青山学院大学法学部進学!池田琉景くん(麻生高校)2017

〇今年度合格校
青山学院大学法学部
青山学院大学社会情報学部
立教大学コミュニティ福祉学部【セ】
法政大学人間環境学部【セ】
成蹊大学経済学部【セ】
成城大学経済学部【セ】
駒澤大学経営学部【セ】
専修大学経営学部【セ】

 

辻井)とりあえず受かりすぎだね!思い返せば、そんなに出願しなくても大丈夫って言ったけど、心配だからって言って追加で出願していたよね。
池田くん)そうですね。若干やりすぎた感があります。笑
辻井)とは言え、センター利用ばっかりだけど、一般入試は他合格していないの?
池田くん)青山(法)だけです。
辻井)そうか。センターは全勝だったから、胸を張っていこう!センター利用で結構とれている見込みだったから、一般入試は出願絞ったしね。
池田くん)そうですね早稲田、立教、明治の一般はダメでした。
辻井)法政・青学(社会情報)が取れている前提で出願すすめたから、MARCHの中でもアッパー層に出願したからね。

 

DIET STUDYを選んだ理由

辻井)じゃあさっそく聞いていきたいんだけど、まず何でDIET STUDYを選んでくれたの?
池田くん)母が決めました。高校受験の時は、あまり準備できなかったので、大学受験では早めに準備を…、ということで母が探してきました。
辻井)この前もそんな話があった気がする。この合格はお母さんのファインプレーでもあるわけだね。たしか、4月に男の子の名前で面談予約が入っていて、来られたのがお母さんだけだったので、最初驚いた記憶がある。
池田くん)そうだったかもしれません。笑
辻井)お母さんが池田くんに合う塾を熱心に探してくれて、池田くんがそれに応えたという親子のコンピネーションの良さが合格に繋がったんだね。

成績を伸ばした勉強方法

辻井)それにしても振り返ってみると、11月くらいから急激に点数が伸びてきた気がするけど、どうやって勉強していたの?
池田くん)いや、塾でそれが言われたことをやっていただけなんですよね。
辻井)模範解答!笑 日本史は最初から結構出来ていたけどね。「実況中継」を読んでいたんだっけ?
池田くん)そうです、途中までしかやっていなかったんで近現代はノータッチでした。入塾前は、日本史は「実況中継」、英語は「ターゲット1400」で単語だけ覚えていました。それ以外は塾で言われた通りやっていただけです。
辻井)そうなんだ。英語は最初相当怪しかったよね!
池田くん)はい。英文法とか全くわからなかったので、単語知っていても長文は全く読めないなぁ、という感じでした。でも、塾で基礎から教えてもらって、復習して少しずつつかめてきました。あとは、テストの準備だけはしっかりやっていました。
辻井)たしかに。テストの合格率は100%ではなかったものの、落とした回もミスがあってギリギリ落としたっていう印象だったね。勉強していなかった、勉強量が少なくて甘かった、という落とし方ではなかったと思う。じゃあ、カリキュラムが細かく決まっていて、日々の目標となるテストがあって、それに向けて準備していけば良いというシステムが池田くんに合っていたのかな?
池田くん)そうですね~。自分で勉強する、と言っても何をやっていいか全然わからないですし、家だとベッドでゴロゴロしてスマホいじって、マンガ読んで…となってしまうので、スマホを使えない自習室に来るようになったのも大きいです。
辻井)そうだね。スマホは受験にとって敵だからね。じゃあ、家では勉強していなかったの?
池田くん)はい、まぁ…。言いにくいですけど、はい。そういうことになります。
辻井)オンとオフがしっかりしているっていることだね。

