中央大学文学部進学!R・Yさん(明治学院高等学校)

・合格校

中央大学 文学部 人文社会学科 ドイツ語文学文化専攻

中央大学 商学部 フリーメジャーコース

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 日本文学専攻

東京女子大学 現代教養学部 人文学科 哲学専攻

日本女子大学 文学部 日本文学科

昭和女子大学 人間社会学部 福祉社会学科

昭和女子大学 人間文化学部 日本語日本文学科

昭和女子大学 人間文化学部 歴史文化学科

成蹊大学 法学部 法律学科

獨協大学 国際教養学部 言語文化学科

獨協大学 法学部 国際関係法学科

 

名川)おめでとう!!見事MARCH合格を勝ち取りましたね!

今の気分はどうですか?

Yさん)疲れましたね。。。特に2月は限界すぎて全然勉強してなかったんですよ。

問題を解くのが嫌で、暗記系・読む系ばっかりやってましたね。

名川)なんで最後の最後にくじけてんの()

でも基礎事項のインプットを欠かさなかったという意味では、やってたことは正しいね。

名川)1年を振り返ってタイトルをつけるならどんな1年ですか?

Yさん)「疲れた1年」ですね。

ずっと勉強しなきゃいけなくて、勉強のことが頭から消せないじゃないですか?それが嫌でした。

 名川)あ~わかるわかる!テレビとか見てても、ああ勉強やらなきゃみたいなね?

Yさん)そうなんですよ!ずっとそれが頭の片隅にあって、全然気分がすっきりしないというかなんというか・・・。

頑張り続けた理由

名川)なんでそんな状態でも頑張り通せたのかな?

Yさん)それはやっぱり付属校なのに外部受験をするって決めたからですね。

最初は行きたい学部が内部になくて、外部受験をすることに決めたんですけど、勉強するうちにとにかく上に行きたいと思うようになって、それで意地でやってましたね。

名川)そうだったね。外部受験をする人がクラスの中にも少ないって話だったけど、よく周りに流されずに頑張ったよね。

頑張れた理由は意地だけですか?

Yさん) ん~、あとはお母さんが応援してくれたので、何とか恩返しがしたいと思ってました。

塾の帰りに最寄り駅まで迎えに来てくれて、一緒にその日の出来事を話しながら帰ったりとか、精神的にもかなり助けられました。

名川)自分だけじゃなくて、周りの人のために頑張れるってあるよね!

他には何かある?

Yさん) ここで頑張れないと、一生今の自分のことを未来の自分が恨むと思ったんですよね。

1回逃げたり、頑張れなかったりしたら、次もそうなっちゃうと思うんですよね。

だからここでちゃんと向き合って戦うことで、未来に繋がるというか、これからも頑張れる人になれると思ってやってました。

名川)なるほどね~。それを言う人は毎年何人かいるかも。

大学受験を自分を変える契機にするというか。

名川)ちなみに、入塾のきっかけって何だったの?

高2セミナーから参加してくれていたよね。

 Yさん) はい、親がいくつか塾の候補を出してくれて、その中から選びました。

名川)大手は元々考えていなくて、武田塾と増田塾とココで考えて、EDITSTUDYを選びました。

なんで大手は考えていなかったの?

 Yさん)だって置いていかれますもん。

勉強苦手な人って、ただ講義を聞くだけのスタイルじゃ絶対取り残されると思うんですよね。

そして取り残されそうになったときに、誰も助けてくれないというか、目をかけてくれる人っていないと思うんですよ。

自分にはそういうスタイルは合っていないと思うので、少人数で面倒見が良さそうな塾を選びました。

名川)そっかそっか。面倒見の良さには定評があるからね!

コミュニケーションをとって、なるべくみんなの様子に注意しながらやってます。

それでもさ、特に自分的につらかった時期とかってある?

 

つらかったこと 楽しかったこと

Yさん) 秋頃ですかね。

クラスの人、特に同じ日本史選択の人がめっちゃできるようになってきてて、自分だけ置いて行かれている気がして、家で泣くこともありました。

みんな点数言うじゃないですか?なんでそんなに毎回100点とれるの!?みたいな。

でも何をしたら差が埋まるかも見えてなくて、苦しかったですね。

名川)それはどうやって解消したんだっけ?

