ナガワ校長の生徒interview  ~T・Iくん(浪人生)~

名川)さてさて、実はインタビューされるのを心待ちにしていたというIくん、話を聞かせてくださいな。

 

Iくん)なんかすいません・・(笑)

この場で色々宣言してそれが塾のHPに載れば、自分をさらに追い込んで気合いを入れることもできるかなと思いまして。

 

名川)なるほどね。こちらもIくんの話は聞いてみたかったので良かったよ。

早速だけど、君は偏差値も高いMARCHの附属高校に通ってたんだよね?

 

Iくん)そうなんです。言ってしまうとC大学の附属高校です。

 

名川)ここにいるということは、まさかの内部進学できず・・・?

 

Iくん)そのまさかです(笑)学年300人ぐらいいて、進学できなかったのは自分を含めてほんの数人です。やってしまいました〜

 

名川)やってしまいすぎでしょ!?なんでそんなことに!?勉強しなかったの??

 

Iくん)そうですね。元々高校に入れたのも指定校推薦だったんですよ。中学時代は地元の中学で生徒会を3年間やったり素行が良かったので。

でもそんな感じで高校に入ってみたら周りのレベルが高すぎて・・・。入った瞬間、これはやばいなと。。正直全然ついていけなかったですね。

でもほぼ100%が大学進学できるって聞いてたんで、なんとかなるだろうと思ってたんですよ。周りも全然勉強してなかったし、自分も勉強はほとんど何もしてませんでした。そうしたらなんと・・・。

 

名川)DIET STUDYには色々なバックボーンを持った生徒がいるけど、なかなか壮絶な・・。親御さんも驚いたでしょう?

 

Iくん)はい。もちろんですが相当悲しませてしまいました。

 

名川)だよね。君自身は?それで嫌になって腐ったりしなかったの??

 

Iくん)そうですね。ちょうど進学できないという通知がクリスマスに来たんですが、もうそのときには覚悟ができていたので凹むことはあまりなかったです。

自分は幼い頃から教師になりたいという夢があって、そのために大学に行くことは絶対だったので、浪人して大学受験をすることはすんなり決めました。

 

名川)すごいね。普通の人だったらしばらくは頭真っ白になりそうだけど、そういうときに夢があると支えになるんだね!

で、塾を探したんだ?

 

Iくん)そうですね。最初はみすず学苑を見に行ってみました。学校の先生がチラッと話してくれて名前が記憶にあったので見に行って、もうここでいいかなと思ってました。

そうしたら母がDIET STUDYを見つけてきて、ちゃんと比較検討しなさいと。

で、ここの面談に来てみたんです。

 

名川)へぇ〜そうだったんだね、全然知らなかったよ。

みすず学苑に決めようとしてたのに、何が決め手になってDIET STUDYに路線変更したの??

 

Iくん)先生がやってくれた体験授業です!!あの感動は今でも忘れません。

英語を構造的に読むなんていう知識はなかったので「これなら俺も英語読めるじゃん!」って衝撃を受けました。で、あっさりDIET STUDYに寝返りました(笑)

 

名川)勉強していなかったゆえのカルチャーショックがあったのね(笑)

気に入ってもらえて良かったよ。

でも多くの生徒が君と同じだよ。構造を意識して英文を読む癖が最初からついている生徒はほとんどいなくて、DIET STUDYで初めて読み方を知って、それで成長していくね。

 

最初から一生懸命ついていこうと頑張っている印象はあったけど、具体的には元々どれぐらいの実力だったのかな。

センター試験って受けたの??

 

Iくん)いえ、内部進学の予定だったのでもちろん受けてないです(笑)

でも先生、センターの問題って新聞に載るじゃないですか?

やっぱり浪人するにあたって自分の力を知ろうと思い、英語だけは解いてみたんですよ!!

 

名川)お、偉いじゃん。何点ぐらいだった?

