中央大学経済学部-過去問対策-

【英語】

■構成

“前半:単語の言い換え(語彙)・熟語等のイディオムを問うもの、並び替え、会話文
後半:物語1題、評論1題、英作文1文”

■時間配分 (試験時間:90分)

“前半(Ⅰ~Ⅵ):25分 長文1(Ⅶ):20分 長文2(Ⅷ):30分 英作文:10分
 

■解法

<文法>

標準的な問題が並ぶため、文法書を1冊仕上げる

・後半の長文問題に時間を残すために、速く解く訓練をする

<長文2題の解法>
①設問内容確認
②文章は全て読む。ただし速読で流しつつ、設問に関わる付近は精読
③数段落読んだら設問に飛ぶ→各選択肢精読+根拠を探す
→根拠が見つからなければ、ひとまず本文を読み進める
④和訳問題は10点分。必ず構造把握をしてから丁寧に訳すこと

<英作文>

内容は平易。与えられた日本文の内容を理解したら、それを別の英語にしやすい日本語に1回変換してから英作する。時間があれば自分の書いた英文を構造把握等し、文法的矛盾がないかチェックする。

【国語】

■構成

“評論文:1題(50点)
評論orエッセイ:1題(20点)
古文:1題(30点)  ”

■時間配分

□1:25分  □2:15分  □3:30分 を目安に調整

■解法

<現代文>(□1-□2)
①前提として本文をなるべく速読すること。特に□2は読みやすいのでダッシュ。
②傍線部+3行程度まで読んだら都度設問に飛ぶこと
③設問で問われていることをきちんと把握すること。
④空欄補充の記述や書き抜き問題等、1分考えて分からなければ飛ばすこと

<古文>
①時間がない場合は特に、内容理解ができない部分はどんどん飛ばして読むこと
②残り時間が20分以上→最後までまず読む。20分未満→傍線部に来たら都度設問へ
②助動詞・助詞の判別等の基本問題で必ず正解すること
③解釈問題以外でも、傍線部の文章はまず必ず品詞分解して直訳すること
④傍線部が含まれている1文は現代文同様全て読むこと(近くにヒントあること多い)

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)