早稲田大学 法学部進学!M・Sさん(岡山城東高校)

早稲田大学 法学部

早稲田大学 文化構想学部

早稲田大学 教育学部

上智大学 経済学部 経営学科

青山学院大学 国際政治経済学部 国際経済学科

青山学院大学 教育人間科学部 教育学科

学習院大学 法学部 政治学科

明治大学 政治経済学部 経済学科

明治大学 情報コミュニケーション学部 情報コミュニケーション学科

中央大学 総合政策学部 国際政策文化学科

東京女子大学 現代教養学部 心理コミュニケーション学科 コミュニケーション専攻

武蔵大学 経済学部 経済学科

名川)合格おめでとう!素晴らしい結果を残しましたね。

浪人生活はどうでしたか?

 

Sさん)ありがとうございます!あっという間の1年でしたね。

ちょうどこの塾に初めて来て1年が経つのですが、つい先日のような気がします。

1年間お世話になりました!

 

名川)まずはどうして浪人することになったのか聞いていこうかな。

 

まったく納得できなかった高3の受験

 

名川)Sさんは現役の受験では立命館大学の合格はしていたんだよね。

立命館なら進学する人も多いと思うけど、なんで浪人を選んだの?

浪人することに迷いはなかったの?

 

Sさん)迷いはゼロでした。早稲田の社学の受験が終わったその日に、浪人するための塾を探していました。

現役の受験は後悔しかなかったんです。まずストレスから逆流性食道炎になって、受験期は吐いてしまったり、出願したところを全部受験できないような状態だったので、不完全燃焼でした。

 

名川)精神的に追い詰められていたんだ?

 

Sさん)そうなんです。決して勉強していなかったわけではなくて、めちゃめちゃやってるのに伸びなくて、それが焦りにつながって・・・って感じでした。

某大手映像授業の予備校に行っていたんですけど、ひたすら一人で、ずっと先が見えない感じでやっていたんですよね。それが辛かったです。EDIT STUDYとは違って、悩みやつまずきに寄り添ってくれるような環境ではなかったので、全部自分で抱えて自爆してしまった感じです。

そして何より早稲田に行きたかったので、浪人は即決でした。

 

名川)いつから早稲田に行きたかったの?理由は?

 

Sさん)高3のときに行ったオープンキャンパスですかね。

実家は岡山なんですが、やっぱり1度実際に行ってみないとなと思って、新幹線で東京に来て大学を見て回ったんですよ。

で、最初に慶應に行ったんですけど、食堂に寄ったときに「ママ、リュックから財布とって~」って言っている男の子を見て「あ、慶應はそういう子の集まりなんや」って思って一気に冷めました(笑)

次に早稲田に行ったら、庶民っぽい雰囲気っていうか、自分的には「ここだ!田舎から出てくる自分にはちょうどいい!」と思ったんですよね。そのときから早稲田一本で目指してきました。

 

名川)慶應出身としては言いたいこともあるが、早稲田に憧れた経緯は分かったよ()

で、浪人をすんなり決めたってことなんだけど、なんでEDIT STUDYに??

だって岡山からわざわざ東京の小さな塾に出てくるっておもしろいよね。

しかも早稲田じゃなくて「ゼロからMARCH」って言ってる塾によく来たよね?

 

早稲田志望が、なぜ上京して「ゼロからMARCH」の塾に?

 

Sさん)もちろん最初は家の近くでも探していました。

実家だったら家族がいるから、困ったら助けてもらえることもありますし。

例えば広島の大手予備校なんかは見に行ったんですよ。でも校舎に貼ってある合格の張り紙を見たら、関関同立ばっかりだったんですよね。

東京の大学への合格が少なくて、そこでまず、東京の予備校に行きたいと思いました。

 

で、ネットで「基礎から」みたいな検索をしていたらEDITSTUDYが出てきました。

EDIT STUDYHPには合格実績の母数とかも分かるようになっていて、信ぴょう性が高いなと思いました。

 

名川)立命館に合格していても「基礎から」で検索する姿勢が、やっぱりSさんはすごいね。

 

Sさん)高3時代の自分の勉強を信じていなかったので、1回ちゃんと基礎から固めながらやり直したいと思っていました。

EDIT STUDYの週3回で1日おきの授業じゃないですか?それが自分にとってはかなり良くて、ちゃんと復習できるカリキュラムだなと思ったんです。しかも復習内容や方法まで、やるべきことは明確に示されていますし。

去年は成績が伸びないからって、どんどん新しい講座を入れられて、映像授業だらけになってパンクしました。予備校の営業に完全にハマってました・・・。

 

あと、初めてzoomで面談したときに、名川先生が「1番上のクラスで1番になれば早稲田に行けるよ」って言ってたじゃないですか?