Yさん)それまではずっと教科書を読んでるだけだったんですが、ノートを作るようにしました。

自分の暗記が不完全なところとか、間違えたところをまとめてそれを見返すようにしていましたね。

名川)なるほど、工夫したんだね。

教科書を繰り返し読むことは当然大事なんだけど、自問自答を入れるようなうまい読み方をしないとなかなか頭には入らないよね。そういうときは一問一答を使ったり、自分で弱点をまとめたりするのはいい勉強法ですね!

名川)逆に1年を振り返っていい思い出は何かある?

 Yさん)基本的にずっと楽しかったですよ。

名川)クラスのみんな仲良しだったから。勉強は嫌だけど、塾に来るのは嫌じゃなかったです!

そうだったね。本当にうるさいクラスで、他のクラスからは煙たがられていたと思います()

今振り返ってみて、何が勝因だったんだろうね?実際、余裕で合格がとれる成績ではなかったもんね。

ホントそうなんですよ。

Yさん)12月の駿台の模試で、3教科の偏差値が42.1だったんですよね。

これを見たときは絶望しました・・・。

だから本当に直前まで一切自信はありませんでした。

名川)模試はね~。そんなにあてにならないというか、日々の小テストや演習の点数のほうで十分実力が測れるから、我々は大して模試の結果はあてにしてないんだけど。

まあ、みんなは模試の結果に一喜一憂しちゃうよね。

で、じゃあ勝因は特にないと?笑

Yさん)強いて言えば受験校選びですかね。

中央の問題は解きやすいし相性いいと思うよと先生に言われてたじゃないですか。

だから自己暗示というか「中央はいける!」って勝手に思い込んでて、それがよかったのかもしれません()

名川)実際試験の手ごたえはどうだったの?

Yさん)微妙でしたね。日本史と国語はできたんですが、英語ができなかったんですよね。

だから合格したとは思ってなくて、その分発表があったときはびっくりしたし、とても嬉しかったです!

自習室を使わないという選択肢もある

名川)そういえば、自習室は全然使ってなかったよね?

Yさん)はい、自習室にいると他の人の鉛筆を置く音とか、色々気になっちゃうんですよね。

だから私はずっと家でやってました。

周りの勉強している人を見るのもなんか焦るし、私は家が1番落ち着きました。

名川)家でちゃんとやれるならいいけど、集中はできていたの?

Yさん)うーん、なんか今年はずっと眠かったんですよね。

で、自習室だと寝落ちしてしばらく寝ちゃったりするんですけど、家だと立って歩きながら勉強できたりするので、その点でも自宅での勉強が私には合っていたと思います。

名川)じゃあ、コロナの在宅学習期間も何も変わらずやれてたんだ?

Yさん)そうですね、私の中ではあまり環境の変化はありませんでしたね。

名川)そっかそっか。珍しいタイプだと思うけど、日常のテストがちゃんとできていたので、私もべつに強制などはしませんでしたよ。

いよいよ大学生になりますが、何かやりたいことはあるの??

Yさん)大学では吹奏楽やりたいですね!

あとはずっと志望していた文学部に入れたので、ちゃんと勉強しようと思っています!

本が好きで、本に関わる仕事がしたいので、色々と研究します。雑誌とかも好きなので、なんでも興味を持って取り組んでみようと思います!

先生の大学に行ってみたシリーズのyoutube動画を何回も見て、イメージトレーニング完璧です()

名川)まじか() 広大なキャンパス生活を楽しんでくれ

Yさん)はい、芝生に寝転がるのが楽しみです()

名川)じゃあ、最後に、受験勉強から何か学んだことはある?

Yさん)そうですね~、1度絶望しても、希望を持ち続けてなんとか頑張ればなんとかなります!ってことです。

クラスで自分と周りを比べて凹んだりとか、模試の結果で絶望したりとか、本当に心が落ち着かない1年間でしたけど、とにかくやるべきことを続けて最後までやり抜いたら、結果がついてきました。

名川)だからこれから受験する人にも、是非希望を持って、嫌になっても負けずに続けてほしいです!

すごく説得力のある言葉だね。

ここでやり抜いたことを自信に、これからの人生でも「コレは」と思ったものは、是非こだわって自分のものにしてください。これだけ大変な1年を乗り越えたんだから、なんでも頑張れると思うよ!

Yさん)はい!頑張ります!

 

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)