第1弾 名川先生の授業日誌【はじめまして!】

こんにちは。DIET STUDYの名川です。
塾長ブログでは勉強法や受験への心構えなど、受験において非常に実用的な内容が多数紹介されています。
このブログでは、授業の雰囲気・内容の紹介や日々の塾内での出来事、私を含めDIET STUDYの講師がどんなことを考えているのかなどDIET STUDYの「具体的な中身」を紹介していきたいと思います。
現状DIET STUDYに在籍している生徒・生徒の保護者様はもちろん、塾をお探し中の方でこのHPをご覧いただいている方に具体的なイメージを持っていただければ幸いです。

初回である今回は、まず自己紹介をきちんとさせていただきたいと思います。
私は現在『夏からコース』の、英語・国語・世界史を担当しています。
※夏から半年で合格を目指すこのコースについては、追って紹介したいと思います。

プロフィールはHP上の「講師紹介」ページにも記載がありますが、横浜にある桐蔭学園という中高一貫校を卒業し、慶應大学経済学部へ進学、卒業後は6年間株式会社キーエンスで営業の仕事をしていました。

■中高時代
小さい頃から勉強が嫌いで大学までエスカレーターで行ければと中学受験をしました。しかし志望の学校に落ち、結局勉強をいっぱいする中高一貫の進学校に入学しました(笑)
中高は試験の度にクラスが入れ替わる能力別クラス制でしたので、下のクラスに落ちたくないという意地が勉強の大きな動機になっていました。恥ずかしながらあまり能動的なものではありませんが、この仕組みのおかげで一定以上の学力が確保されたと今では考えています。
また高校時代は部活動が週5回あったので、勉強は授業の予復習程度でした。
さらに周りの仲間が高2で引退するところを、自分の中でケジメがつけられるところまで頑張りたいと高3の秋まで続けました。両親などは受験についてさぞ心配していたことと思います。
ただ、これが功を奏したようで部活引退後は一転勉強に打ち込むことができ、現役で合格することができました。メリハリというやつでしょうか。
そんな自分の経験もあり、10ヶ月(夏からコースは6ヶ月)本気で頑張ろうというDIET STUDYの生徒に対しての思い入れは強く、なんとか合格の手助けがしたいと思っています。
■大学時代
慶應大学経済学部に進学しました。何の証拠もありませんので言った者勝ちですが、入試はほぼ満点だったと自負しています(笑)
ちなみに経済学部を選んだのは、なんとなくオールマイティなイメージがあったからです。当時私には具体的な将来の夢がなかったので・・・安易ですね。でも高校生で進路を選択するって難しいことだなと今でも生徒と話していてよく思います。
大学時代はサークルやゼミに参加する一般的な学生時代を過ごしますが、この時家庭教師のアルバイトの経験から、生徒の人生の一部にコミットできる喜びを知ります。
生徒の人生を左右する大事な局面でのサポート役であるという責任感・プレッシャーを感じつつ、やはり合格の報告をもらったときなどの喜びは大きなもので、結果的に何人も担当させてもらいました。
■会社員時代
大学を出てキーエンスという会社に入社します。一般にはあまり知られていない会社ですが、ビジネスモデルや給料の高さなどがたまに話題となる面白い会社です。
営業職でしたがいわゆる飛び込み営業のようなものではなく、顧客と一緒に解決策を模索するような営業スタイルでしたので、人とのつながりが重要になってくるという点において非常に有意義な仕事でした。
そしてこの会社で現在一緒に働いている小路永と出会います。

ここからどのようにDIET STUDYに来たのかは、また別の機会に書かせていただこうと思います。

今回お伝えしたいのは
・10ヶ月集中で本気度の高い生徒が集まるDIET STUDYでこそ、生徒を合格に導きたい。
・頑張っている生徒達を全力で応援し、一緒に結果を掴むことが自分の喜びでもある。
・怪しい者ではございません。
という3点です。

どうぞよろしくお願いします。

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)