学習院大学経済学部の過去問分析【GMARCH】

 こんにちは、GMARCH【過去問分析コラム担当】の岩澤です。

本日は学習院大学経済学部の過去問分析を見ていきましょう。

構成

大問数7題、マークセンス法と記述式の併用である。記述式では英文和訳、内容説明、和文英訳などが見られ、英文和訳は字数制限がついていることが多い。

 

時間配分

Ⅰ:30分 Ⅱ:20分 Ⅲ:10分 Ⅳ~Ⅶ:5分×4

 

解法

入試問題の特徴とポイント

読解問題3題、文法・語彙2題、会話文1題、英作文1題という大問構成が定着している。読解問題においては、様々なテーマから出題があり、1,2は読解総合問題で、空所補充、同意表現、書き換え、内容説明、英文和訳、内容真偽などが頻出である。3は空所補充のみである。文法・語彙問題は空所補充と誤り指摘が出題され、幅広い文法知識が問われる。会話文は短い対話ののち、空所に当てはまる正解の選択問題である。

英作文は短文英訳が2問出題されるが、一部語句の指定があることが多い。

難易度は標準的。ただし大問数が多いので、神経質になる必要はないが、時間配分にはなれておく必要がある。読解問題の配点が6割以上を占めている。英文は標準的で良質なものなので、日ごろの読み込みをしていれば問題はないだろう。素早く情報を処理する能力ではなく「1文単位の正確な読解」が求められる。全体の趣旨を正確に把握して読み込むことを意識しよう。記述式の内容説明や英文和訳も出題されるので読解力に加え、表現力についても留意したい。文法・語彙問題では、基礎的な読解と英作文。会話文の出題がある。UPGRADEをしっかりとこなしておこう。誤り指摘では正確な文法・語法の知識が問われる。学習の際は、根拠を持って選択肢をすべてつぶしていくことを意識しよう。

会話文では空所補充で完成させる問題が出題されており、短い会話の中から状況を正確に把握することが求められる。慣れない言い回しもあるが、基本的な文法事項で選択をすることは可能なので、まずは文法的に当てはまるか、ということは意識したい。センター試験の過去問をやりこむとよい。総じて、例年の出題傾向は非常に類似しており、過去問対策が有効である。全学部的にも似通っているので、受験の際はどの学部を受けるにしても、複数学部の問題をこなしておくとよいだろう。

 

英作文

記述式でしっかりと対策をしておきたい。エッセーのような本格的な記述問題ではないため、英語で考えを記述する能力ではなく、構文や語彙の知識を問う文法問題的な要素が強い。書き出しの語句や最終語句の指定が与えられているので、頭の中にある文法をしっかりと整理しておくこと。スペルミスによる減点は何としても避けたい。

 

解答形式の特徴

記述式とマークシート法による選択式。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)