 

Iくん)絶対笑われるんで言いたくないんですけど・・・・

200点中・・・2割、、40点っす。

 

名川)おぉ〜。笑いはしないけど、君が本当に何もしてなかったことは分かった(笑)

レギュラーテストは合格してたし勝手にデキるイメージを持っていたんだけど、全然そんなことなかったんだね。

でもさ、このまえのセンター演習で160点越えてたよね?

 

Iくん)はい!!半年前の自分がなんだったんだろうってぐらい成長しました!!

40点から4倍ですからね(笑)自分でも驚いてます。

 

名川)成長率は間違いなく塾ナンバー1だね!

5月の入門編総復習は何点だったっけ?

 

Iくん)500点中462点ですね。

 

名川)その点数ってことは、4月の1ヶ月で相当頑張って勉強したね!

 

Iくん)はい!4月から自習室も使って1日10時間以上は勉強していたと思います。

でも462点って知って半ベソかきながら家に帰りました。たぶん上のクラスは無理だろうなと思って・・・。

でもその後クラス発表の連絡が来て、上のクラスに入れたって分かって、上のクラスの中では多分ビリだったと思うんですが、絶対登りつめてやろうと思いました!

そこからさらに勉強時間は増えましたね。

 

名川)そういう上昇志向は君のとても良い所だよね!

で、7月の必修編総復習では見事に上のクラスの中でも上位層に入ったもんね。

 

Iくん)はい。1000点中994点でした。

先生から1000点獲れって日々プレッシャーをもらっていて、絶対獲ってやりたかったので悔しかったですが。

 

名川)十分見事な結果ですよ。

君はほどよくプレッシャーをかけると、それに全力で応えてくれるからさ。

こっちも期待して色々要求をしてしまうよね。

 

Iくん)それがすごく助かってます!気合いが入りますし、応えなきゃと思って頑張れるんで。

あと、俺は勉強についてホントに何も分からないので、4月から先生の指示をひたすら守ってやってます。

なので、引き続き指導とプレッシャーをお願いします!!

 

名川)なかなか珍しい要求だけど、了解(笑)

こちらとしても君の今後が自分の指導に大きく懸かっているわけだから、良いプレッシャーを感じながら仕事ができるよ。

プレッシャーを与え合う不思議な感じだけど、良い信頼関係が築けていて嬉しいよ。

 

Iくん)ありがとうございます!!

 

名川)さて、世の中に向けて目標を宣言するんでしょ??

高い目標を掲げて、全力でクリアしてくれるんだよね??

 

Iくん)あ、先生から早速プレッシャーが・・・(笑)

 

早稲田の教育学部に合格して、教師になる夢を叶えます!!!!

 

名川)いいね〜!!センター英語40点から10ヶ月で早稲田合格は物凄いサクセスストーリーになるね!!でも君がこの調子でやっていけばいけると思うよ!

短期的な目標は?

 

Iくん)10月末の模試の英語で180点が獲りたいです。

 

名川)獲りたい・・・??

 

Iくん)いえ、獲ります(笑)!!

 

名川)世界史は? 初学で大変だとは思うけど。

 

Iくん)2週間後の総復習テストで1000点中960点を獲ります!

 

名川)なにその中途半端な数字??

 

Iくん)950点を最低ラインと思ってるんですが、950を目指していたら940ぐらいになりそうなので、960を目指します!!

 

名川)そういうことか。ガンバレ!

 

ここから先は今までのようにグングン点数が伸びるということはなくなってくるけど、少しずつ少しずつ点数を上げて満点に近づけていこう。

英語も世界史もセンター9割以上獲って、早稲田に受かろう。

本当はしなくてよかった大学受験を、「して良かった大学受験」に変えてやろう!

 

Iくん)全力で頑張ります!!

 

 

大学受験の重要情報を毎月1回レポート配信いたします。

配信月に合わせた知っておくべき情報をピンポイントでお送りするので、是非皆さんの受験成功に役立ててください!

【2月の配信内容】

高校2年生向け:高校2年生と、その親御様が受験生になる直前の2月に知っておくべき2つのこと

以下のフォームから送信いただくと自動返信メールでレポートをお送りします。


ご氏名 (必須)
学年
メールアドレス (必須)