立教大学2021年度一般入試(新入試)を検証!【2020年6月12日更新】

◆一言でいうと?

超Simple & 超Chance拡大

 

◆具体的にいうと?

超Simple

<old>

2020年度まで全科目の入試問題を「全科目」「受験日程ごとに」立教大学独自で作成

<New!>

・英語→「共通テスト」 or 「7種類の英語外部試験の点数」を利用

・国語・選択科目のみ→立教大学独自の試験を採用

・受験生からすると科目ごとに、入試対策が立てやすくなった!

 

超Chance拡大

old

・志望する学部の一般入試の受験Chance2回だった(全学部+個別試験の各1回)

<New!>

・個別学部日程を廃止し、全日程を全学部入試に一本化(文学部除く)

・受験機会は最大5回となり、chanceは2.5倍の大幅拡大

・受験生からすると複数併願ができて、一発勝負ではなくなった

 

memo

<英語学部試験>

・最低スコアの設定ナシ、スコアだけあれば出願できる

・利用できるのは7種類

(ケンブリッジ英語検定・実用英語技能検定・GTECIELTSTEAPTEAP CBTTOEFEL iBT

・試験実施月から2年以内のスコアが有効で、最高得点が採用される

・スコアに統計的処理をして点数化するため、試験によっての有利・不利はナシ

・共通テストを受験した場合、英語外部試験と比較し、高いスコアを採用

 

<共通テスト利用入試>

・共通テストの成績のみで合否を判定

・英語外部試験のスコアを提出した場合、共通テストと比較し、高いスコアを採用

・一般入試との併願ができる

 

<文学部>

・文学部のみ立教大学独自の英語試験を採用

・そのため全学部5回+文学部個別入試1回と6回チャンスがある