<2019年9月>関関同立【関西・同志社・立命館大学】2021年度入試変更点

こんにちは、2021年度大学入試改革(新入試)担当の初田です。

上位~中堅上位私大まで見てきましたが、今週は関西の2021年度大学入試改革(新入試)に目を移していきたいと思います。

実は関西には「関関同立(関西学院・関西・同志社・立命館大学)」と言われる上位私大群が存在します。関東で言うところのMARCHに相当している大学で、MARCHクラスの社会的評価と就職機会を得ることができます。評価の高い理由としましては、京都大学・大阪大学・神戸大学などのすべり止めという地位をこれらの大学が確立しているからです。東京大学のすべり止めが早慶であり、京都大学など国公立大学のすべり止めが関関同立なわけです。結果として学力の高い学生が集まりやすく企業からの評価も高いわけです。

関西大学:現行の入試制度を踏襲。4技能試験については言及なし

同志社大学:現行の入試制度を踏襲

立命館大学:ほぼ未発表状態

関西学院大学: 4技能試験のスコアはオプション的な位置づけ。高校での活動が一部で得点化され評価される

【関西大学】

2020年度の入試制度を踏襲するとしています。英語外部試験については一般入試において、「各学部が定める英語外部試験の基準を満たした人に出願を認める方式」または「各学部が定める英語外部試験の基準を満たした場合は『外国語』を満点とみなす方式」が採用されます。既存の「英国方式」と呼ばれる入試制度が相当するようです。各学部ごとの英語外部試験に関するこの他の詳細はまだ発表されていません。共通テスト枠のいては現在検討中との事で引き続き情報を追う必要があります。

なお、共通テスト枠においては国語の記述式問題も合否判定の対象となります。また、調査書や高校時の活動といった項目は合否判定に用いないとしています。

(出典:2021 年度「一般選抜」について(更新))

 

 

【同志社大学】

現行の入試制度を踏襲する、以上の情報が今のところありません。20193月時点では4技能試験の活用や高校時の活動記録、共通テスト利用の方式などについては利用するとしながらも「詳細を検討の上改めて公表する」と必ず付されており受験生として必要となる具体的な情報はありませんでした。むしろ公表されている情報を見ると、2025年の学習指導要領改訂年に向けた準備を重視しているようです。

(出典:2021年度同志社大学入学者選抜における基本方針について

 

 

【立命館大学】

英語外部試験のスコアを共通テスト枠において一部用います。2020年度におけるセンター方式での「英語外部資格試験スコア等保持者への『外国語』の特例措置」を踏襲し、概ねCEFR B2(提出する英語外部試験によって厳密には異なります。必ずHPを確認してください)程度のスコア保持者に対し共通テスト英語を満点として取り扱うとの事です。

気になるのは一般入試に関する英語外部試験の取り扱いですがこちらはまだ発表がありません。

なお、共通テスト国語においては記述式問題の得点を合否判定に用いるとしています。

 

(出典:立命館大学の2021 年度一般選抜(現在の一般入試)について

 

CEFR B2のスコア取得で共通テスト英語を満点扱いしてくれるのはお得かもしれません。なお、立命館大学としては受験生にCEFR A2(英検準2級~2級)程度の学力を期待しているとの事です。

しかしながら、弊塾からも良く合格者の出るとても相性の良い大学であるだけに一般入試における英語外部試験の情報が待たれます。立命館大学を志望されている方はもうしばらく待ちましょう。