第6弾 名川先生の授業日誌【講師が嬉しいとき】

あけましておめでとうございます。
関係各位の皆様方、昨年中は大変お世話になりました。
本年も何卒よろしくお願い致します。

さて、今週から授業は始まっていますので、2015年最初の授業日誌です。

 

実は2014年の最後は大変後味の悪いものでした。
私が担当する夏からコースメンバーの英語総復習テストの結果が散々なものだったのです・・・。
各科目の演習量も増えてきているため英語の復習に充てる時間がなかったのかもしれませんが、日々真剣に取り組んでいればわざわざ復習をしなくても解答できる内容です。私も悲しくなる結果でした。
また年末年始にかけて体調が悪い生徒も多く、心配もありました。

そんなテストの結果を受けて本人たちも落ち込んでいたため、どう声をかけようかと考えたのですが、年末年始の過ごし方は受験生にとって非常に重要ですので、課題を与えつつ少々厳しく檄を飛ばしました。

 

――― そんなことがあり、年始の授業です。
ほとんどの生徒が課題に取り組んでくれていました。
またそれよりも嬉しかったことは、生徒達の顔つきが少し凛としたように見えたことです。

年が明けて受験が目前に迫ってきたこともあるのか、授業への集中力も増していました。

 

私、そして恐らくDIET STUDYの講師陣は、このような生徒の変化に一喜一憂します。

指導を通して成績が上がることも嬉しいですが、モチベーションや勉強への取り組み姿勢に良い変化があったときは非常に嬉しいものです。

 

予備校の講師というより、学校の先生に感覚が近いのかもしれません。

少人数の対話式授業をしていると、生徒のことが手に取るように分かります。

勉強に関する得手・不得手だけでなく人間性やその日の集中力まで、日々10人用のアットホームな教室で時間を共にしていれば分かってくるものです。

 

当然ながら、能動的かつ集中して勉強に取り組むほど吸収するものは多くなります。

彼らのラストスパートを見守り、一緒に最後まで戦っていきます。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)