法政大学経営学部の学部情報

ダイエットスタディが独自調査した法政大学経営学部の学部情報をご紹介します。
赤本には載っていない、リアルな情報です。

法政大学経営学部のキャンパス情報

市ヶ谷キャンパス

・市ケ谷キャンパスのシンボル、ボアソナード・タワー。最新設備を誇る研究施設や教室のほか、広々とした食堂「フォレストガーデン」や学生ホール「ヘリオス」も完備
・富士見ゲートはカフェテリア「つどひ」、学生ホール、オレンジカフェ(軽食堂)、売店、オレンジホール(多目的ホール)など、授業以外でも活用できる施設が完備
・アクセスも良く、キャンパス内が良い意味でコンパクトにまとまっており、学内での学生同士のコミュニケーションが取りやすい環境
・外濠校舎は音楽練習室、アトリエ、多目的ホールやメディア制作室などのほか、870人収容の大ホール「薩埵ホール」、演習室、学生ラウンジやスタディルームも完備

学部の特徴

法政大学経営学部は時代のニーズに応えるべく3つの学科を配置し、時代に即応できる教育を行っています。経営学科では、様々な環境で即戦力とし活躍できる適応能力と組織運営能力を、経営戦略学科ではグローバルな視点からビジネスの創業と再開発をリードする戦略的発想を、そして市場経営学科では、経済成長を支える様々な分野での顧客を研究・開発し、営業・組織の仕組みを構想・運営できるスペシャリストとしての能力を養成しています。ただし、3学科間の垣根は低く、3学科の科目を横断的に履修することも可能です。また、近年の情勢もかんがみてキャリアプランの作成に資するよう、留学プログラム(SA)、検定会計、キャリア・マネジメントインターンシップなど、各種のプログラムを一層充実させているのも特徴です。

法政大学経営学部の卒業後の進路先の特徴としては、業界・業種別にみると【金融・保険】関連が一番多く、学部全体の23,7%。次いで【製造】(メーカー)が14,9%で【通信・情報サービス】が次に来ます。主要大手企業への就職実績を一部紹介すると、ロッテ,武田薬品工業,シャープ,日立製作所,住友商事,日本銀行,みずほフィナンシャルグループ,三井住友銀行,三菱UFJ銀行,SMBC日興証券,大和証券,損害保険ジャパン日本興亜,三井住友海上火災保険,JR東日本,ANA,NTT東日本,JAL,ソフトバンク,読売新聞,ベネッセコーポレーション,NHK,電通,博報堂,東京ガス,アクセンチュア,JTBグループ,楽天,有限責任監査法人トーマツ,また、民間企業の一流大手企業への実績に留まらず、官公庁や公務関連の厚生労働省,総務省,特許庁,東京国税局など主要大手機関への実績も豊富です。

法政大学の受験対策

法政大学の学部別受験対策情報についてはこちらをご覧ください。