立教大学観光学部進学!K.S.くん(都立三田高校)吉祥寺校2018

〇今年度合格校
立教大学観光学部交流文化学科合格!
法政大学国際文化学部国際文化学科合格!

東洋大学 法学部 法律学科合格!【セ】

村山)こんにちは!合格おめでとう!

Sくん)ありがとうございます。なんとか大学に進学できてよかったです。

村山)実力は十分あったからね。きっちり決めることができて私も嬉しいです。

Sくん)そうですね。2浪してしまったんですけど、志望度の高いところに進学できるので結果には満足しています。

村山)2浪は精神的にも大変だったと思うけど、1浪のときはどうしてたんだっけ?

Sくん)去年は家でひとりで勉強してました。いわゆる宅浪ですね。

◇宅浪の落とし穴に嵌る

村山)そういえば宅浪だったね。さすがに君でも大変だったでしょ?

Sくん)僕の場合はそれなりに進学実績のある高校を出て周りにいい大学に進学した友達も多く、基礎学力もあったのでなんとかなるだろうという思いがありました。

村山)実際どうだった?

Sくん)勉強以前の問題で、勉強習慣がまったく作れずにズルズル時間だけが過ぎていきました。

村山)Sくんは非常に真面目で今年は無遅刻無欠席で通ったけど、その君をしてもやはり宅浪は厳しいと。

Sくん)そうですね。生活リズムが大事だとはわかっていたので早朝にバイトを入れて朝はちゃんと起きて、それはできていたんですけど、少し油断してテレビを見て過ごしたりしていたら一日が終わるのが異常に早かったです。あれは普通の自己管理能力じゃ無理だと思いました。

村山)成績は一応伸びたの?

Sくん)センター英語130点、世界史60点、国語は覚えてないですけど半分くらいだったと思います。正直まったく伸びなかったですね。

村山)現実は厳しいね。どこか受かったんだっけ?

Sくん)東洋補欠待ちだったんですけど落ちまして、結局全滅でした。

村山)それは大変だったね。で、そこから予備校探しが始まったと。

Sくん)はい。父親が率先して探してくれて、駿台、四谷学院、増田塾辺りを検討していました。

村山)なるほど。最終的にDIET STUDYにした決め手は何だったの?

◇塾選びの決め手は「管理してもらえること」

Sくん)やはり宅浪の経験から「管理してもらえること」は非常にありがたいという気持ちがあって、カリキュラムがきっちり決まっているここで頑張ることにしました。

村山)実際どうだった?

Sくん)すごい楽でしたね。一日7,8時間は勉強していたので勉強量としてはそれなりにやってたんですが、ここの塾はとにかく予定表通り言われた通りにやるだけなので、余計なことは考えず勉強に集中できました。

村山)結果、ほぼ全てのテストに合格して一年を終えたね。

Sくん)合格保証自体はそれほど意識していなかったんですけど、勉強量を確保するということを意識した一年でした。その意味でカリキュラムには大満足です。

村山)君には超圧縮カリキュラムが合っていたようで何よりです。では、そうやって淡々と地道に積み重ねていった知識で立教と法政に合格したわけだけど、合格の決め手は何だったと思う?

◇合格の決め手は「新しいことをやらないこと」

Sくん)センター試験後に新しいことには手を付けず、今までやってきたことを確実に固める作業を徹底したことだと思います。特に世界史はMARCHなら絶対に90%は取れるレベルになったので、そこの点数を計算できたのが大きかったですね。

村山)世界史は全員得意と言っていいくらい毎年点数が上がるけど、中でもSくんの世界史は盤石でした。何か個人的に使った参考書等があれば。

Sくん)いえ、塾で配布されたテキスト以外は何も使ってないです。ただ、配布されたテキストは指示通り完璧に覚えたと言い切れると思います。

村山)なるほど。お手本通りの受験だね。ではそんなSくんからこれからの受験生にアドバイスをするとしたらどう?

◇強固な世界史得点力を前提に英語を伸ばす

Sくん)浪人生に向けてでいいですか?
この塾で勉強していけば世界史は絶対に上がるのでそこは心配せずカリキュラムをこなして、最終的に合否を決めるのは英語です。授業でも何度も言われると思いますが、とにかく最初から最後まで英語を強く意識して、十分な時間をかけて読み込みをちゃんと行うことが重要だと思います。

村山)そうだね。塾としてもどんなにカタカナが苦手でどんなに暗記が不得意でも、世界史は絶対に成績を上げる自信があります。ちなみに今年Sくんがいたクラス11人の世界史平均点は92.6点(最低85点、最高100点)でした。

Sくん)たしかにあのクラスで世界史90点だと失敗したという感覚が普通にありました。

村山)毎年そうなります。その強固な得点力を前提にして、英語を伸ばしていければベストということだね。

Sくん)はい。一年間ありがとうございました。

村山)こちらこそ。今日はありがとう!