受験生活について

辻井)受験生活で何かつらいことはあった?
池田くん)そうですね~、それがあまりないんですよね。
辻井)すごいね、鋼のメンタルを持っているっていること?
池田くん)いや、そういうのではなくて、息抜きをしっかりやっていたからだと思います。塾ではしっかり勉強していましたが、塾以外では勉強しませんでした。なので、友達とご飯食べたり、家ではベッドでだらだらして、オフの時間は今まで通り過ごしていたので。それがなければ、もっと上に行けたかもしれませんけど、それがあったから合格できたとも思います。
辻井)なるほど、深いね。

 

 

DIET STUDYでの失敗

辻井)逆にDIET STUDYで失敗したなってことある?
池田くん)友だちにどこへ通っているか言いにくいところですかね。笑 友達:「どこ通っているの?」 俺:「ダ、DIET STUDY」みたいな感じです。


辻井)DIET STUDYあるあるだね。その他で何かある。
池田くん)そうですね、挙げるなら自分は古文が苦手すぎて、間に合わなかったところですかね。
辻井)夏からだったしね。古文をカリキュラムに早くから組み込む時間がないので、それはあると思う。だから、一般入試で古文が出題されるところは、ダメだったと。
池田くん)そうですね、結果そうなってしまいました。笑
辻井)でも古文を捨てずにしっかり勉強することで受けられる大学の選択肢は狭くならないし、諦めずにやったことは決して無駄ではなかったと思うよ。早期組み込みに関しては、こちらが改善していくべき点なので、大事な意見としていただきます!

DIET STUDYで良かったこと

辻井)このままだと後味が悪くなりそうなので、DIET STUDYに通って大学受験を迎えて良かった話を聞こう。さっきのカリキュラムが池田くんに合っていて良かったこと以外にDIET STUDYで良かったことはある?
池田くん)対話式授業ですかね。特にクラスの人数が少ないから、よく当てられましたし。学校みたいに大人数で授業を受けていたら、短期間でここまで成績は上がっていなかったと思います。
辻井)やっぱり緊張感あるし、あまり変なこと言うと恥ずかしいしね。対話式授業は成績が上がった生徒から良かったとよく言われる。
池田くん)やっぱり何と言っても、テストが組み込まれているカリキュラムが良かったです。そこも緊張感を保てた大きな理由です。

大学生活について

辻井)じゃあ過去の話はそろそろこの辺にして、未来の話をしよう。何か大学生活で夢や不安はある?
池田くん)友達できるかどうかですね。
辻井)それは大丈夫でしょ笑 
中野)就職したいところとかあるの?
池田くん)いや、具体的にはまだ決めていないですね。
中野)青山だけに「洋服の青山」とか??

……

辻井)…
池田くん)…
辻井)じゃあ、池田くんがやってみたいこととかある?夢でも興味レベルでも良いよ!
池田くん)よく知らないんですけど、絵を描くのが好きなので、広告代理店に興味があります。あと教員免許もとりたいな、と思います。
辻井)教えるの好きなの?
池田くん)はい。でも、小学生相手くらいが良いです。子どもも好きですし、小学生のレベルくらいなら教えられるかな、と。
辻井)じゃあまずはバイトで体験してみると良いかもね。残念ながら、DIET STUDYではバイトでは教えられないので、枠はないけど。
池田くん)そうですね。個別指導とか小学生相手の塾とかはちょっとやってみたいです。でも、あまり忙しいのはいやです!

辻井)まぁそうだよね。色々経験して将来に繋がる何かを掴めればいいね!

 

辻井)最後にこれから大学受験を迎える高3生に何かアドバイスがあれば、是非!
池田くん)DIET STUDYを選んで、言われた通りにはやる。それは最低限で、授業中に答えられなかった、問題が解けなかった時は足りていないので、しっかり復習する。そして、授業や勉強をする時は、しっかり集中してうまく息抜きを取り入れて、モチベーションを保つこと、ですかね。
辻井)ごちそうさまでした。今日は忙しいところありがとう!楽しい大学生活を送って、思い出したらいつでも遊びにきてください。待っています!