そういうことをきっぱりと言ってくれたことも安心できましたし、自分は周りにライバルがいると燃えるタイプなので、絶対1番になって早稲田に行こうって思ったんですよね。

名川)自分を疑って、ゼロから積み上げなおすっていうのは口で言うほど簡単にできることではない。でもSさんはそれをちゃんとやってきたよね。

実際1年やってみて、この塾で成績が伸びた理由ってどの辺にあると思う?

 

成績向上の秘訣は基礎からの徹底にアリ

 

 Sさん)まず「五文型」ですね!

これまで英語は感覚で、つまり単語の拾い読みでずっと読んでいましたが、それをもっとロジカルに読む方法を身につけて、格段に英語が読めるようになりました!

みんな五文型をちゃんと使えていないですよね。私も体験授業の初回から目からウロコな情報だらけでした。

 

次に楽しかったことです。

授業が面白かったです。対話式授業の中で先生にあてられて、自分がスラスラ説明できたときとか、「やったー」という気持ちになってモチベーションが上がります。

そして何より雰囲気が好きでした。

みんなが面白かったから塾に行きたくないなんて思うことは1度もなくて、毎日来ました。

一人暮らしだったので、仲間がいることは心強かったです。

 

名川)コロナ禍で通塾停止になっていたときは大丈夫だった?一人暮らしだから寂しくないかと心配していたんだけど。

 

Sさん)Zoomで朝礼があったり、先生がブレイクアウトセッションで少人数単位で話をする機会を作ってくれて、それで元気が出たので大丈夫でした!

 

名川)浪人中につらかったことは何かある?

 

Sさん)まずは総復習テストで満点が取れなかったときです。

辛かったというか悔しかったことですが。

英文法のアップグレードのテストで、自分で自分が許せないケアレスミスをしちゃいました。

その1ミスがなければ満点だったのにって思うと、悔しすぎて涙が出てきました。

 

名川)どれだけ高い次元でこの人は勝負してるんだって、こちらは驚いて、慰める前に笑っちゃった記憶がある。

その基準の高さがあったからこそ今があるからな。素晴らしいこだわり方だと思うよ。

 

本当にツラかった早稲田の受験

 

Sさん)次は、受験本番のときですね。

早稲田受験の初回の文化構想学部の受験で心が折れて、そこからはもう・・・

 

授業とかテストとか1年間一生懸命頑張って、赤本も合格点が獲れるようになるまで練習して、絶対に力はついたはずなのに、本番で真っ白になってしまって実力が出せなくて。。

「あれ、読み方がわからん」ってなって、本当にどうしたらいいかわからなくなっちゃって・・・試験の途中から絶望してました。

 

名川)そうだったね。その文化構想も結局は合格してたので、今となっては何の涙だったんだって話だけど、あのときは苦しかったね。

でも去年のように吐いたりもしていないし、精神的にも成長はしたんじゃないかな?

 

Sさん)うーん、どうでしょう・・・。

試験後そのまま塾に行って、先生に泣きながら相談したら、この1年やってきたことをよく振り返って自信にしなさいと言われたので、これまでの小テストをファイリングしていたファイルを抱きしめながら寝てました。

気持ち悪いと思うんですけど、藁にもすがる思いで・・・。

 

名川)自信は戻ったの?

 

Sさん)いや、ほぼ戻らなかったです(笑)

で、また先生に相談して、「完璧にできなきゃいけない」って思いすぎだよって言われて、力を抜いて会場にいるようにしました。そうしたら少しラクになったかもしれません。

あとは鼻息です!余計なことを考えないように、マインドフルネスをずっとやっていました。

 

名川)結局、今回はうまくいった!と感じられるテストはあったの?

 

Sさん)なかったですね。本当に全部落ちたと思っていました。

どんな顔して岡山に帰ろう、お母さんになんて言おうってことばかり考えていました・・・。

 

名川)絶対に合格できる力はあるから、とにかくなるべくいつも通りのメンタルコンディションで試験会場に行けるように俺も考えたんだけどね。

1回試験が始まってしまうと、波にのまれて立て直すのが難しいよね。

でも昔から伝えていたけど、それが普通だよ。全部うまくいくわけなんてなくて、5,6個受けて、1,2個受かればいいやってぐらいの気持ちでいかないと。

早稲田に行ってるS先輩の話なんかも聞いたよね、そういえば。

 

