学習院大学法学部の過去問分析【GMARCH】

こんにちは、GMARCH【過去問分析コラム担当】の岩澤です。

本日は学習院大学法学部の過去問分析を見ていきましょう。

構成

試験時間90分、大問数7題、マークセンス法と記述式の併用で、マークセンス法が大半を占める。記述式では英文和訳、内容説明、和文英訳などが見られ、英文和訳は字数制限がついていることが多い。合計設問数45/記述問題数9が基本的な設問数である。

 

時間配分

大問1~大問2 計60-70分 

大問3~大問7 計20-30分以内

 

解法

入試問題の特徴とポイント

例年ほとんど出題変化がなく、今年度もこの形式を踏襲してくる可能性が高い。全体的な内容を問うよりも、下線部についての意味を問う設問が多い。解答には下線部にある単語・構文の意味が分かれば解けるものと、数か所にわたって根拠を求めて解く必要のあるものがある。読解問題の形式は過去数年間を通じてほぼ一貫している。[ IV ]以降は単発の文法問題で構成されており、最後の和文英訳もupgradeに出てくる基本熟語の組み合わせで書けるものであるため、時間としては10分程度で解答可能だろう。[ III ]の空所補充も10分以内で解答できるため、最初の[ I ][ II ]70分ほどかけられるイメージである。これは記述問題を考慮しても時間制限としては非常にゆるい。長文に集中したい場合は[ III ]から解答を始めて、時間的・精神的に余裕を持った状態で[ I ]に戻ってくるとよい。

学習院大学全学部の出題傾向は非常に似通っているので、過去問対策が有益な学習となる。また、法学に即した問題も出題された年もあるため、練習の参考にしたい。

文法・語彙は慣用表現・熟語・構文の知識が求められる。誤り指摘問題も幅広く文法の知識を問う形となっている。

会話文では、語句や応答文の空所補充による完成問題が出題されている。いずれにせよ基本的な問題がほとんどのため、UPGRADEやセンター試験の過去問が良い教材となるだろう。

 

英作文

基本的な構文で書ける水準の問題が多いので、構文集(UPGRADE等)の例文を暗記すると良い。語彙も基本的なものであるが、誤字などには気をつけよう。

 

解答形式の特徴

記述式とマークシート法による選択式。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)