS)たしかに吉祥寺は予備校をコンプリートしているよね。

 

Mさん)ただ大手予備校だとやっていける自信がなかったんです。そういうところに入っている人ってだいたい高校1年とか2年とか早めに入っているじゃないですか。なので3年生から入ってついていけるビジョンが思い浮かびませんでした。

 

SS)確かに3年生から入ると周りとの差を感じてしまうこともあるかもしれないね。

 

Mさん)なので中堅で少人数の予備校をメインに探していました。

 

SS)なるほど。その中で最終的にEDIT STUDYを選んでくれた理由はなんだったのかな?

 

Mさん)体験授業を何度かしてくれたじゃないですか。それで対話式授業だと分かりやすいなって感じて。最終的な決め手はそこだったと思います。

 

SS)基礎から始められるというのがMさん的に大きかったということですね。

 

学校と受験勉強の両立も周りのサポートで乗り越えた

 

SS)実際に10カ月間受験を経験して、しんどかった時期とかってあったりした?

 

Mさん)年末がめちゃくちゃしんどかったです。まずは学校の定期試験があって。そこにプラスで塾で選択科目の演習を解きまくる日があったじゃないですか。そういうのが色々と重ねってヤバいなって。

 

SS)Mさんは内部推薦も狙っていたから両立は本当に大変だったね。

 

Mさん)そうなんですよ。受験勉強もやって学校のこともやってっていう感じだったので。特に学校の年末の課題でプログラミングとかやっているときは、なんでこんなことをやっているんだっていう状態でした。

 

SS)そういえばそんなことも話していたね。そのつらい状況はどうやって乗り越えたんですか。

 

Mさん)つらいなって思ったら、自分をサポートしてくれている家族とか友達とかを思い浮かべて、こんなに応援してくれているんだから頑張ろうって考えていました。あとはSSに勉強の仕方やバランスなんかを相談しながら両立をしていきました。

 

SS)確かにその辺も色々と相談しながら進めていきましたね。内部推薦との併願は大変だったと思うけど、よく頑張り切りました。

 

 

成績アップの秘訣は読み込み&一冊を信じぬくこと

 

SS)あとは10カ月間EDIT STUDYに通っていて、何か良い思い出とかはあったりする?

 

Mさん)総復習テストで満点をとれたのがすごくうれしかったです。もともと自分は入塾したときはクラスで一番できないんじゃないかっていうくらい英語がダメで。そんな中で頑張り続けて結果が出たのが一番うれしかったです。

 

SS)Mさんはテストに向けて本当に頑張っていたよね。確か面談の時に「私総復習テストヤバいです」っていいながらちゃっかり満点を取っていて、すごいなと思ったのを覚えています。

 

Mさん)本当に自信がなかったんです!ただ単語のRテストを毎回合格点を目指していたり、読み込みを欠かさず毎日やることで何とか達成することができました。

 

SS)やっぱり読み込みはだいぶ役立った?

 

Mさん)めちゃくちゃ役に立ちました!後半に入ってくるとリンガメタリカで読み込みをするじゃないですか。大変だなって思いながらずっと続けていたんですけど、そこで覚えた難しい単語がそのまんま受験で出てきたんです。明治の政治経済学部って英文の専門性が高いじゃないですか。ただリンガメタリカの背景知識だったり、専門的な英単語だったりを読み込みでしっかりと固めておくことで合格につながったと感じています。

 

SS)そうだったんだ。しっかりとやってきたことが成果につながって本当に良かったね!あとはRテストに関してもMさんは毎回しっかりと合格点を取り続けることができていたね。

 

Mさん)合格点を取るのは結構大変だったんですけど、そのおかげで色々と知識が定着したと思います。特に日本史が一番伸びたかなと。

 

SS)日本史ではいつも満点近く取ることができていたよね。何か勉強の秘訣とかはあったりしたのかな?

 

Mさん)学校の友達がみんな11答とかを使っていて、私もやらなきゃヤバいかなって思ったんですけど、一冊を極めるのが大事だと思って教科書だけを隅から隅まで暗記しました。そのうえでRテストでアウトプットを繰り返すことができたのが、日本史の成績アップにつながったんだと思います。

 

SS)どうしても周りの人がやっている参考書ってやりたくなっちゃうよね。ただ、浮気しすぎると結局何も入っていないまま終わってしまうことが多いので、Mさんの良い判断だったと思います!

 

クラスメイトと一致団結した少人数クラス

 

SS)あとは実際にEDIT STUDYに通ってみて、良かったなと思うこととかあったりするかな?

 

Mさん)私的に一番良かったのは高校3年生と浪人生しかいないっていうところが良かったです。

 

SS)というと?

 

Mさん)来年受験を控えている人しかいないから集中できるし。あとはクラスで一致団結して受験を乗り越えようっていう雰囲気があったと思います。

 

SS)あのクラスは特に仲良かったからね。一般的に予備校というと殺伐としたイメージがあるけど、どちらかっていうとアットホームな雰囲気でした。

 

Mさん)そうなんですよ。少人数でクラスメイトと仲良く話すことができたので、つらい時期でも一緒に乗り越えることができたと思います。休み時間とかに少し集まって「受験大変だよねー」とか「あのSS面白いよね」みたいな話をしてました。

 

SS)それはどのSSのことを言っているのかな?

 

Mさん)それは言えません!ただそんな雰囲気だったから受験をやり切ることができたんじゃないかなって思います。

 

来年の受験生に向けてのメッセージ

 

SS)それでは最後に来年の受験生に向けて何かアドバイスをもらってもいいでしょうか。

 

Mさん)成績が伸びない時でも最後まで自分を信じて頑張ってほしいです。私は最後の最後まで第一志望の過去問で合格点を上回ることがありませんでした。いつも数点足りずに、もうだめかもしれないと思うことがあったんですが、それでも最後まであきらめずに対策をすることで合格をすることができました。なので来年の受験生もつらい時でもやり抜いてほしいと思います。

 

SS)Mさんはいつも合格最低点に数点ほど足りずに、不安そうな表情を良くしていましたね。そんな中で最後までよく頑張り切りました!この経験を大学生活でも生かして、ぜひ充実したキャンパスライフを過ごしてくださいね!

 

Mさん)わかりました!今日はインタビューありがとうございました!

 

※来年の受験を控えた方必見!下記バナーをクリックしてください!
参加受付開始!先着順なのでご予約はお早めに!

 

あなたにあった大学受験サービス診断!