Sさん)はい、S先輩には感謝しています。

先生に頼んで、受験期だけじゃなくて、年に数回この塾で早稲田に受かった人を呼んでもらって話を聞けたんですけど、EDIT STUDYのカリキュラムにどんなことを上乗せすればいいかとか、どんな時期にどんなことをやっていたのかを具体的に聞けて、とてもイメージが湧いてモチベーションが上がりました。

あとは主体的に動くことも学びました。S先輩が毎月先生に自分なりの学習計画を作成して持って行っていたと聞いて、自分も同じようにしてみました。

 

名川)やっぱり自分の行きたい大学の人に話を聞くとテンションあがるよね。

S先輩は馬場であなたが来るのを待ってると思います。

 

で、話がそれたけど、早稲田の合格発表は一緒に講師室で見たんだよね。

まずは法学部が見事受かってたわけですが、俺ばっかりテンション上がってたよね?

嬉しくなかったの?

 

Sさん)なんというか、無でしたね。自分の第一志望は社学で、そこに行きたいというのが1番にあったので、大喜びってわけではないんですが、GMARCHよりは上に行けたというところで一旦安心しました。

 

名川)最後まで軸がぶれないというか、目標から目をそらさない姿勢には脱帽です。

そんなSさんからも後輩にメッセージがあれば是非残していってほしんだけど、何かある?

 

後輩、そして早稲田を目指す人へのメッセージ

 

Sさん)はい!先生の言うことは全部ちゃんと聞いたほうがいいです。

言われたことをちゃんとやったら本当に伸びたからです。

例えば、「君は分析力が足りない」って言われて、間違えた問題を分析する習慣をつけたら、どんどん改善していきました。

もしかしたらそんなこと当たり前にやれている人もいるのかもしれませんけど、一人一人を見て、自分に足りないことを見極めて指摘してくれる先生の存在は本当に助かりました。

 

名川)私、思うんですけど、全国の受験生、みんなこの塾に来れば行きたい大学に行けると思うんですよね。

昔の私もそうでしたけど、世の中の受験生は「正しいやり方を知らないだけ」なんじゃないかなって。効率的で自分に合ったやり方を教えてもらえれば、みんなもっと伸びるはずだと思うんですよね。

 

それは俺も昔から思ってるよ。頭の悪い人なんて滅多にいなくて、みんな正しい勉強方法が分かっていないだけだよね。

でもね、早稲田まで受かったあなたはやっぱり努力の量やこだわりが全然違ったよ。

やっぱり正しいやり方が分かっても、そのやり方で一定以上頑張れなければ合格はないよね。

他に、後輩たちにメッセージはありますか?

 

Sさん)「読み込み」はちゃんとやりましょう。

読み込みというものをやっていなかった去年と、やった今年は全く英語の見え方が変わりました!

浪人の最後のほうは、初見の文章を見ても、勝手に構造が見えるようになってきました。これほど効率的で効果のある英語の勉強法はないと思ってます。

 

名川)ちなみに、早稲田に行きたい人もたくさんいると思うんだけど、早稲田に行きたい人へのアドバイスは何かある?

 

Sさん)1番上のクラスで1番を目指すことです!

まずはこれが絶対条件だと思います。

 

あとは社学でうまくいかなかった自分の反省でもあるんですが、早稲田を狙う人は単語王以外にも単語を詰めたほうがいいと思います。

世界史はZ会の100題の解説文に出てくるワードまでおさえれば大丈夫です。

国語は本当にわからないです!先生に「はじめての入試現代文」から始まる参考書ルートを教えてもらって実行したら、ある程度はとれるようになりましたが、やはり安定はしない科目ですよね。

 

名川)おおー参考になる人も多いかもしれません!

最後に、何か言い残したことはありますか?

 

Sさん)お世話になった人たちにお礼が言いたいです。

 

私は本当に周りに恵まれました。

いつも楽しい雰囲気でいてくれるクラスメイトとか、いつも私が気を抜かないようにアドバイスくれる寮の仲間とか、泣いてるときにヨーグルトをくれた寮の食堂のおじさんとか・・・そして、何よりお母さんです。

 

経済的に余裕があるわけではないのに、浪人していいよって言ってくれたことに本当に感謝しています。

ただ予備校費用がかかるだけでなく、一人暮らしもするわけで、色々と迷惑をかけることになりましたが、それを許してくれたから今があります。

 

名川)そっかそっか。周りの人もSさんが頑張ってるから応援してくれたんだと思うし、お母様もSさんを信じていたから東京に送り出してくれたんだと思うよ。

これからもその真っすぐな生き方で、大学生・社会人として突き進んでください!

 

Sさん)はい、頑張ります!

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)