夏からMARCH

「夏からMARCHコース」とは

GMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)、成成獨国武(成蹊・成城・獨協・國學院・武蔵)、日東駒専(日本・東洋・駒澤・専修)の上位・中堅私立大学文系を志望する受験生を対象としています。
入試に必要な科目を全てゼロ(基礎)からしっかりと教え、最終的にはMARCHに合格可能なレベルまで到達します。

「夏からMARCHコース」は
こんな生徒の声から生まれました!

行政からの自粛要請で塾・予備校選びに出遅れてしまった
「夏からコース」は7月下旬開講
夏から全力で頑張りたい人を、全力でサポート
7月から大手予備校に途中入塾しても、授業が進んでいるから、ついていけるか不安
「夏からコース」はクラス全員が「夏から」始める生徒だけ
授業もゼロ(基礎)から始めるから、確実な成績向上が臨める
夏から衛星予備校や個別指導に入塾しても、受験までにカリキュラムが終わるか不安
「夏からコース」はMARCHに到達するカリキュラムを採用
1クラス平均10名だから、生徒個別のフォローも実現できる

講師との距離が近い
少人数対話式授業
【1クラス平均10名】

  1. いつでも「質問・相談」できる少人数
  2. 「なぜ?」の質問で思考力UP
  3. 「生徒プレゼン」により表現力UP

私大文系専門
超圧縮カリキュラム

  1. 配点の高い英語・暗記の社会が中心
  2. 6ヵ月200回のテストで知識を定着
  3. 勉強計画・個別課題はオーダーメイド
 

EDIT STUDY「夏からコース」3つのポイント!

  1. 自粛要請などで本格的な受験勉強が開始できていない人に最適な開始時期!
  2. 途中入塾ができる塾はあっても、基礎からやってくれる塾はない!
  3. 7月下旬開講までの勉強内容指導フォロー付き!

1自粛要請などで本格的な受験勉強が開始できていない人に最適な開始時期!

自粛要請の中で、自分ひとりで受験勉強を始めてみたものの上手くいっていない人。
ここから仕切り直して全力で合格を目指したいという人は少なくありません。
EDIT STUDYの夏からコースは7月下旬開講です。今から全力で頑張りたい人を、全力でサポートします!

2途中入塾ができる塾はあっても、基礎からやってくれる塾はない!

世の中の塾・予備校は夏からの途中入塾を受け入れていないところが多いものです。
また、受け入れたとしても春から開始しているコースに途中合流させられることが普通です。
そのような途中合流で、本当に着実に成績を上げられるでしょうか?
EDIT STUDYの夏からコースはクラス全員が夏から始める生徒であり、授業内容も基礎から始めますので確実な成績向上が望めます。

37月下旬開講までの勉強内容指導フォロー付き!

「部活は6月に引退するのに、塾が7月下旬開講だと、それまでの時間がもったいない」
そんな人のために、EDIT STUDYはしっかりとサポート体制を整えています。
開講までの期間にやっておいてほしい勉強内容を1人1人オーダーメイドで設計しますのでご安心ください。

指導科目

英語・現代文・古文・(漢文)・世界史or日本史or政経
※漢文は希望者のみ
※社会の選択科目が異なる場合は別途ご相談下さい

入塾までの流れ

  • STEP 1

    夏からコース無料相談&体験授業を予約
  • STEP 2

    「入塾されるか、どうか」ご連絡をいただく
  • STEP 3

    7月下旬までの「学習計画オーダーメイド」を無料でご提案
  • STEP 4

    7月下旬より授業スタート!

Q.授業料は?

※横にスクロールできます。

夏からMARCHコース【現役生・高卒生】
入塾金 授業料(7/29~1/30) 年間合計
50,000円(税別) 540,000円(税別) 590,000円(税別)

入塾金は年間のプリント代・テキスト代・コピー代・自習室維持費・補習代に充てさせて頂きます。どのコースの方もコピー機は常時自由に使えます。 以上の金額にはプリント代・テキスト代・コピー代・補習代の全て*が含まれます。 上記料金以外に追加でお支払い頂くことは一切ありません。 *模試は指定します。各自でお申し込み願います。 授業料は授業開始となる7/27までに、6ヶ月分を一括納入して頂きます。返金制度はありませんが、指定校・AO・公募推薦などにより大学進学が決まった場合、(前月15日までのお申し出により)翌月から残りの月の授業料の返金を承ります。

お役立ちページ

コラム

部活をやりきって大学受験も成功させるには~DIET STUDYの夏からコースとは~

夏からコース合格者インタビュー

法政大学文学部心理学科進学!イニシャル非公開

中央大学経済学部進学!平林紘樹くん

YouTube

部活はいつまで続けるべき?