<2019年9月更新>MARCH【明治・青山学院大学】2021年度入試変更点

2019年11月1日、文科省は大学入試での英語民間試験の来年度導入を延期することを表明しました。
以下大学・学部情報は2019年10月時点のコラムになりますので、導入延期を踏まえた新たな情報は各大学・学部のHPをご確認下さい。本コラムでも順次情報を更新していきますので、引き続き本コラムをよろしくお願いします。

以下2019年10月時点コラム——————————————

 

 

こんにちは、2021年度大学入試改革(新入試)担当の初田です。

2021年度大学入試改革(新入試)と声高に言われている昨今ですが、最上位私立大学群に関してはあまり変わらない、というのが実情でした。

今回と次回でMARCHと呼ばれる私立大学群について確認していきます。

 明治:全学部で共通テストを用いるが4技能試験は用いない。なお一般入試については不明。

青山:個別日程では経済学部と文学部の一部を除くすべての学部で共通テストの受験を必須化。英語外部試験は基本的に加点対象

【明治大学】

詳細は不明であるものの、「共通テストを全学部で利用し、共通テスト利用入試では4技能については用いない」、のが明治大学の方針です。以下は公表されている2021年度入試に関する資料の抜粋です。

 

1「 大学入学共通テスト 」 利用入試 (仮称)について

全ての学部で実施します。

 

2「 大学入学共通テスト」 の英語における英語外部4技能試験 の活用について

2021年度入試については、 全ての学部で活用しません。

 

3主体性等の評価について

2021年度入試については、JAPAN e Portfolio は 利用しません。なお、Web出願時 に 高校時代の主たる活動等を入力 して いただきます 。 入力データは一般入試 においては得点化せず、入学後の指導上の参考資料として利用します。

 

(出典:入学試験の主な変更点について

 

共通テストを用いた入試制度を用意し、そこには4技能試験を用いないと宣言しているものの、一般入試については言及がありません。よって4技能のスコアを持っている必要があるかどうかは不明で、20197月現在でも検討中となっています。今後の明治大学の発表を注視していく必要がありそうです。

 

【青山大学】

青山学院大学は英語外部試験の導入を大きく受け入れる大学の一つです。一つずつ整理して確認していきましょう。

(詳細はこちらから:2021年度入学者選抜について(予告)

 

TOPICS

〇個別学部日程では共通テストを併用する方式としない方式で大きく分かれる
〇共通テスト単独の受験枠も用意されている。英語外部試験は加点対象
〇全学部統一日程での英語外部試験の利用は明言されていない
〇英語外部試験スコアの使われ方で提出できるスコアが異なる

 

〇個別学部日程では共通テストを併用する方式としない方式で大きく分かれる

チェックポイント

・共通テストを併用する入試方式は経済学部以外のすべての学部で実施される

・共通テストを併用する入試方式では、教育人間科学部のみ英語外部試験を利用しない

・共通テストを併用しないのは、経済学部と文学部英米文学科B/C方式

・共通テストを併用しない入試方式での英語外部試験利用の詳細は未発表

・共通テストを併用する入試方式では国語の記述式問題も評価の対象となる

 

まず、入試方式を大きく見ていきます。青山学院大学では、個別試験のみで合否を決定する入試方式が経済学部、文学部英米文学科B/C方式を除くがなくなり、その他のすべての学部では共通テスト+学部個別日程での試験によって合否が判定されるようになります。

英語外部試験の利用については、共通テストを併用する方式において、教育人間科学部のみが文系学部で使用しないとしています。また出願資格として用いるのが国際政治経済学部:国際政治学科B方式/国際コミュニケーション学科B方式となりますが、この出願資格となる具体なスコアはまだ発表されていないようです。この他の共通テストを併用するすべての学部においては英語外部試験のスコアは加点の対象となります。加点の具体的な割合はまだ発表されていません。なお、英語外部試験のスコアが加点のレベルに到達していなかったり、未提出(不受験)である場合でも受験は可能です。この場合、英語外部試験のスコアを除く総合点で合否が決定されます。

