青山学院大学コミュニティ人間科学部の学部情報

青学(コミュニティ人間科学部)

キャンパスの特徴

相模原キャンパス

・ベッドタウンで有名な町田まで6分で生活に便利な買い物所は多くある。
・広大なスペースと中庭、芝生が広がるゆったりした憩いの場が確保されている。ランチタイムに晴れていればピクニック気分も味わえる。
・多目的グランドにはテニスコートやフットサルコートも完備。サークル活動などにも最適。
・カフェテリアは学生食堂のメニューとしては豊富。「安い・旨い・多い」学生にやさしい食堂。

学部の特徴

 

青山学院大学コミュニティ人間科学部には5つの専門科目群があります。「子ども・若者活動支援プログラム」「女性活動支援プログラム」「コミュニティ活動支援プログラム」「コミュ ニティ資源継承プログラム」そして「コミュニティ創生計画プログラム」。学生はこの中から重点的に学ぶ領域を選び、必要な科目を自由に履修することができます。主な特長としては、 地域実習が必須となっています。地域づくりのサポート、教育支援活動、博物館の活動など、地方の大学や企業、自治体やNPOと連携して、さまざまな体験的実習で、地域の課題 解決に必要な力を身につけることができます。卒業後は地方公務員、NPO活動、地域金融機関、一般企業、図書館司書や博物館、美術館の学芸員など、地に足のついた将来像が 考えられます。新しい学部は自分の生活を意識し、他者との関係をきちんと考えられる人が向上できる揚所です。
また、プログラムの中で企業の地域貢献活動や教育やまちづくりの支援、無人島体験など非常にユニークで特色のある多様な実習を取り揃えています。NPO法人の活動支援や 地方自治体の運営・活動に関する体験的実習など実践的なものが多いのも特徴の一つです。

進路先としては、具体的で実践的な実習が多くNPO法人や地方自治体との連携も非常に多いので、財団法人や社団法人、NPO関連や地方公務員、国家公務員などどの進路でも 役所と地域、企業と地域の連携を図るキーパーソンになる事が期待される人材育成、進路決定が可能です。勿論、一般大手企業への就職も多く見込まれます。