青山学院大学文学部進学!佐々木渓くん(府中高校)2019

〇今年度合格校
青山学院大学文学部
法政大学キャリアデザイン学部
中央大学商学部
亜細亜大学経営学部【セ】

名川)センターでの失敗から立ち直り、見事一般でたくさん合格してきたね!おめでとう!インタビューよろしくね。

佐々木)ありがとうございます!このインタビュー記事に載ることが1つの目標だったのでとても嬉しいです。

名川)そうなんだ!確かに、なんかメモまで持ってきてくれて準備万端だね(笑)
では入塾のキッカケから教えてもらえる?佐々木くんはDSで2年間やった生徒のうちの1人だよね

高3⇒浪人と2年間のDIET STUDY

佐々木)はい、2年間お世話になりました。
この塾は高2の頃から知っていました。村山先生のブログを見たことがあって、へぇこんな塾あるんだーって。
でもそのときはJ予備校に通っていて、特にDSに通う気もありませんでした。

名川)そうだったんだ。高3で塾を変えたの?

佐々木)そうなんです。J予備校で全く成績が伸びなくて・・・。自分が悪いんですが、あまりに基礎的なことを知らなすぎて、例えば授業で「独立分詞構文」って言われても、ナンダソレって感じで。
で、高3になる前に親がDSを見つけてきて、俺もブログ読んで知ってるよってなって、じゃあ行ってみようってことになったんです。
体験授業を受けたらめちゃめちゃ分かりやすくて、すぐに塾を変えることを決めました。

名川)そっか。やはり基礎の基礎からきっちり教えてくれる塾は少ないんだね。
で、高3のときはどれぐらい成績伸びたの?

佐々木)かなり伸びました!世界史は言われた通り覚えていくだけでセンターは98点でした。センター英語は1年で67点から128点まで伸びました。

名川)世界史すごいね!でも、英語はちょっと物足りない感じだな~。現役時代の失敗原因はやはり英語を伸ばしきれなかったこと?

佐々木)そうですね・・・。英語に対する苦手意識がすごくあったんですよ。
難しい英文とかは、どうせ自分には無理だしなって勝手に思って解くのをやめてしまったり、とにかく逃げてしまってチャレンジできなかったんです。そこが1番の敗因だと思います。
世界史も近現代とか遊牧民族とか、細かい内容は詰め切れていなくて、それもいけなかったなって思っています。

名川)そっか、気持ちは分かるよ。結構多いのは、3教科のバランスを間違えてしまうケース。世界史はやれば伸びるから、つい気持ちよくてやっちゃうけど、それで英語を疎かにしてしまうと、やはりマズイ結果になる。
で、浪人が決まってしまったわけだ。どこか合格はあったんだっけ?

佐々木)亜細亜の合格はありました。でもやっぱりMARCH以上に行きたいという思いが強くて浪人を決めました。

浪人になって意識したこと

名川)浪人でもうちの塾に来たのはなぜ?塾を変えようと思わなかったの?

佐々木)まあ合格保証を獲っていて無料でしたからね(笑) でもここなら伸びるっていう確信があったんです。僕は結構色々な種類の塾に通ったことがあるんですが、DSが1番伸びました。だから自分の甘かったことを修正しながらDSにいれば絶対に大丈夫だと思っていました。

名川)実際に浪人生活が始まって、どうだった?何か決めていたこととかある?

佐々木)そうですね。絶対にMARCHに行くっていう決意を新たにし直したことと、英語から逃げないぞっていうのは心に決めていました。
あとは「よく分からないけどまぁいっか」は絶対ナシにして、1つずつ確信を持ちながら進もうと思っていました。
そうしたら現役時代から2巡目の授業内容でも、結構新たな発見とか腑に落ちる内容がたくさんあって驚きました。

名川)素晴らしい。当たり前のことなんだけど、意外と一歩ずつ確実にやっていける人は少ないんだよね。辛かった時期とかはあった?

佐々木)1番は4,5月ですかね~。周りの友人は大学生活をエンジョイしているのに、自分はひたすら英文を読んでいて・・・。
リフレッシュになるかなと思って、井の頭公園で読み込みをしてみたりもしたんですよ。でも平日の昼間の井の頭公園ってなんか暗いんですよ!「自分は今ここで何をしているんだろう」ってなんか不安になって逆効果でしたね(笑)

名川)周りの人も佐々木くんを見て、この人なにしてるんだろうって思ったんじゃない笑?
で、課題だった英語は相当量やっていたよね。逃げずにやれた?

佐々木)はい、そうですね。演習をやればやるほど自信がつきました。クラスメイトのレベルが高かったのも良かったです。俺2年目なのに、あの人のほうがちゃんと分かってる・・・みたいな場面も対話式の中で結構あって、気を抜けない良い緊張感をもらえていました。

名川)それはよかったね。実際に俺も佐々木くんの課題は英語だと思って注意して見ていたけど、特に後半はしっかり伸びていったので安心しました。
でもセンターはやっちゃたね~。

センター試験失敗からの合格

佐々木)やっちゃいました・・・。現役でも浪人でも現代文で大失敗をしてしまいました。少なくても武蔵までは合格できると思い込んでいたので、その前提が崩れてしまい凹むどころじゃなかったです。普通に泣きました。

名川)現代文はどうしてもそういう事故的なリスクはなくならないからね。
センター後は心配したよ。塾でも姿を見かけなくなって、何度かメールもしたよね?あのときはどういう精神状態だったの?

佐々木)塾行かずにすみませんでした。塾に行った時の周りの会話が辛かったんですよね。どうしてもセンターについての他人の会話とかが聞こえてくるじゃないですか?もうセンターの話は一切聞きたくもしたくもなかったので、回避していました。

名川)そうだったのか。セルフコントロールと言えばそうなので、自分で考えた結果の行動ならいいと思うよ。
その後、一般入試への切り替えはできたの?

佐々木)そうですね。センターのことは忘れて、一般入試に全力で挑もうと思いました。大きな不安はずっとありましたけど、試験中は試験のことだけを考えてやれたと思います。問題を解いているときは集中できていたと思います。

名川)それは良かった。で、最初に出た合格が青学だったよね!合格が出たときはやっぱり・・・?

佐々木)はい、泣きました(笑)
そんなに手応えがあった試験ではなかったので、驚きもありましたし、不安から解放された瞬間でした。

名川)良かったね~ホントに良かった!2年間の苦労が報われた瞬間だもんね。
何か後輩に向けてアドバイスはありますか?

佐々木)まずは自分の弱点から逃げないでほしいですね。
あとは入試問題と自分の相性はよく見た方がいいですよね。よく穴場学部とかってネットにも情報が出てたりしますけど、自分の得意不得意は別だと思います。その辺を吟味したほうがいいと思います。

名川)ありがとう!その通りだね。
大学に入って何する予定なの?

佐々木)まだ考え中ですけど、心霊サークルとか面白そうだなって思ってます。

名川)マジか・・・。井の頭公園で不安になっちゃうレベルの人がそんなとこ行く!?まあいいや(笑) 楽しんでください!

佐々木)はい、ありがとうございました!