加えて、共通テストにおける記述問題が合否判定に用いられます。

共通テストを併用しない方式においては、英語外部試験のスコアをどのように利用するかの発表はありません。

 

〇共通テスト単独の受験枠も用意されている。英語外部試験は加点対象

チェックポイント

・英語外部試験のスコアは共通テストに加点

・国語の記述式問題も評価対象

 

共通テスト枠は今までのセンター試験と同様、各学部に設置されます。英語外部試験のスコアも含めた総合得点で合否が判定されますが、具体的な加点割合は不明です。なお、英語外部試験のスコアが加点のレベルに到達していなかったり、未提出(不受験)である場合でも受験は可能です。この場合、英語外部試験のスコアを除く総合点で合否が決定されます。

国語については記述式問題が加点の対象となります。

 

 

〇全学部統一日程での英語外部試験の利用は明言されていない

チェックポイント

・英語外部試験のスコアを合否判定に用いるか不明

・「知能・技能」に加えて「思考力・判断力・表現力」の評価に重点

 

全学部統一日程の英語では、『「読む・書く」を測り、「話す」ために必要な十分な語彙、理解度を備えているか評価します。』と発表資料に記されていますが、そのために英語外部試験のスコアを用いるのかどうかは明言されていませんでした。英語外部試験のスコアについて検討する、とも書かれていないことから、用いないような気もしますが、正式な受験要綱がでるまで待ちましょう。

また、「思考力・判断力・表現力」の評価に重点を置いた出題をするとの事ですから、共通テストのような記述式問題の出題が予想されます。

 

〇英語外部試験スコアの使われ方で提出できるスコアが異なる

チェックポイント

・入試得点へ英語外部試験のスコアが加点される場合は受験の前年のスコアが必要

・英語外部試験のスコアが出願資格となる場合、出願期間末日から二年以内のスコアが有効

 

青山学院大学では入試の際に使用できる英語外部試験のスコアが、入試得点への「加点」に用いられるのか「出願資格」として用いられるのかで提出できるスコアの取得時期が変わります。

「加点」の対象とされる場合、大学入試英語成績提供システムからの提出が必須となるため、受験する前の年の4月から12月までの間に必要なスコアを取得しておく必要があります。一方、「出願資格」となっている場合は、出願期間末日から起算して二年以内のスコアが有効となるため、ある程度腰を据えた対策が可能です。

 

 

 

青山学院大学を受験する受験生は共通テスト+個別日程の二日間を受験期に割く必要があるため、受験の際は早めの意思決定が必要となるでしょう。

また、ほとんどの入試方式にて共通テストの受験が必要となります。記述式問題の対策が受験には必須となります。

さらに、英語外部試験のスコアを用いた合否判定がほとんどの学部で行われるため、青山学院大学に合格したいのであれば英語外部試験の対策も必須となるでしょう。

僅かに英語外部試験を用いない教育人間科学部が今のところ抜け道となりそうですが、英語外部試験のスコアを持っていない多くの受験生が殺到することが予想されるため、倍率の大幅な上昇が見込まれます。

他の学部と入試方式を異にしている経済学部/文学部英米文学科での英語外部試験のスコアの取り扱いについても気になるところです。

2021年度において青山学院大学は受験条件の難化が見込まれ、より早い時期からの対策が求められることは間違いありません

日ごろの基礎知識の学習や英語外部試験対策・記述対策と真正面から取り組み準備しておきましょう。

ちなみに、高校生時代の活動記録は提出が必要となるのみで合否判定に用いられません。

 

 

いかがでしたでしょうか。青山学院大学はこの度の入試改革に大きく寄せた受験方式を採用しています。一方、明治はまだ受験生に待ちの姿勢が必要なのがつらいところです。

 

DIET STUDYでは引き続き私立大学文系受験生へ向けた受験情報のチェックと更新をしていきますので12カ月に一度程度のペースで見に来ていただけるとお役に立てるかと思います。

次は残りのMARCHの大学を見ていきましょう。

 

新大学入試に向けたDIETSTUDYの取り組み

新大学入試に向けてDIETSTUDYが取り組んでいること
分かりやすく1分で理解できるようにまとめました。